ヤブランの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

ヤブランの花の拡大

こちらでは、ヤブランの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフラワーショップ店長が監修した、植物の特徴から詳しい育て方やお手入れ方法、収穫方法、植物の写真や誕生花、花言葉までさまざまな情報をご紹介します。
MIDORI
 
 

この記事の監修者

フラワーショップ店長【ミドリ】プロフィール

ヤブランとは

ヤブランの花

 

植物名   ヤブラン


学 名   Liriope muscari


和 名   藪蘭


別 名   リリオペ / サマームスカリ


英 名   Liriope/ Big blue lily turf


科 名   キジカクシ科


属 名   ヤブラン属


 

お花の定期便【グリーンピース】

 

ヤブランの特徴

ヤブランの果実

 

ヤブランは草丈20cm〜60cm程になるキジカクシ科の常緑多年草です。日本では7月〜10月頃に開花します。

ヤブランの花は、葉の間から高さ30cm〜50cm程の多数の花茎が立ち上がり、薄紫色の小さな花が数個ずつ密に付き、長さ8cm〜20cm程の穂状花序を形成します。花被片は長さ5mm程の6花弁です。

ヤブランの葉は根生する単葉で、濃い緑色で厚みがあり、光沢があります。長さ25cm~70cm、幅1cm〜2cm程の細長い線形で、先端が垂れ下がります。

ヤブランの果実は、1つの花から2個〜4個程が固まって育ち、早期に果皮が脱落します。種子は径6mm~7mm程の球状が露出して、光沢がある黒紫色に熟します。

 
 

ヤブランの薬用成分

ヤブランの根の紡錘状に肥大した部分は、外部の刺激を防いで炎症を鎮める効果があると考えら、漢方では滋養強壮、のどの腫れ、せきを鎮める鎮咳の目的で処方されています。

また、ひげ根の肥大した塊根を採集したものを水洗いして天日干ししたものが「麦門冬(ばくもんとう)」と呼ばれ、生薬となります。

 
 

ヤブランの名前

ヤブランは、やぶに生えて、葉の様子がランに似ていることから名付けられました。また、「リリオペ」や、「サマームスカリ」という別名もあり、広義では「プラティフィルラ」とも呼ばれています。

ヤブランは、各地域により呼び名があり、福島県では「テッポウダマ」、新潟県では「ネコノメ」、岐阜県では「ジャガヒゲ」、鹿児島県では「インノシポ」などと呼ばれています。

 

ヤブランの詳細情報

園芸分類草花
性質常緑多年草
開花時期7月〜10月
花色薄紫色
栽培難易度
耐寒性強い
耐暑性強い
耐陰性普通
 
 

ヤブランの詳しい育て方

斑入りヤブラン

 

ヤブランは東アジア原産で、日本全土に分布しています。園芸品種も多数あり、班入りや白葉の品種もあります。和風だけでなく洋風庭園にも似合い、花期以外でも鑑賞価値があり、庭の木陰などで栽培されています。

 

ヤブランの苗植え

苗植えの適期は3月〜6月と9月〜10月頃です。日向〜半日陰が好みです。用土は赤玉土に腐葉土を混ぜたものや、市販の草花用培養土を使用しましょう。

鉢植えの場合は、ラン鉢など深さのある7号以上が適しています。地植えの場合は、植え付け場所の土を30cm以上深く耕し、腐葉土をたっぷりと混ぜ、株同士の間隔を20cm程空けて植え付け、たっぷりと水やりをしましょう。

 
 

ヤブランの水やり・肥料

鉢植えの場合、土が乾燥したら水やりをしましょう。夏の水切れには注意が必要です。地植えの場合、根付いてからは降雨で問題ありません。

鉢植えの場合、春と秋に緩効性肥料を一ヶ月に一回与えるか、二週間に一回液体肥料を与えましょう。地植えの場合、肥料は必要ありません。

 
 

ヤブランの害虫や病気

害虫はヒョウタンゾウムシが発生することがあります。食害されると観賞価値が下がってしまうので、見つけたらすぐに取り除き、薬剤を散布して防除しましょう。

病気は炭疽病があります。カビが原因で、赤褐色をした斑が葉っぱの表面に現れます。高温多湿の環境で、水はけが悪いと発生し、肥料の窒素分が多い時も助長されることがあります。感染した葉は取り除き、水和剤などを散布して拡大を防ぎましょう。

 
 

ヤブランの剪定

剪定の適期は3月頃です。新芽が出る前に、古い葉や枯れた葉を全て根元から切り戻しましょう。

 
 

 

ヤブランの誕生花・花言葉

ヤブランの花と葉

 

ヤブランは「9月20日」「10月6日」「10月26日」の誕生花です。

ヤブランの花言葉は「謙遜」「忍耐」「隠された心」などがあります。

 
 

旬のお花の定期便

ヤブランの花の拡大
 
みなさま、旬のお花の定期便をご存知でしょうか?
新鮮なお花を毎月決まったお日にちに、ご自宅までお届けしますので、いつもキレイなお花がご自宅で楽しめます。
MIDORI
 

グリーンピースはここがスゴイ!

  • ネットから簡単注文で、お店に買いに行く手間がない!
  • 豊富なプランから、お好きなボリュームとお届け頻度を選ぶだけ!
  • 数百品種の中からフラワーデザイナーが厳選した素敵なお花をお届け!
  • 花市場直送だから、フラワーショップよりもお花が新鮮!
  • 初回にフラワーベースをプレゼント!届いたその日にそのまま飾れる!
  • 家中をお花と笑顔でいっぱいにする圧倒的なボリューム!
 
お花のある生活!

お花を飾ることで、お部屋に華やかさと潤いをプラス!お花にはリラックス、リフレッシュ、リラクゼーション、ストレス緩和などの効果があります。

 

どんなお花が届くのか、箱を開けるまでのお楽しみ!定番のお花はもちろん、ご自身では普段あまり選ばないお花や、フラワーショップにはあまり入荷しない珍しいお花など、新しいお花との出会いを楽しみましょう。実際に届くお花や、定期便の魅力などをご紹介した下のページもぜひ見てみてください。

 
 

ヤブランのまとめ

ヤブランの群生

ヤブランはいかがでしたか?
ヤブランはグラウンドカバーの定番として、美しい紫色の可愛い花が咲きますが、花期以外の葉だけでも美しく観賞価値があります。
育てるのはそんなに難しくないので、みなさんも是非ヤブランを育ててみてはいかがでしょう!
MIDORI