アオダモの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

アオダモの花の拡大

こちらでは、アオダモの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフラワーショップ店長が監修した、植物の特徴から詳しい育て方やお手入れ方法、収穫方法、植物の写真や誕生花、花言葉までさまざまな情報をご紹介します。
 あっちゃん
 
 

この記事の監修者

造園職人あっちゃんプロフィール

アオダモとは

アオダモの樹皮

 

植物名   アオダモ


学 名   Fraxinus lanuginosa


和 名   青梻


別 名   コバノトネリコ/ アオタゴ


英 名   Fraxinus lanuginosa


科 名   モクセイ科


属 名   トネリコ属


 

アーティフィシャルグリーン【グリーンピース】

 

アオダモの特徴

アオダモの葉

 

アオダモは樹高5m〜10m程になるモクセイ科の落葉小高木です。日本では4月〜5月頃に開花します。

アオダモの樹皮は、滑らかで地衣類が付着して、灰色のまだら模様がよくできます。

アオダモの花は雌雄異株で、雄花は円錐花序を出して、5mm程の白い小花を多数付けます。花弁は細く、4裂して、雄花には2本の雄しべがあり、雌花には1本の雌しべと目立たない雄しべがあります。

アオダモの葉は対生し、長さ5cm〜15cm程の奇数羽状複葉で、3〜7枚の小葉からなります。小葉は薄い緑色で、先が尖る卵形になり、縁に低く細かい鋸歯(きょし)があります。また、秋頃に紅葉します。

アオダモの果実は膜状の羽がある翼果で、長さ2cm〜3cm程の倒披針形で垂れ下がります。10月頃に熟すと、褐色になり、長い翼があるため風に乗って飛んでいきます。

 

アオダモの名前

和名アオダモの「アオ」は、雨上がりに樹皮が青緑色になることや、枝を水に浸けると水が青くなること、青墨を作るための染料に利用されたことに由来すると言われ、「タモ」は、よく似ている同属の樹木「トネリコ」などの総称であり、そこから名付けられたと言われています。

 

アオダモの利用

アオダモは庭木として植栽されるほか、材は堅くて強く粘りがあり、野球の木製バットやテニスラケットの原料にされ、器具材、家具材としても用いられます。また、枝を水に浸けると、水が青色になることから、染料としても使われていました。

ただし、アオダモは成長が遅く、材として加工できるまで60〜70年かかると言われ、資源の枯渇から高品質な材の確保が困難になっているため、用途は減少し、輸入材の利用する割合が多くなっています。

また、家具や建築などでは「タモ材」と呼ばれていますが、「タモ」という樹木はなく、本種アオダモや、「トネリコ(梣)」、「シオジ(塩地)」、「ヤチダモ(谷地梻)」など同属の樹木を総称して「タモ」と呼んでいます。

 
 

アオダモと似ている樹木

アオダモは、トネリコと似ているため、よく混同されます。見分け方としては、トネリコの方が葉が大きいですが、個体差があり、葉や花、開花期や落葉性など全体的によく似ているため、一概に見分けるのは難しいかもしれません。

アオダモは、涼しげな枝ぶりや、株立ちの樹形、幹に浮かぶ白いまだら模様に観賞価値があるとして、雑木の庭を中心に庭木として植栽されることがありますが、トネリコは庭木として使われることは稀で、近縁種の「シマトネリコ(島梣)」の方が人気があります。

アオダモの近縁種に、「マルバアオダモ(丸葉青梻)」という樹木あります。アオダモに対して、葉の形や葉先が丸いということではなく、縁に明瞭な鋸歯(きょし)がなく、滑らかであることから名付けられました。また、アオダモよりも葉が細長いため、「ホソバアオダモ(細葉青梻)」という別名もあります。

アオダモと似ている名前に、「シロダモ(白櫤)」という樹木がありますが、こちらは、クスノキ科なので、全く別種の樹木です。

 

アオダモの詳細情報

園芸分類庭木
性質落葉小高木
開花時期4月〜5月
花色白色
栽培難易度
耐寒性強い
耐暑性強い
耐陰性普通
 
 

