ミズナラ(水楢)の植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

ミズナラの葉

こちらでは、ミズナラ(水楢)の植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフラワーショップ店長が監修した、植物の特徴から詳しい育て方やお手入れ方法、収穫方法、植物の写真や誕生花、花言葉までさまざまな情報をご紹介します。
 あっちゃん
 
 

この記事の監修者

造園職人あっちゃんプロフィール

ミズナラとは

ミズナラの巨木

 

植物名   ミズナラ


学 名   Quercus crispula Blume


和 名   水楢


別 名   大楢(オオナラ)


英 名   Quercus crispula


科 名   ブナ科


属 名   コナラ属


 

アーティフィシャルグリーン【グリーンピース】

 

ミズナラの特徴

ミズナラの黄葉

 

ミズナラは樹高30m、幹径1.5m程になるブナ科の落葉高木です。日本では5月〜6月頃に花を咲かせます。

ミズナラの樹皮は、灰褐色で樹齢を重ねると縦に不規則な裂け目ができ、剥離します。

ミズナラの花には雄花と雌花があります。雄花は新枝の下部に、長さ6cm〜8cm程の穂状花序に、薄黄色の花を多数垂下して咲かせます。雌花は新枝の上部の葉腋に、2個〜4個程咲かせます。

ミズナラの葉は互生する単葉で、長さ7cm〜20cm程の葉先の方が広い倒卵形で、縁には粗い鋸歯(きょし)があります。葉の表面にははじめ軟毛が生えますが、のちに無毛となります。一般的に幼木のうちは赤く、成長に伴って黄色く黄葉します。

ミズナラの果実は、長さ3cm程の楕円形の堅果(どんぐり)で、その年の秋に熟します。殻斗(どんぐりの帽子)は杯状で、総苞片は瓦重ね状に並びます。

 

ミズナラの利用

ミズナラの果実(どんぐり)はタンニンを含み、そのままでは渋くて食べられませんが、灰汁抜き(あくぬき)をすれば食用になります。ドングリを粉にしたものは餡として団子や餅などに用いられ、炒ったものはコーヒーの代用に使われていました。

縄文時代には東日本で冬の保存食として重要であり、近年まで山村で食べられていたが、現在ではほとんど食用にはされていません。

ミズナラの心材はくすんだ褐色で、加工性や着色性に優れていて、重厚感があり、フローリングなどの建築材や高級家具、洋酒樽、楽器、シイタケの原木にも利用されています。

ほかにも、国産ウイスキーの熟成樽として利用され、オーク樽とは全く異なる繊細な風味を醸造出来る材として国際的に高い評価を受け、明治時代から昭和の始めには「オタルオーク(小樽オーク)」や、「ジャパニーズオーク」として海外でも名を馳せていました。

 
 

ミズナラの名前

ミズナラは幹や枝に含まれる水分が多く、燃えにくいことから「水楢(ミズナラ)」という名前が付きました。また、別名のオオナラは、同属の樹木「コナラ(小楢)」に対して、樹高も高くなり、葉も大きくなることから付けられました。

 

天然記念物のミズナラ

長野県下伊那郡阿智村清内路に、樹高18m以上、幹回り7m以上、樹齢は推定350年以上の「小黒川のミズナラ」という巨木があり、地元の清内路では「おおまき」と呼ばれ親しまれるミズナラは、国の天然記念物に指定されています。

 

ミズナラの詳細情報

園芸分類庭木
性質落葉高木
開花時期5月〜6月
花色黄色
栽培難易度
耐寒性普通
耐暑性強い
耐陰性普通
 
 

ミズナラの詳しい育て方

ミズナラの花

ミズナラは日本、中国、朝鮮半島の原産で、国内は北海道から本州、四国、九州の山地から亜高山帯にかけて自生しています。

 

ミズナラの苗植え

植え付けの適期は11月~翌3月頃です。日当たりが良く風通しの良い場所が好みです。用土は赤土に腐葉土やたい肥をたっぷり混ぜたものに植え付けて、水やりをしましょう。

 

ミズナラの水やり・肥料

根付くまでは水やりをしましょう。根付いてからは降雨で問題ありません。

肥料はあまり必要としませんが、元気がないようであれば、2月頃に根本にたい肥をすき込んであげましょう。

 
 

ミズナラの害虫や病気

害虫はマイマイガ、オビカレハ、オトビモンシャチホコなど蛾の幼虫などが発生することがあります。食害されると景観価値が下がってしまい、株が弱ってしまうので見つけたら取り除き、早めに薬剤散布で防除しましょう。

病気はナラ枯れ病があります。カシノナガキクイムシがナラ菌を媒介することで発生する病気です。病気に感染した株は処分し、殺菌剤を散布して被害を食い止めましょう。

 

ミズナラの剪定

ミズナラは自然樹形を楽しむ樹木ですが、成長は早く、樹形も大きくなるため、定期的な剪定が必要です。剪定の適期は1月〜2月頃です。剪定をする際は、徒長枝や混み合っている枝、枯れ枝などを切りながら樹形を整えましょう。

 

グリーンライフイノベーションの画像1

 
 

ミズナラのアーティフィシャルグリーン

ミズナラの黄葉した葉
 
みなさん、アーティフィシャルグリーンをご存知でしょうか?
アーティフィシャルグリーンとは、天然素材を使って、本物そっくりに作られた植木や花、観葉植物のことです。
 あっちゃん
 

本物の樹木とは違い、アーティフィシャルグリーンだけの魅力やメリットがたくさんあります。

こんなメリットが!

  • 樹木の種類や大きさ、樹形、鉢などお好みのオーダーメイドが可能です。
  • 落ち葉や害虫、病気の心配もなく、お部屋を汚しません。
  • 日光に当てなくても枯れないので、置き場所を選びません。
  • 天然の樹木と違い、枯れる心配がなく水やりや剪定など、お手入れの手間がありません。
  • 光触媒加工を施すと、目に見えないウイルス・雑菌・悪臭・カビ菌などを分解して、空間をキレイにする効果もあります。
 

ホームセンターなどで販売している造花やアーティフィシャルは、どうしても偽物とわかってしまい、観賞価値がありません。

 
これはもう本物です!

グリーンピースのアーティフィシャルグリーンは、日本の職人が国内で作る業界最高のクオリティです。近くで見ても本物と見間違うほどの圧倒的クオリティで、景観や観賞価値を損ないません。

 

お好みの樹木をお好みの大きさにオーダーメイドも可能で、天然木を使ったMADE IN JAPANのアーティフィシャルグリーンは個人のご自宅をはじめ、さまざまな商業施設や有名施設でも採用され、多くの方に楽しまれています。実際の施工例などもご紹介しておりますので、ぜひ下のページも御覧ください。

 
 

ミズナラのまとめ

ミズナラのどんぐり

ミズナラはいかがでしたか?
ミズナラは雄大な自然樹形と、食用にもなるどんぐり、黄色や紅色に変化する美しい黄葉が楽しめる樹木で、雑木の庭によく合います。
育てるのはそんなに難しくないので、みなさんも是非ミズナラを育ててみてはいかがでしょう!
 あっちゃん