ショウガ(生姜)の植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

食用のショウガ

こちらでは、ショウガの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフラワーショップ店長が監修した、植物の特徴から詳しい育て方やお手入れ方法、収穫方法、植物の写真や誕生花、花言葉までさまざまな情報をご紹介します。
MIDORI
 
 

この記事の監修者

フラワーショップ店長【ミドリ】プロフィール

ショウガとは

 
 

植物名   ショウガ


学 名   Zingiber officinale


和 名   生姜 / 生薑


別 名   薑(ハジカミ)


英 名   Ginger


科 名   ショウガ科


属 名   ショウガ属


 

お花の定期便【グリーンピース】

 

ショウガの特徴

ショウガは草丈50cm〜90cm程になるショウガ科の多年草です。根茎を食用としたり、生薬として利用される野菜の一つです。

 

ショウガは地下に根茎があり、地下茎は多肉質の塊状で、灰色〜黄色になり、強い芳香と辛味があります。

 

ショウガの花は、根茎から高さ20cm程の茎を出し、鱗片が重なった花を付けます。花は鱗片の間から出て、唇弁は赤紫色や白で、黄色の斑点があります。開花期は8月〜10月頃になりますが、日本ではほとんど開花しません。

 

ショウガの葉は、長さ15cm〜30cmの披針形で、深緑色をして地上に出ている茎のようなものは偽茎で、葉柄が折り重なるように巻いたもので、両側から2列に互生しているように見えます。

 

ショウガの根茎はそのまま生食やジンジャエールなどの飲み物、薬味、食材のニオイ消し等の香辛料、民間療法の生薬などに使用されています。

 
 

ショウガの分類

ショウガは、その大きさにより「大生姜」「中生姜」「小生姜」の3種類に分けられています。

 

「大生姜」は、生姜の晩生種で、1個の大きさが1kg程にもなる大型で、一般的に流通している生姜の大半を締めます。香りや辛味が少ないマイルドなショウガです。

 

「中生姜」は、生姜の中生種で、1個の大きさが500g前後程になり、従来の生姜に比べ退色しにくく、繊維が少ないのが特徴で、香りや辛みのあるショウガです。

 

「小生姜」は、生姜の早生種で、1個の大きさが300g前後と小さめで、辛味成分であるジンゲロールが多く含まれているため、辛みが強く少ない量でも薬味の効果があります。

 

ショウガの名称

和名ショウガの由来は、ミョウガとともに日本に持ち込まれた際、香りの強いほうを「兄香(せのか)」、弱いほうを「妹香(めのか)」と呼んだことから、これがのちに「ショウガ」「ミョウガ」に転訛したとする説があります。

 

ショウガのコンパニオンプランツ

ショウガと一緒に作物などを植えることで、害虫被害を減らしたり、風味を増したりといった良い効果を生み出すコンパニオンプランツとしても利用されています。

コンパニオンプランツの効果と始め方
【失敗しない】コンパニオンプランツの効果と始め方をわかりやすく解説

続きを見る

 

ショウガの詳細情報

園芸分類野菜
性質多年草
開花時期8月〜10月
花色白色・赤紫色
栽培難易度
耐寒性弱い
耐暑性強い
耐陰性普通
 
 

ショウガの詳しい育て方

ショウガはインドなどの熱帯アジアが原産であるという説が最も有力ですが、野生のショウガが発見されたことがないためショウガの原産地は厳密にはわかっていません。日本では奈良時代には栽培されていたと「古事記」に記載があります。

 

国内では高知県で栽培が盛んに行われていて、高知県内にはショウガを使ったチョコレートやシロップ、ジンジャエールなどご当地商品がたくさんあります。また、新ショウガの旬は夏頃、根ショウガの旬は秋頃になります。

 

ショウガの植付け

植付けの適期は4月〜5月頃です。日当たりと高温多湿を好みますが、日差しが強すぎる場所は乾燥しやすいので適していません。

ショウガの植付けは「種ショウガ」を植え付けます。種ショウガは、しっかりとした芽があり、水分を含んでみずみずしいものを選びましょう。

発芽温度は18℃前後なので、地面の温度が15℃以上になってから植付けをしましょう。生育適温は25℃〜30℃で、発芽日数は1ヶ月程です。

プランター栽培の用土は「野菜の培養土」を使用しましょう。深さ30cm、長さ60cm程のプランターに2~3株が植え付けの目安です。

畑栽培の用土は、定植2週間前に苦土石灰を混ぜて耕し、1週間前に堆肥と元肥を施して再度耕しましょう。植付けは幅60cm、 高さ10cm程の畝を立てて、株同士の間隔を20cm以上空けて植え付けましょう。

