エゴノキの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

エゴノキの花

こちらでは、エゴノキの植物図鑑と育て方を私の経験を元にわかりやすく解説します。
造園業者とフラワーショップ店長が監修した、植物の特徴から詳しい育て方やお手入れ方法、収穫方法、植物の写真や誕生花、花言葉までさまざまな情報をご紹介します。
 あっちゃん
 あっちゃん
 
 

この記事の監修者

造園職人あっちゃんプロフィール

エゴノキとは

エゴノキの実を食べるヤマガラ

 

植物名   エゴノキ


学 名   Styrax japonica


和 名   蘞の木 / 売子の木


別 名   チシャノキ / ロクロギ


英 名   Japanese snowbell


科 名   エゴノキ科


属 名   エゴノキ属


 

アーティフィシャルグリーン【グリーンピース】

 

エゴノキの特徴

エゴノキの開花

エゴノキは樹高7m〜12m程になるエゴノキ科の落葉高木です。日本では5月〜6月頃に花を咲かせます。

エゴノキの樹皮は黒味を帯びた灰色で、はじめは滑らかですが、樹齢を重ねると浅い裂け目が入ります。

エゴノキの葉は互生する単葉で、長さ4cm〜8cm程の先端が尖った楕円形で、裏面は白っぽく、脈腋に毛叢があり、縁には低い鋸歯(きょし)があります。

エゴノキの花は枝先に総状花序を出し、白色で経2cm〜3cm程の花を下向きに1〜6個程付けます。花冠は先端が深く5裂して、雄しべは10本あります。品種により淡紅色の花をつける。。

エゴノキの果実は長さ1cm〜1.5cm程の卵球形で、星状毛が密に生えて灰白色です。秋頃に熟すと不規則に破れて、褐色の大きな種子が1個出ます。

 

エゴノキの名前

エゴノキという名前は、果実を口に入れると喉や舌を刺激して「えぐい(えごい)」味がすることから「エゴノキ」と名付けられました。本種はろくろ細工に使用されることから「ロクロギ」という別名もあります。

ほかにも、「チシャノキ」という別名がありますが、歌舞伎の「伽羅先代萩」に登場するチシャノキは本種のことですが、本来のチシャノキはムラサキ科に属する別種の「カキノキダマシ」であり、混同されています。また、漢字の「野茉莉」は中国名に由来します。

 
 

エゴノキの毒性

エゴノキの果皮には喉や舌を刺激する「エゴサポニン」という有毒物質が含まれ、誤食すると胃の粘膜が炎症を起こし喀血することがあるため、食べないように注意しましょう。ただし、ヤマガラやキジバトなどの野鳥はこの実を食べます。

昔は痰切りの目的で果実を製薬化したことがありましたが、胃への副作用があり製造は中止となりました。また、エゴノキの果実を川上で擂り潰して流すと、魚が麻痺して、浮かんだ魚を捕獲するという魚捕りの方法がありましたが、現在は禁止されています。

 

エゴノキの利用

エゴノキの木材は緻密で粘り気があり、将棋の駒や櫛、玩具、和傘のロクロなどに利用されています。また、蜜蜂が蜜を集める蜜源植物としても利用される場合があります。

 

エゴノキの詳細情報

園芸分類庭木・盆栽
性質落葉高木
開花時期5月〜6月
花色白色
栽培難易度
耐寒性強い
耐暑性普通
耐陰性普通
 
 

エゴノキの詳しい育て方

エゴノキの熟した果実

エゴノキは東アジアの原産で、国内では北海道、本州、四国、九州、沖縄県に分布しています。山地や丘陵地、山野などに自生しています。ピンク色の花を咲かせる「ピンクチャイム」など、園芸品種もあり、庭木としても植栽されるほか、盆栽としても楽しまれています。

 

エゴノキの苗植えつづき

苗植えは落葉期の11月〜12月と3月頃が適期です。日当りの良い場所を好みますが、半日陰でも育ちます。また、根に直射日光が当たり、乾燥すると株が弱ってしまうため、その場合はマルチングをして乾燥を防ぎましょう。用土は庭土に腐葉土やたい肥を混ぜたもに植え付けたら、たっぷりと水やりをしましょう。