アオダモの詳しい育て方

アオダモの果実

アオダモは日本の原産で、国内では北海道、本州、四国、九州地方の山地に広く自生しています。庭木のほか、街路樹や公園樹としても植栽されています。

 

アオダモの苗植え

苗植えは落葉期の11月〜翌2月頃が適期です。日当たりが良く風通しの良い場所を好みます。用土は水はけの良いものを好むため、赤玉土に腐葉土とたい肥を混ぜたものか、市販の花の培養土を使い、植え付けたら、たっぷりと水やりをしましょう。

 

アオダモの水やり・肥料

庭植えの場合は、根付いてからは降雨で問題ありませんが、真夏の乾燥する時期は水やりをしましょう。鉢植えの場合は土が乾燥したら水やりをしましょう。

肥料は寒肥として、2月頃に油かすなどの有機質肥料を株元に混ぜ込みましょう。

 

アオダモの害虫や病気

害虫はテッポウムシ、カミキリムシの幼虫、アメリカシロヒトリなどが発生することがあります。幹や枝を食害して、おがくずが落ちていたら、害虫がいるかもしれません。食害されると株が弱ってしまうので、見つけたら取り除き、薬剤散布で防除しましょう。

病気は褐斑病があります。褐色の小さい斑点ができて、病気が進行すると同心円状に斑点が広がっていきます。見つけたら枝ごと切り取り、薬剤散布で防除しましょう。

 

アオダモの剪定

剪定の適期は、落葉期の12月〜翌2月頃になりますが、アオダモは成長が遅く、自然樹形を楽しむ樹木であり、強い剪定や刈込みは好ましくありません。

間延びしている枝や、重なり合っている枝、枯れ枝など邪魔な枝は、景観を良くするためと、風通しを良くするために間引きましょう。

 

グリーンライフイノベーションの画像1

 

アオダモの花言葉

アオダモの花

 

アオダモの花言葉は「幸福な日々」「未来への憧れ」です。

 

アオダモのアーティフィシャルグリーン

アオダモの葉
 
みなさん、アーティフィシャルグリーンをご存知でしょうか?
アーティフィシャルグリーンとは、天然素材を使って、本物そっくりに作られた植木や花、観葉植物のことです。
 あっちゃん
 

本物の樹木とは違い、アーティフィシャルグリーンだけの魅力やメリットがたくさんあります。

こんなメリットが!

  • 樹木の種類や大きさ、樹形、鉢などお好みのオーダーメイドが可能です。
  • 落ち葉や害虫、病気の心配もなく、お部屋を汚しません。
  • 日光に当てなくても枯れないので、置き場所を選びません。
  • 天然の樹木と違い、枯れる心配がなく水やりや剪定など、お手入れの手間がありません。
  • 光触媒加工を施すと、目に見えないウイルス・雑菌・悪臭・カビ菌などを分解して、空間をキレイにする効果もあります。
 

ホームセンターなどで販売している造花やアーティフィシャルは、どうしても偽物とわかってしまい、観賞価値がありません。

 
これはもう本物です!

グリーンピースのアーティフィシャルグリーンは、日本の職人が国内で作る業界最高のクオリティです。近くで見ても本物と見間違うほどの圧倒的クオリティで、景観や観賞価値を損ないません。

 

お好みの樹木をお好みの大きさにオーダーメイドも可能で、天然木を使ったMADE IN JAPANのアーティフィシャルグリーンは個人のご自宅をはじめ、さまざまな商業施設や有名施設でも採用され、多くの方に楽しまれています。実際の施工例などもご紹介しておりますので、ぜひ下のページも御覧ください。

 
 

アオダモのまとめ

アオダモの紅葉

アオダモはいかがでしたか?
アオダモは涼しげな枝ぶりや、株立ちの樹形、幹に浮かぶ白いまだら模様に観賞価値があり、雑木風の庭木として人気があります。
育てるのは比較的簡単なので、シンボルツリーなど、みなさんも是非アオダモを育ててみてはいかがでしょう!
 あっちゃん