リュウキンカの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

リュウキンカの花

こちらでは、リュウキンカの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフラワーショップ店長が監修した、植物の特徴から詳しい育て方やお手入れ方法、収穫方法、植物の写真や誕生花、花言葉までさまざまな情報をご紹介します。
MIDORI
 
 

この記事の監修者

フラワーショップ店長【ミドリ】プロフィール

リュウキンカとは

リュウキンカの株

 

植物名   リュウキンカ


学 名   Caltha palustris var. nipponica


和 名   立金花


英 名   Marsh marigold


科 名   キンポウゲ科


属 名   リュウキンカ属


 

お花の定期便【グリーンピース】

 

リュウキンカの特徴

水辺に生えるリュウキンカ

 

リュウキンカは草丈15cm〜50cm程になるキンポウゲ科の多年草です。日本では5月〜7月頃に開花します。

リュウキンカは地下に短い根茎があり、太い根を出します。茎は太く中空で、直立します。

リュウキンカの花は、花柄の先に径2cm〜3cm程の黄色い花を1〜3個付けます。花弁はなく、花弁状の萼片が5〜7個あり、花弁のように見えます。多数の雄しべと、数個の雌しべがあります。

リュウキンカの葉は、根出葉と花茎に互生する葉があり、ともに単葉です。根出葉は長い葉柄があり、4~6枚が束生して、長さ5~12cm程の腎臓形~心臓形で、表面に光沢があります。葉の縁には基部側に低い鋸歯があり、上半部では波状または全縁となります。

花茎に付く葉は、葉柄がなく、腎臓形~心臓形で、葉の縁には低い鋸歯または波状となります。

リュウキンカの果実は、長さ1cm程の莢状の袋果です。

 

リュウキンカの利用

リュウキンカの若芽は山菜として食用にされたり、薬草として利用されていますが、基本的には有毒植物です。食すと下痢などの症状を起こすことがありますので、食べないように注意したほうが良いでしょう。

 

リュウキンカと似ている植物

リュウキンカ(立金花)とは、茎が直立して、黄金色の花を咲かせることから名付けられました。リュウキンカとよく混同される植物に同属の「エンコウソウ(猿猴草)」があります。どちらもよく似ていますが、エンコウソウは、茎が直立せず、茎の先が斜上して花を咲かせます。

ほかにも、リュウキンカと比べて小型のものは、「コバノリュウキンカ(小葉の立金花)」と呼ばれ、大型のものは「エゾノリュウキンカ(蝦夷の立金花)」として、エンコウソウとともにリュウキンカの変種と言われています。

リュウキンカと名前が似ている植物に、「ヒメリュウキンカ(姫立金花)」という草花があります。リュウキンカよりも草丈が低く、同じような小さい黄色い花を咲かせますが、本種リュウキンカはリュウキンカ属の植物で、ヒメリュウキンカはギンポウゲ属なので、別種の植物です。

 
 

リュウキンカの天然記念物

熊本県球磨郡あさぎり町は、日本においての自生の南限地と言われています。あさぎり町の畜産センターの裏手にある「丸池のリュウキンカ」という自生地は、あさぎり町の天然記念物に指定されています。また、リュウキンカは、あさぎり町の町花にも指定されています。

 

リュウキンカの詳細情報

園芸分類草花
性質多年草
開花時期5月〜7月
花色黄色
栽培難易度
耐寒性やや弱い
耐暑性やや弱い
耐陰性普通
 
 

リュウキンカの詳しい育て方

リュウキンカの蕾

リュウキンカは日本の原産で、中国、朝鮮にも分布しています。国内では本州、九州の水辺や湿地などに自生して、「ミズバショウ(水芭蕉)」の群生地などでも見られます。

 

リュウキンカの植え付け

植え付けの適期は3月〜4月頃です。日当たりの良い場所が好みですが、夏場の直射日光では葉焼けすることがあるため、庭植えでは半日陰が適しています。また、鉢植えの場合は、根詰まりすると株が弱ってしまうため、鉢底から根が出ているようなら植え替えをしましょう。

用土は肥沃で粘土質の土を好み、田んぼの土が最適ですが、手に入らない場合は、荒木田土に腐葉土、黒土などを混ぜ合わせたものを使用するか、市販の培養土を使って植え付けたら、たっぷりと水やりをしましょう。

 

リュウキンカの水やり・肥料

リュウキンカは水辺や湿地に自生する植物で、乾燥や水切れに弱いため、水切れしないように管理しましょう。庭植えの場合は、土が乾燥する前に水やりをしましょう。鉢植えの場合は、こまめに水やりをするか、腰水で管理しましょう。

肥料は与えなくても枯れませんが、与えたほうが花付きが良くなります。与える場合は、生育期の3月〜9月頃に液体肥料を2週間に1回程度与えましょう。

 

リュウキンカの害虫や病気

リュウキンカは、病害虫の心配は特にありません。

 

リュウキンカのお手入れ

特にお手入れは必要ありませんが、冬の時期は霜に当たらないようにマルチングで防寒対策をしましょう、冬の休眠期は地上部が枯れますが、春には芽吹きます。

 

グリーンライフイノベーションの画像2

 

リュウキンカの誕生花・花言葉

草地に生えるリュウキンカ

 

リュウキンカは「2月18日」の誕生花です。

リュウキンカの花言葉は「富」「贅沢」「必ず来る幸福」です。

 

旬のお花の定期便

リュウキンカの花の拡大
 
みなさま、旬のお花の定期便をご存知でしょうか?
新鮮なお花を毎月決まったお日にちに、ご自宅までお届けしますので、いつもキレイなお花がご自宅で楽しめます。
MIDORI
 

グリーンピースはここがスゴイ!

  • ネットから簡単注文で、お店に買いに行く手間がない!
  • 豊富なプランから、お好きなボリュームとお届け頻度を選ぶだけ!
  • 数百品種の中からフラワーデザイナーが厳選した素敵なお花をお届け!
  • 花市場直送だから、フラワーショップよりもお花が新鮮!
  • 初回にフラワーベースをプレゼント!届いたその日にそのまま飾れる!
  • 家中をお花と笑顔でいっぱいにする圧倒的なボリューム!
 
お花のある生活!

お花を飾ることで、お部屋に華やかさと潤いをプラス!お花にはリラックス、リフレッシュ、リラクゼーション、ストレス緩和などの効果があります。

 

どんなお花が届くのか、箱を開けるまでのお楽しみ!定番のお花はもちろん、ご自身では普段あまり選ばないお花や、フラワーショップにはあまり入荷しない珍しいお花など、新しいお花との出会いを楽しみましょう。実際に届くお花や、定期便の魅力などをご紹介した下のページもぜひ見てみてください。

 
 

リュウキンカのまとめ

リュウキンカの花

リュウキンカはいかがでしたか?
リュウキンカは、水辺や湿地に自生して、春になると鮮やかな黄色の花を群生させ、ガーデニングや鉢植えでも楽しめます。
育てるのはそんなに難しくないので、みなさんも是非リュウキンカを育ててみてはいかがでしょう!
MIDORI