 

エゴノキの水やり・肥料

庭植えの場合は、根付いたら降雨だけで問題ありませんが、夏場など極端に乾燥するようなら水やりをしましょう。鉢植えの場合は、土が乾燥したら、たっぷりと水やりをしましょう。

肥料は寒肥として、2月頃に油かすを与えましょう。また、6月〜7月頃の花後にお礼肥として緩効性化成肥料を与えましょう。

 

エゴノキの害虫や病気

害虫はカイガラムシ、テッポウムシなどが発生します。また、エゴノネコアシアブラムシに寄生されると「虫こぶ」ができることもあります。害虫被害で観賞価値が下がったり、株が弱ってしまうため、見つけたら取り除き、薬剤散布で消毒、防除しましょう。

病気は、うどんこ病、さび病、褐斑病などが発生することがあります。病気にかかると葉が変色したり、株が弱ってしまうため、病気の部分は取り除き、薬剤を散布して防除しましょう。また、剪定をして風通しを良くしましょう。

 

エゴノキの剪定

エゴノキは枝が横に広がるように伸びた自然樹形が美しい樹木です。そのため枝を刈り込むようなことはせずに、他の枝と重なっている不要な枝や徒長枝、大きくなりすぎて邪魔な枝を切り落とすように剪定をしましょう。

剪定の適期は落葉期の11月〜翌2月頃です。剪定をする際は、枝先を切るのではなく、枝分かれしている根本から切りましょう。そうすることで風通しが良く、樹形も綺麗にまとまりやすくなります。

 

グリーンライフイノベーションの画像2

 

エゴノキの誕生木・誕生花・花言葉

ピンクのエゴノキの花

エゴノキは「5月7日」の誕生木です。

エゴノキは「3月10日」の誕生花です。

エゴノキの花言葉は「壮大」「清楚」です。

 

エゴノキのアーティフィシャルグリーン

エゴノキの花
 
みなさん、アーティフィシャルグリーンをご存知でしょうか?
アーティフィシャルグリーンとは、天然素材を使って、本物そっくりに作られた植木や花、観葉植物のことです。
 あっちゃん
 あっちゃん
 

本物の樹木とは違い、アーティフィシャルグリーンだけの魅力やメリットがたくさんあります。

こんなメリットが!

  • 樹木の種類や大きさ、樹形、鉢などお好みのオーダーメイドが可能です。
  • 落ち葉や害虫、病気の心配もなく、お部屋を汚しません。
  • 日光に当てなくても枯れないので、置き場所を選びません。
  • 天然の樹木と違い、枯れる心配がなく水やりや剪定など、お手入れの手間がありません。
  • 光触媒加工を施すと、目に見えないウイルス・雑菌・悪臭・カビ菌などを分解して、空間をキレイにする効果もあります。
 

ホームセンターなどで販売している造花やアーティフィシャルは、どうしても偽物とわかってしまい、観賞価値がありません。

 
これはもう本物です!

グリーンピースのアーティフィシャルグリーンは、日本の職人が国内で作る業界最高のクオリティです。近くで見ても本物と見間違うほどの圧倒的クオリティで、景観や観賞価値を損ないません。

 

お好みの樹木をお好みの大きさにオーダーメイドも可能で、天然木を使ったMADE IN JAPANのアーティフィシャルグリーンは個人のご自宅をはじめ、さまざまな商業施設や有名施設でも採用され、多くの方に楽しまれています。実際の施工例などもご紹介しておりますので、ぜひ下のページも御覧ください。

 
 

エゴノキのまとめ

エゴノキの果実

エゴノキはいかがでしたか?
エゴノキは壮大な樹形と、初夏には白くて下向きに咲く花がシャンデリアのような清涼な樹姿が美しく、雑木風庭園などでも植栽されている樹木です。
育てるのはそんなに難しくないので、みなさんも是非エゴノキを育ててみてはいかがでしょう!
 あっちゃん
 あっちゃん