ゲンゲ(レンゲソウ)の植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

ゲンゲの花の拡大

こちらでは、ゲンゲ(レンゲソウ)の植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフラワーショップ店長が監修した、植物の特徴から詳しい育て方やお手入れ方法、収穫方法、植物の写真や誕生花、花言葉までさまざまな情報をご紹介します。
MIDORI
 
 

この記事の監修者

フラワーショップ店長【ミドリ】プロフィール

ゲンゲとは

 
 

植物名   ゲンゲ


学 名   Astragalus sinicus


和 名   紫雲英


別 名   蓮華草(レンゲソウ)


英 名   Chinese milk vetch


科 名   マメ科


属 名   ゲンゲ属


 

お花の定期便【グリーンピース】

 

ゲンゲの特徴

ゲンゲは草丈10cm〜20cm程になるマメ科の越年草です。日本では4月〜5月頃に花を咲かせます。

ゲンゲの花は、葉腋から長さ10cm~15cm程の花柄がある散形花序を伸ばし、小さな花が輪生状に固まって咲きます。花は長さ12mm~15mm程の蝶形花で紅紫色ですが、稀に白色の株もあります。

ゲンゲの葉は互生する奇数羽状複葉で、9~11枚の小葉からなり、小葉は長さ8mm~15mm程の円形に近い楕円形です。

ゲンゲの果実は、長さ2cm~3cm、幅4mm程の豆果で、さや状で直立して先端はくちばし状にとがり、黒く熟します。中には腎臓形の種子が数個あります。

 
 

ゲンゲの利用

ゲンゲの花は、蜂蜜の源となる「蜜源植物」として利用されています。レンゲ蜂蜜が有名で、クセがなく食べやすいと人気があります。

ゲンゲの若葉は、お浸しや茹でたり油炒めなどの食用としたり、全草を干したものを煎じて飲み、利尿や解熱、リウマチなどの民間薬に用いられています。また、乳牛を飼っている牧場では飼料にして与えることもあります。

 

ゲンゲの詳細情報

園芸分類草花
性質越年草
開花時期4月〜5月
花色紅紫色・白色
栽培難易度
耐寒性強い
耐暑性弱い
耐陰性やや弱い
 
 

ゲンゲの詳しい育て方

ゲンゲは中国の原産で、日本では本州、四国、九州に生息して、排水した水田に緑肥用に栽培されることがありますが、野生化したものが野原や道端などでも普通に見られます。

 

ゲンゲの種まき

ゲンゲは一旦根を張ったら、移植ができないので、育てる場所を決めて種まきをしましょう。用土は痩せ地でも育つくらい強健な植物なので、土壌はあまり選びません。

種まきの適期は9月〜10月頃で、発芽温度は15℃〜20℃です。種をまいたら種が隠れる程度に薄く覆土し、霧吹きやジョウロで種が流れないように水やりをしましょう。

発芽日数は2日〜4日程で、生育温度は10℃〜20℃です。ゲンゲは秋に発芽し、冬を越してから翌春に花を咲かせる越年草です。

 

ゲンゲの水やり・肥料

鉢植えの場合は、土が乾燥したら水やりをしましょう。庭植えの場合は、降雨で問題ありません。

マメ科の植物の根には、空気中の窒素を固定する根粒菌(根に粒があります)が共生していて、自ら栄養分を作り出しますので、肥料は特に必要ありません。

 

ゲンゲの害虫や病気

害虫はアブラムシが発生することがあります。新芽やつぼみから栄養を吸い取ります。見つけたら取り除き、殺虫剤を散布して防除しましょう。

ゲンゲは病気の心配は特にありません。

 
 

ゲンゲの収穫

ゲンゲは開花後、すぐに種子が出来ます。サヤが黒く熟してから収穫しましょう。収穫した種子は冷蔵庫で保存して、秋になったら種まきをしましょう。また、ゲンゲは収穫せずに落ちた「こぼれダネ」でも増えることがあります。

 

グリーンライフイノベーションの画像2

 

ゲンゲの誕生花・花言葉

ゲンゲは「3月3日」「3月22日」「4月8日」「8月31日」の誕生花です。

ゲンゲの花言葉は「感化」「私の幸せ」「心がやわらぐ」「あなたと一緒なら苦痛がやわらぐ」です。

 
 

旬のお花の定期便

 
みなさま、旬のお花の定期便をご存知でしょうか?
新鮮なお花を毎月決まったお日にちに、ご自宅までお届けしますので、いつもキレイなお花がご自宅で楽しめます。
MIDORI
 

グリーンピースはここがスゴイ!

  • ネットから簡単注文で、お店に買いに行く手間がない!
  • 豊富なプランから、お好きなボリュームとお届け頻度を選ぶだけ!
  • 数百品種の中からフラワーデザイナーが厳選した素敵なお花をお届け!
  • 花市場直送だから、フラワーショップよりもお花が新鮮!
  • 初回にフラワーベースをプレゼント!届いたその日にそのまま飾れる!
  • 家中をお花と笑顔でいっぱいにする圧倒的なボリューム!
 
お花のある生活!

お花を飾ることで、お部屋に華やかさと潤いをプラス!お花にはリラックス、リフレッシュ、リラクゼーション、ストレス緩和などの効果があります。

 

どんなお花が届くのか、箱を開けるまでのお楽しみ!定番のお花はもちろん、ご自身では普段あまり選ばないお花や、フラワーショップにはあまり入荷しない珍しいお花など、新しいお花との出会いを楽しみましょう。実際に届くお花や、定期便の魅力などをご紹介した下のページもぜひ見てみてください。

 
 

ゲンゲのまとめ

ゲンゲはいかがでしたか?
ゲンゲは飼料や緑肥用に栽培され、蜂蜜の源となる「蜜源植物」でもあり、ピンク色の特徴的な花を咲かせます。
育てるのは比較的簡単なので、みなさんも是非ゲンゲを育ててみてはいかがでしょう!
MIDORI