コケモモの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

コケモモの開花

こちらでは、コケモモの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフラワーショップ店長が監修した、植物の特徴から詳しい育て方やお手入れ方法、収穫方法、植物の写真や誕生花、花言葉までさまざまな情報をご紹介します。
 あっちゃん
 
 

この記事の監修者

造園職人あっちゃんプロフィール

コケモモとは

食用のコケモモ

 

植物名   コケモモ


学 名   Vaccinium vitis-idaea L.


和 名   苔桃


別 名   リンゴベリー


英 名   Cowberry / Lingonberry


科 名   ツツジ科


属 名   スノキ属


 

アーティフィシャルグリーン【グリーンピース】

 

コケモモの特徴

コケモモの果実

 

コケモモは樹高10cm〜20cm程になるツツジ科の常緑小低木です。日本では6月〜7月頃に開花します。

コケモモは茎の下部が地を這って、立ち上がった幹は密集してマット状の群落を作ります。

コケモモの花は、枝先に短い総状花序を作り、鐘形で白色やピンク色になります。花冠は長さ6mm程で、先は4つに裂けます。雄しべは8本あります。

コケモモの葉は、長さ1cm〜2cm程の厚みのある楕円形で、表面には光沢があり、裏面は淡い緑色で、小さな黒点があります。

コケモモの果実は液果で、径7mm~10mm程の球形になり、10月頃に赤く熟します。この果実は酸味と甘味があり、食用になります。

 

コケモモの利用

コケモモの果実には、有機酸、ビタミンC、βカロテン、ビタミンB類の他、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リンなどを含み、「リンゴベリー」という名前でも流通し、味は甘酸っぱくジャムやコンポート、ジュース、シロップ、果実酒などに用いられています。

 

コケモモとクランベリー

コケモモとよく混同される植物に「クランベリー」があります。クランベリーとは「ツルコケモモ(蔓苔桃)」の果実で、本種コケモモの近縁種であり、よく似ています。

コケモモは匍匐しながら枝葉を広げて、花は鐘形で花冠が部分的に雄しべと柱頭を囲っています。これに対してツルコケモモは蔓を伸ばして成長し、花冠が後ろに反り返り、果実も大きくなるため見分けることができます。また、本種コケモモと同属の果樹としては「ブルーベリー」などがあります。

 
 

コケモモの天然記念物

阿蘇くじゅう国立公園の久住山、稲星山、二俣山等一帯に広大な群落があり、国内の南限であり、九州地区におけるコケモモの唯一の分布地であるため、この貴重な群落は「九重山のコケモモ群落」として、国の天然記念物に指定されています。

 

コケモモの詳細情報

園芸分類庭木・果樹
性質常緑小低木
開花時期6月〜7月
花色白色・ピンク色
栽培難易度
耐寒性強い
耐暑性やや弱い
耐陰性普通
 
 

コケモモの詳しい育て方

野生のコケモモ

コケモモは北半球の寒帯の森林が原産で、国内では北海道、本州、四国、九州の亜高山帯から高山帯の岩石地や、ハイマツなどの下に自生しています。果樹として植栽されることもあります。

 

コケモモの苗植え

苗の植え付けは、2月〜3月頃が適期です。日当たりが良く風通しの良い場所が好みです。用土はブルーベリー用の土を使用して植え付けたら、たっぷりと水やりをしましょう。

用土は時間と共に、徐々に土のPh(ペーハー)が酸性から弱酸性になってしまいます。ツツジ科の植物は酸性土以外では生育不良を起こすことがあります。そのため、2年〜3年に1回、酸性の土で植え替えをしましょう。

コケモモは夏の暑さが苦手なため、夏場は移動するか、風通しの良い明るい半日陰で管理しましょう。また、寒さに当てないと花芽が付かず、果実も実りませんので、冬はしっかりと寒さに当ててあげましょう。

 