深さ15cm程の穴を掘り、種ショウガを50g程の大きさに割り、横に寝かせて、その上に土を盛り、しっかりと鎮圧し、たっぷりと水をやりましょう。

芽が出るまでは、乾燥するようならビニールや不織布で地表を覆って保温しましょう。また、真夏の強い日差しには遮光ネットなどで日除けをしましょう。

 
 

ショウガの水やり・肥料

ショウガは多湿を好みます。土が湿った状態で管理し、夏の乾燥時期は水を切らさないように、たっぷり水やりをしましょう。

また、畑で栽培する場合は、土の乾燥を防ぐため、稲わらなどを敷いてマルチングしましょう。

植え付けから1ヶ月後に追肥をしましょう。有機肥料や化成肥料を株周りの土と混ぜ合わせて、株元に土寄せしましょう。その後、1ヶ月に1回のペースで同じ肥料を施していきましょう。

 
 

ショウガの害虫や病気

害虫はアワノメイガなどが発生します。アワノメイガは茎や根に侵入し、内部を食害します。見つけたら取り除き、すぐに薬剤を散布して駆除しましょう。

病気は根茎腐敗病などがあります。カビの一種が原因で、幼芽に水滴のような病斑ができ、地上部分は黄褐色になり腐敗します。窒素肥料を控えることで予防できます。

 
 

ショウガの収穫と種類

ショウガは収穫時期によって呼び名が変わります。お好きなタイミングで収穫し、いろいろなショウガを楽しみましょう。

筆ショウガ(矢ショウガ)

筆ショウガ(矢ショウガ)の収穫は6月〜7月頃、新芽の葉が3枚〜4枚開き、根が肥大していない状態で収穫します。

 

葉ショウガ

葉ショウガの収穫は7月〜8月頃、葉が5〜7枚の頃で、根が少し太った状態で収穫します。根茎が小指程度の大きさにまで生長した段階の葉が付いたままで収穫します。

 

根ショウガ

根ショウガ(新ショウガ)の収穫は10月〜11月頃、地上部の茎葉が黄色くなり始めたもので、充分に肥大した状態のものを収穫します。霜が降りる前には全て収穫しましょう。

 

ひねショウガ

最初に植え付けた種ショウガも「ひねショウガ」と呼ばれ、最後の収穫のときに一緒に収穫します。食べることもできますが、辛味が強いので薬味として使うのがオススメです。

 

グリーンライフイノベーションの画像2

 
 

旬のお花の定期便

 
みなさま、旬のお花の定期便をご存知でしょうか?
新鮮なお花を毎月決まったお日にちに、ご自宅までお届けしますので、いつもキレイなお花がご自宅で楽しめます。
MIDORI
 

グリーンピースはここがスゴイ!

  • ネットから簡単注文で、お店に買いに行く手間がない!
  • 豊富なプランから、お好きなボリュームとお届け頻度を選ぶだけ!
  • 数百品種の中からフラワーデザイナーが厳選した素敵なお花をお届け!
  • 花市場直送だから、フラワーショップよりもお花が新鮮!
  • 初回にフラワーベースをプレゼント!届いたその日にそのまま飾れる!
  • 家中をお花と笑顔でいっぱいにする圧倒的なボリューム!
 
お花のある生活!

お花を飾ることで、お部屋に華やかさと潤いをプラス!お花にはリラックス、リフレッシュ、リラクゼーション、ストレス緩和などの効果があります。

 

どんなお花が届くのか、箱を開けるまでのお楽しみ!定番のお花はもちろん、ご自身では普段あまり選ばないお花や、フラワーショップにはあまり入荷しない珍しいお花など、新しいお花との出会いを楽しみましょう。実際に届くお花や、定期便の魅力などをご紹介した下のページもぜひ見てみてください。

 
 

ショウガのまとめ

ショウガはいかがでしたか?
ショウガはベランダや半日陰でも栽培できる野菜で、風邪や冷え性にも効果があると言われ、薬味やおつまみとしても人気があります。
慣れてしまえば育てるのはそんなに難しくないので、みなさんも是非ショウガを育ててみてはいかがでしょう!
MIDORI