イスノキの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

イスノキの虫こぶ

こちらでは、イスノキの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフラワーショップ店長が監修した、植物の特徴から詳しい育て方やお手入れ方法、収穫方法、植物の写真や誕生花、花言葉までさまざまな情報をご紹介します。
 あっちゃん
 
 

この記事の監修者

造園職人あっちゃんプロフィール

イスノキとは

 
 

植物名   イスノキ


学 名   Distylium racemosum


和 名   柞の木/ 蚊母樹


別 名   ヒョンノキ / 結寿の木(ユスノキ)


英 名   Distylium racemosum


科 名   マンサク科


属 名   イスノキ属


 

アーティフィシャルグリーン【グリーンピース】

 

イスノキの特徴

イスノキは樹高15m程になるマンサク科の常緑高木です。日本では3月〜5月頃にかけて、赤い花を咲かせます。

イスノキの樹皮は明るい灰色で、樹齢を重ねると赤みを帯びて鱗状に剥離します。

イスノキの花は、葉腋に小花を総状花序に付けます。花序の基部には雄花があり、先の方には両生花が付き、花弁はなく、赤色の雄しべの葯が目立ちます。

イスノキの葉は互生する単葉で、長さ3cm〜8cm程の肉厚で、長楕円形をして表面に光沢があります。葉にはアブラムシやダニが寄生し、虫こぶが出来ます。

イスノキの果実は広卵形の蒴果で、径1cm程になり、表面が黄褐色の毛で覆われていて、先端に花柱が突き出します。秋頃に熟すと2つに裂けて、中から光沢のある黒い種子がこぼれ落ちます。

 

イスノキの利用

イスノキの材は国産材の中でも最も重硬なものの一つで、いろいろなものに利用されています。家具や杖、櫛、そろばん、三味線などの他、肌目の美しさからイスノキの木刀は、示現流系統の剣術でも使用されています。

樹皮や葉材を燃やした「柞灰(いすばい)」は有田焼などの陶磁器の釉の融剤として使用されています。

葉にできる虫こぶは成熟すると表面が硬くなり、内部が空洞になるため、その穴を笛として吹くと「ヒョン・ヒョン」と音がなることから、別名「ヒョンノキ」の由来とも言われています。また、この虫こぶにはタンニンが含まれ、染料の材料としても使われています。

 

天然記念物のイスノキ

日本国内には樹齢数百年以上の天然記念物に指定されているイスノキがたくさんあり、その一部をご紹介します。

国指定の天然記念物

  • 静岡県下田市の「八幡神社のイスノキ」
 

都道府県指定の天然記念物

  • 長野県飯田市の「飯田城桜丸のイスノキ」
  • 三重県鳥羽市の「丸興山庫蔵寺のイスノキ樹叢」
  • 和歌山県日高郡みなべ町の「イスノキの純林」
  • 大阪府泉佐野市の「北庄司邸のいすのき」
  • 福岡県古賀市の「清龍寺のイスノキ」
 

市町村指定の天然記念物

  • 茨城県鉾田市の「勝下のイスノキ」
  • 愛媛県伊予市の「イスノキ」
  • 愛媛県大洲市の「友岡神社のイスノキ」
  • 山口県宇部市の「平原八幡宮のイスノキ」
  • 佐賀県伊万里市の「早里のイスノキ」
  • 鹿児島県曽於市の「長江のイスノキ」
 

イスノキの詳細情報

園芸分類庭木
性質常緑高木
開花時期3月〜5月
花色赤色
栽培難易度
耐寒性普通
耐暑性強い
耐陰性普通
 
 

イスノキの詳しい育て方

イスノキは日本、済州島、台湾、中国南部の原産で、国内では東海地方以西の本州、四国、九州、沖縄県に分布しています。関東ではあまり見かけませんが、関西地方以西では庭木の他、垣根や防風林などに利用されています。

 

イスノキの苗植え

苗植えの適期は4月〜9月頃までで、8月の暑い時期は避けましょう。日陰でも育ちますが、大きく成長させるには日光に当てることが大切です。

土質にはこだわらないので、赤玉土に腐葉土を混ぜたものなど一般的な用土に地表から浅めに植え付け、たっぷりと水やりをしましょう。

 

イスノキの水やり・肥料

根付くまでは表面が乾いたら水やりをしましょう。根付いてからは降雨で問題ありません。

イスノキは肥料を与えなくても良く成長します。

 

イスノキの害虫や病気

イスノキはアブラムシに寄生されやすい木で、薬剤を散布しても完全に駆除するのは難しいでしょう。ただし、寄生されても成長には影響ありません。

イスノキは病気の心配は特に有りません。

 

イスノキの剪定

イスノキの剪定の適期は夏と秋頃です。若木はどんどんと枝を出し樹形は乱れやすく、放任するとワイルドな樹形になります。

強めの刈り込みや剪定をしてもしっかりと芽吹きますので、混み合った枝や伸びすぎた不要な枝を間引き、樹形を整えながら風通しを良くしましょう。

 
 

グリーンライフイノベーションの画像1

 

イスノキのアーティフィシャルグリーン

 
みなさん、アーティフィシャルグリーンをご存知でしょうか?
アーティフィシャルグリーンとは、天然素材を使って、本物そっくりに作られた植木や花、観葉植物のことです。
 あっちゃん
 

本物の樹木とは違い、アーティフィシャルグリーンだけの魅力やメリットがたくさんあります。

こんなメリットが!

  • 樹木の種類や大きさ、樹形、鉢などお好みのオーダーメイドが可能です。
  • 落ち葉や害虫、病気の心配もなく、お部屋を汚しません。
  • 日光に当てなくても枯れないので、置き場所を選びません。
  • 天然の樹木と違い、枯れる心配がなく水やりや剪定など、お手入れの手間がありません。
  • 光触媒加工を施すと、目に見えないウイルス・雑菌・悪臭・カビ菌などを分解して、空間をキレイにする効果もあります。
 

ホームセンターなどで販売している造花やアーティフィシャルは、どうしても偽物とわかってしまい、観賞価値がありません。

 
これはもう本物です!

グリーンピースのアーティフィシャルグリーンは、日本の職人が国内で作る業界最高のクオリティです。近くで見ても本物と見間違うほどの圧倒的クオリティで、景観や観賞価値を損ないません。

 

お好みの樹木をお好みの大きさにオーダーメイドも可能で、天然木を使ったMADE IN JAPANのアーティフィシャルグリーンは個人のご自宅をはじめ、さまざまな商業施設や有名施設でも採用され、多くの方に楽しまれています。実際の施工例などもご紹介しておりますので、ぜひ下のページも御覧ください。

 
 

イスノキのまとめ

イスノキはいかがでしたか?
イスノキは赤い花と葉や果実にできる虫こぶが特徴の樹木で、材は肌目も美しく、木刀などに使われています。
育てるのはそんなに難しくないので、みなさんも是非イスノキを育ててみてはいかがでしょう!
 あっちゃん
 

Copyright© グリーンピース , 2021 All Rights Reserved.