コケモモの水やり・肥料

コケモモは乾燥や水切れに弱いため、庭植え・鉢植え共に、春から秋の生育期は土が乾燥する前に水やりをしましょう。特に夏の水切れで枯れてしまうことがあります。夏は鉢を入れたバケツに沈めて、鉢が半分程浸かるように腰水管理をしましょう。また、冬の休眠期は土が乾燥したら水やりをしましょう。

肥料は寒肥として2月頃と、結実で消耗した体力の回復するためのお礼肥として10月頃に油かすなどの有機質肥料を与えましょう。

 

コケモモの害虫や病気

害虫はヨトウムシ、アブラムシ、コガネムシの幼虫などが発生することがあります。食害されると株が弱ってしまうので、見つけたら取り除き、薬剤散布で防除しましょう。

コケモモは病気の心配は特にありません。

 

コケモモの剪定

コケモモは春に伸びた新枝に花が付き、結実しますので、花芽を落とすと花が咲かなくなってしまいます。剪定は収穫後の10月頃が適期です。徒長枝や枯れ枝を切り取り、混み合っている枝は根本から切り取って風通しを良くしましょう。

 

コケモモの収穫

コケモモの果実は、9月〜10月頃に径1cm程の実が真っ赤に熟したら収穫できます。コケモモの果実は生食には向きませんので、ジャムやジュースにして楽しみましょう。

 

グリーンライフイノベーションの画像1

 

コケモモの誕生花・花言葉

コケモモの花

 

コケモモは「9月24日」「10月12日」「10月18日」の誕生花です。

コケモモの花言葉は「不実」「不信」「背信」「冷淡」「幼い心」「反抗心」「くじけない」などがあります。

コケモモは耐寒性が高く、高山の岩場や寒冷地の林など過酷な環境下に自生し、厳しい寒さのなかでも葉を落とさず成長する姿から、ネガティブな花言葉が付けられたと言われています。

 

コケモモのアーティフィシャルグリーン

コケモモの葉
 
みなさん、アーティフィシャルグリーンをご存知でしょうか?
アーティフィシャルグリーンとは、天然素材を使って、本物そっくりに作られた植木や花、観葉植物のことです。
 あっちゃん
 

本物の樹木とは違い、アーティフィシャルグリーンだけの魅力やメリットがたくさんあります。

こんなメリットが!

  • 樹木の種類や大きさ、樹形、鉢などお好みのオーダーメイドが可能です。
  • 落ち葉や害虫、病気の心配もなく、お部屋を汚しません。
  • 日光に当てなくても枯れないので、置き場所を選びません。
  • 天然の樹木と違い、枯れる心配がなく水やりや剪定など、お手入れの手間がありません。
  • 光触媒加工を施すと、目に見えないウイルス・雑菌・悪臭・カビ菌などを分解して、空間をキレイにする効果もあります。
 

ホームセンターなどで販売している造花やアーティフィシャルは、どうしても偽物とわかってしまい、観賞価値がありません。

 
これはもう本物です!

グリーンピースのアーティフィシャルグリーンは、日本の職人が国内で作る業界最高のクオリティです。近くで見ても本物と見間違うほどの圧倒的クオリティで、景観や観賞価値を損ないません。

 

お好みの樹木をお好みの大きさにオーダーメイドも可能で、天然木を使ったMADE IN JAPANのアーティフィシャルグリーンは個人のご自宅をはじめ、さまざまな商業施設や有名施設でも採用され、多くの方に楽しまれています。実際の施工例などもご紹介しておりますので、ぜひ下のページも御覧ください。

 
 

コケモモのまとめ

コケモモの開花

コケモモはいかがでしたか?
コケモモは耐寒性が高く、高山の岩場や寒冷地の林など過酷な環境で生育している小低木で、果実はリンゴベリーとも呼ばれ食用に用いられています。
育てるのはそんなに難しくないので、みなさんも是非コケモモを育ててみてはいかがでしょう!
 あっちゃん