オキザリスの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

オキザリスの紫の花

こちらでは、オキザリスの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフラワーショップ店長が監修した、植物の特徴から詳しい育て方やお手入れ方法、収穫方法、植物の写真や誕生花、花言葉までさまざまな情報をご紹介します。
MIDORI
 
 

この記事の監修者

フラワーショップ店長【ミドリ】プロフィール

オキザリスとは

 
 

植物名   オキザリス


学 名   Oxalis


和 名   オキザリス


英 名   Oxalis


科 名   カタバミ科


属 名   カタバミ属


 

お花の定期便【グリーンピース】

 

オキザリスの特徴

オキザリスは草丈5cm〜20cm程になるカタバミ科の一年草または多年草です。春咲き品種は3月〜5月、夏咲き品種は6月〜9月、秋咲き品種は10月〜翌2月頃に開花します。

オキザリスはさまざまな品種があり、球根には大中小と種類があり、匍匐性の根茎もしくは鱗茎などがあり、低木品種もあります。

オキザリスの花は、集散花序または散形花序に付く、黄色や白色などの5弁花で、晴天で開き、光が弱まると閉じる性質があります。

オキザリスの葉は根生し、茎上では互生する3出複葉または掌状で、先端が凹むハート形になり、緑色や紅紫色や班が入るものがあり、昼間は開いて、夜になると2つに閉じる性質があります。

 
 

オキザリスとカタバミ

オキザリスとは、カタバミ属の植物の一郡で、日本では雑草として扱われる「カタバミ(片喰)」が全国的に自生していますが、オキザリスは主に園芸品種で、さまざまな品種があり、世界中に850種類以上が分布しています。

 

オキザリスの詳細情報

園芸分類草花
性質一年草または多年草
開花時期春咲き3月~5月、夏咲き6月~9月、秋咲き10月~翌2月
花色黄色・白色・他
栽培難易度
耐寒性強い
耐暑性強い
耐陰性普通
 
 

オキザリスの詳しい育て方

オキザリスは世界中に原産、自生種があり、観賞用品種は熱帯アメリカやアフリカ原産のものが多く、日本でも数種類が帰化して自生しています。

 

オキザリスの植え付け

植え付けの適期は、夏咲き品種は3月〜4月頃で、冬咲き品種は8月〜10月頃です。日当たりが良い場所を好みます。日当たりが悪いと徒長したり、葉が黄色くなって落ちてしまいます。また、オキザリスは日光が当たらないと花が開きません。

用土は花の培養土を使いましょう。鉢植えの植え付け方は、5号鉢に鉢底石を敷き、培養土を入れたら1cm~2cm程の深さに球根を植えましょう。地植えの場合は球根同士の間隔は5cm以上開けて植え付けましょう。

 
 

オキザリスの水やり・肥料

オキザリスは乾燥に強く、地植えの場合、一旦根付いてしまえば、あとは降雨で問題ありません。鉢植えの場合は、土がしっかりと乾燥したら水やりをしましょう。また、休眠期は水やりの必要はありません。

オキザリスは肥料を与えなくても育ちますが、生育期に2週間に1回、液体肥料を与えると花数も多くなり、球根もよく増えます。

 
 

オキザリスの害虫や病気

害虫はハダニ、アブラムシなどが発生することがあります。食害されると景観価値が下がってしまい、株が弱ってしまうので見つけたら取り除き、早めに薬剤散布で防除しましょう。

病気はさび病があります。病気にかかるとカビが発生するため、病気の部分は取り除き、薬剤散布で防除しましょう。

 
 

オキザリスの夏越し・冬越し

オキザリスは基本的に、土に植えたまま夏越しや冬越しができます。休眠期は水を与えず、乾燥気味に管理しましょう。冬の時期に土が凍結するようなら、室内に移動させましょう。

 

オキザリスの収穫・増やし方

オキザリスは2〜3年に一度、根が混み合ってきたら休眠期に合わせて分球、植え替えをしましょう。オキザリスの球根は、地上部が枯れた休眠期に掘り上げることができます。土の中で分球して、掘り上げた球根はネットなどに入れて保存しましょう。

 

グリーンライフイノベーションの画像2

 

オキザリスの誕生花・花言葉

オキザリスは「1月15日」「1月26日」「3月2日」「10月1日」「11月21日」「11月30日」「12月15日」「12月26日」の誕生花です。

オキザリスの花言葉は「喜び」「輝く心」「母の優しさ」「あなたと過ごしたい」「決してあなたを捨てません」です。

カタバミはスペインやフランスなどで「ハレルヤ」(キリスト教で「主をほめたたえよ」の意味)とも呼ばれています。これは復活祭(春分の日の後の最初の満月の次の日曜日に、キリストが三日目に復活したことを記念する祭)のハレルヤが唱えられる時期にカタバミの花も咲きだすことに由来します。

「喜び」という花言葉は、カタバミがスペインやフランスでは「ハレルヤ」(キリスト教で「主をほめたたえよ」の意味)とも呼ばれていて、これは復活祭(春分の日の後の最初の満月の次の日曜日に、キリストが三日目に復活したことを記念する祭)のハレルヤが唱えられる時期にカタバミの花も咲きだすことに由来します。

「輝く心」という花言葉は、かつて真鍮の仏具や鉄製の鏡をカタバミの葉で磨いたことに由来すると言われています。

 
 

旬のお花の定期便

 
みなさま、旬のお花の定期便をご存知でしょうか?
新鮮なお花を毎月決まったお日にちに、ご自宅までお届けしますので、いつもキレイなお花がご自宅で楽しめます。
MIDORI
 

グリーンピースはここがスゴイ!

  • ネットから簡単注文で、お店に買いに行く手間がない!
  • 豊富なプランから、お好きなボリュームとお届け頻度を選ぶだけ!
  • 数百品種の中からフラワーデザイナーが厳選した素敵なお花をお届け!
  • 花市場直送だから、フラワーショップよりもお花が新鮮!
  • 初回にフラワーベースをプレゼント!届いたその日にそのまま飾れる!
  • 家中をお花と笑顔でいっぱいにする圧倒的なボリューム!
 
お花のある生活!

お花を飾ることで、お部屋に華やかさと潤いをプラス!お花にはリラックス、リフレッシュ、リラクゼーション、ストレス緩和などの効果があります。

 

どんなお花が届くのか、箱を開けるまでのお楽しみ!定番のお花はもちろん、ご自身では普段あまり選ばないお花や、フラワーショップにはあまり入荷しない珍しいお花など、新しいお花との出会いを楽しみましょう。実際に届くお花や、定期便の魅力などをご紹介した下のページもぜひ見てみてください。

 
 

オキザリスのまとめ

オキザリスはいかがでしたか?
オキザリスの花や葉は、日光が当たる時間だけ開き、暗くなると閉じるという面白い性質があります。世界中にたくさんの品種があり、可愛らしい花姿で花壇やグラウンドカバーを彩ります。
育てるのはそんなに難しくないので、みなさんも是非オキザリスを育ててみてはいかがでしょう!
MIDORI