エゾギク(アスター)の植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

エゾギクの白い花

こちらでは、エゾギク(アスター)の植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフラワーショップ店長が監修した、植物の特徴から詳しい育て方やお手入れ方法、収穫方法、植物の写真や誕生花、花言葉までさまざまな情報をご紹介します。
MIDORI
 
 

この記事の監修者

フラワーショップ店長【ミドリ】プロフィール

エゾギクとは

カラフルなエゾギク

 

植物名   エゾギク


学 名   Callistephus chinensis


和 名   蝦夷菊(エゾギク)/ 薩摩菊(サツマギク)/ 江戸菊(エドギク)/ 朝鮮菊(チョウセンギク)


別 名   アスター


英 名   China Aster


科 名   キク科


属 名   エゾギク属


 

お花の定期便【グリーンピース】

 

エゾギクの特徴

エゾギクの赤い花

 

エゾギクは草丈100cm程になるキク科の半耐寒性一年草です。日本では8月〜11月頃に大輪の豪華な花を咲かせます。

エゾギクの花は、3cm程の小輪から10cmを超える大輪まであり、花色は白・ピンク・赤・オレンジ・紫・藍色などさまざまで、周辺には多数の舌状花が並び、中心には黄色の管状花があります。花形は、一重咲きや八重咲き、重ねの厚いポンポン咲きがあり、管弁になるものもあります。

エゾギクの葉は互生する単葉で、柄がある長楕円形で、縁には不規則な鋸歯(きょし)があります。また、茎と葉には共に白い毛が生えています。

古くから夏の切り花として親しまれてきたエゾギクは、その花形から仏花のイメージが強い花でしたが、近年の品種改良によりさまざまな花形や花色の楽しめる人気品種に生まれ変わり、現在では高級切り花として愛好され、欧米でも非常に評価されています。

 

エゾギクの詳細情報

園芸分類草花・切り花
性質一年草
開花時期8月〜11月
花色白色・赤色・紫色・他
栽培難易度
耐寒性普通
耐暑性強い
耐陰性弱い
 
 

エゾギクの詳しい育て方

紫色のエゾギク

エゾギクは中国北東部の原産で、日本では江戸時代から品種改良が進み、現在でも中部地方、東北地方、北海道など比較的寒い地方で栽培が行われています。

 

エゾギクの種まき

種まきの適期は、春まきが3月〜4月頃、秋まきが9月〜10月頃です。6cmポットに2〜3粒ずつまき、5mmくらい覆土して、この間は水を切らさないようにしましょう。発芽適温は15℃前後で、10日前後で発芽するので、芽が出たら、日の当たる場所で管理し、しっかりした苗に育てましょう。本葉が出たら間引いて1本にしましょう。

この時、肥料が足りないと苗が老化して育成が悪くなるので、週に一回液体肥料を与えましょう。

 
 

エゾギクの定植

土壌は酸性土を嫌うため、苦土石灰をまいて酸度矯正を行いましょう。日当たりと水はけの良い場所を選び、堆肥や腐葉土をすき込み、元肥に化成肥料を施し、よく耕して高畝にしておきましょう。そこに15cm~20cm程の間隔に植えつけましょう。

また、連作障害を起こす事があるので、以前にエゾギクを栽培した場所に植える場合は、数年空けてから栽培しましょう。

 

エゾギクの水やり・肥料

エゾギクは乾燥には強いですが、花芽を付けるのが早く、草丈を伸ばしたい場合は土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをしましょう。

肥料は花付きや花数を増やすために、蕾が付いてから開花するまで、薄めた液体肥料を10日に1回程度与えましょう。

 

エゾギクの害虫や病気

害虫はアブラムシやウリバエ、シンクイムシ、ヨトウムシ、ハモグリバエなどが発生することがあります。葉茎を食害しますので、見つけたら取り除き、薬剤散布で防除しましょう。

病気はフザリウム菌による立ち枯れ病が出やすく、連作障害に注意が必要です。酸性の土壌や高温多湿の環境などで発生することがあります。風通しをよくしましょう。

 

エゾギクの剪定

エゾギクの剪定や切り戻しは特に必要ありません。また、花が終わった後に種を収穫することができますので、次回も種まきから育てることができます。

 

グリーンライフイノベーションの画像2

 

エゾギクの誕生花・花言葉

白いエゾギク

 

エゾギクは「4月3日」「4月10日」「4月22日」「6月9日」「8月29日」「9月2日」「11月28日」の誕生花です。

エゾギク全般の花言葉は「変化」「追憶」「同感」です。

白のエゾギクの花言葉は「私を信じてください」です。

ピンクのエゾギクの花言葉は「甘い夢」です。

紫のエゾギクの花言葉は「恋の勝利」「私の愛はあなたの愛より深い」です。

赤のエゾギクの花言葉は「変化を好む」です。

青のエゾギクの花言葉は「信頼」「あなたを信じているけど心配」です。

「変化」という花言葉は、18世紀にカトリックの神父がエゾギクの種子を中国からパリ植物園に送ったとされます。その後に改良が加えられ、ポンポン咲きや八重咲きなど、多様な花型や花色が現れた事に由来するとされています。

仏花や切り花としても使われることが多いことから「同感」や「追憶」といった過去を思い出したり、他人と気持ちを共感させるといった花言葉も生まれたとされています。

 

旬のお花の定期便

カラフルなエゾギク
 
みなさま、旬のお花の定期便をご存知でしょうか?
新鮮なお花を毎月決まったお日にちに、ご自宅までお届けしますので、いつもキレイなお花がご自宅で楽しめます。
MIDORI
 

グリーンピースはここがスゴイ!

  • ネットから簡単注文で、お店に買いに行く手間がない!
  • 豊富なプランから、お好きなボリュームとお届け頻度を選ぶだけ!
  • 数百品種の中からフラワーデザイナーが厳選した素敵なお花をお届け!
  • 花市場直送だから、フラワーショップよりもお花が新鮮!
  • 初回にフラワーベースをプレゼント!届いたその日にそのまま飾れる!
  • 家中をお花と笑顔でいっぱいにする圧倒的なボリューム!
 
お花のある生活!

お花を飾ることで、お部屋に華やかさと潤いをプラス!お花にはリラックス、リフレッシュ、リラクゼーション、ストレス緩和などの効果があります。

 

どんなお花が届くのか、箱を開けるまでのお楽しみ!定番のお花はもちろん、ご自身では普段あまり選ばないお花や、フラワーショップにはあまり入荷しない珍しいお花など、新しいお花との出会いを楽しみましょう。実際に届くお花や、定期便の魅力などをご紹介した下のページもぜひ見てみてください。

 
 

エゾギクのまとめ

エゾギクのピンクの花

エゾギクはいかがでしたか?
エゾギクの花はすごく綺麗で、色や形にいろいろなバリエーションがあり豪華なので、切り花としても人気があります。
育てるのはそんなに難しくないので、みなさんも是非エゾギクを育ててみてはいかがでしょう!
MIDORI