ミツバツツジの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

ミツバツツジの花

こちらでは、ミツバツツジの植物図鑑と育て方を私の経験を元にわかりやすく解説します。
造園業者とフラワーショップ店長が監修した、植物の特徴から詳しい育て方やお手入れ方法、収穫方法、植物の写真や誕生花、花言葉までさまざまな情報をご紹介します。
 あっちゃん
 
 

この記事の監修者

造園職人あっちゃんプロフィール

ミツバツツジとは

ミツバツツジの木

 

植物名   ミツバツツジ


学 名   Rhododendron dilatatum


和 名   三葉躑躅


英 名   Mitsuba tsutsuji


科 名   ツツジ科


属 名   ツツジ属


 

アーティフィシャルグリーン【グリーンピース】

 

ミツバツツジの特徴

ミツバツツジの花の拡大

 

ミツバツツジとは、樹高2m〜3m程になるツツジ科の落葉低木です。日本では4月〜5月頃に開花します。

ミツバツツジの花は、葉が展開する前に、枝先に2~3個の花を付けます。花は基本的に紫色ですが、個体差があり、色合いは微妙に異なります。花冠は径3cm〜4cm程の漏斗形で深く5裂し、裂片は楕円形で、上側内面に濃い色の斑点があります。雄しべは5本あります。

ミツバツツジの葉は、枝先に3枚ずつ輪生状に付く単葉で、長さ3cm~6cm程の先端が尖った菱状卵形です。若葉には両面に毛がありますが、後に無毛になります。また、秋には紅葉します。

ミツバツツジの果実は蒴果で、長さ8mm〜10mm程の卵状円柱形で、10月頃に褐色に熟します。

 

ミツバツツジの品種

ミツバツツジという名前は、3枚の葉がセットになって枝先に輪生することから名付けられました。ミツバツツジ類は、類縁種や雑種が多く、分類が困難な種であり、数十種類の品種や変種が存在します。

ミツバツツジの品種は、分布している地域ごとに特定することができますが、四国や九州などでは特定が困難なこともあります。また、多くのミツバツツジ類が展示されている植物園でも樹名板が散逸したり、植樹に関わった担当者が退任して、樹種が判別できないこともあります。

 
 

ミツバツツジの詳細情報

園芸分類庭木
性質落葉低木
開花時期4月〜5月
花色紫色・他
栽培難易度
耐寒性強い
耐暑性普通
耐陰性普通
 
 

ミツバツツジの詳しい育て方

自生するミツバツツジ

ミツバツツジは日本の原産で、関東地方、東海地方、近畿地方東部の太平洋側に分布しています。主に山地や丘陵地のやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに自生しています。よく目にする野生のツツジの代表品種です。

 

ミツバツツジの苗植え

苗の植え付けは3月〜4月と9月〜10月頃が適期です。日当りの良い場所が好みですが、西日や真夏の直射日光で乾燥すると株が弱ってしまうため、午前中に日が当たる半日陰が適しています。日陰ではあまり成長せず、花が付かなくなってしまいます。

用土は水はけがよく、適度な保水力を兼ね備えた酸性土が適しています。鹿沼土とピートモスを混ぜたものに植え付けましょう。鉢植えの場合は、根鉢より一回り大きな鉢に植え付けて、2〜3年毎に一回り大きな鉢に植え替えをしましょう。

 

ミツバツツジの水やり・肥料

ミツバツツジは根が浅く、乾燥に弱いため庭植えも鉢植えも年間を通して乾燥しないように水やりをしましょう。特に花芽ができる夏場に極端に乾燥すると花数が減ってしまうため、乾燥しないように管理しましょう。

肥料は花後のお礼肥として6月、夏後の9月頃に油かすを、根から離れたところに施しましょう。肥料を与えなくても枯れませんが、しっかりと開花させるために肥料は与えましょう。

 

ミツバツツジの害虫や病気

害虫はハダニ、ハマキムシ、ツツジグンバイムシ、ベニモンアオリンガなどが発生することがあります。食害されると観賞価値が下がったり、株が弱ってしまうため、見つけたら取り除き、薬剤散布で防除しましょう。

ミツバツツジは病気の心配は特にありません。

 

ミツバツツジの剪定

ミツバツツジは開花前後に新梢を伸ばし始め、夏の間に翌年開花する花芽を枝先に作ります。このため、剪定作業は5月〜6月の花後の早い時期に行いましょう。

ミツバツツジは自然樹形を楽しむ樹木であり、こまめな剪定は必要ありません。剪定をする際は、徒長枝や枯れ枝、混み合っている枝などを切り取る程度で大丈夫です。

 

グリーンライフイノベーションの画像1

 

ミツバツツジの誕生木・誕生花・花言葉

ミツバツツジの開花

 

ミツバツツジは「3月31日」の誕生木です。

ミツバツツジは「3月23日」「5月1日」「5月22日」の誕生花です。

ミツバツツジの花言葉は「節制」「抑制のきいた生活」です。

 

ミツバツツジのアーティフィシャルグリーン

ミツバツツジの葉
 
みなさん、アーティフィシャルグリーンをご存知でしょうか?
アーティフィシャルグリーンとは、天然素材を使って、本物そっくりに作られた植木や花、観葉植物のことです。
 あっちゃん
 

本物の樹木とは違い、アーティフィシャルグリーンだけの魅力やメリットがたくさんあります。

こんなメリットが!

  • 樹木の種類や大きさ、樹形、鉢などお好みのオーダーメイドが可能です。
  • 落ち葉や害虫、病気の心配もなく、お部屋を汚しません。
  • 日光に当てなくても枯れないので、置き場所を選びません。
  • 天然の樹木と違い、枯れる心配がなく水やりや剪定など、お手入れの手間がありません。
  • 光触媒加工を施すと、目に見えないウイルス・雑菌・悪臭・カビ菌などを分解して、空間をキレイにする効果もあります。
 

ホームセンターなどで販売している造花やアーティフィシャルは、どうしても偽物とわかってしまい、観賞価値がありません。

 
これはもう本物です!

グリーンピースのアーティフィシャルグリーンは、日本の職人が国内で作る業界最高のクオリティです。近くで見ても本物と見間違うほどの圧倒的クオリティで、景観や観賞価値を損ないません。

 

お好みの樹木をお好みの大きさにオーダーメイドも可能で、天然木を使ったMADE IN JAPANのアーティフィシャルグリーンは個人のご自宅をはじめ、さまざまな商業施設や有名施設でも採用され、多くの方に楽しまれています。実際の施工例などもご紹介しておりますので、ぜひ下のページも御覧ください。

 
 

ミツバツツジのまとめ

ミツバツツジの花

ミツバツツジはいかがでしたか?
ミツバツツジは葉が3枚セットで輪生し、春には鮮やかな紫色の花をたくさん咲かせ、秋には紅葉も楽しめる樹木です。品種や変種も多く、庭木としても植栽されています。
育てるのはそんなに難しくないので、みなさんも是非ミツバツツジを育ててみてはいかがでしょう!
 あっちゃん