ゴンズイの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

こちらでは、ゴンズイの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフローリストが監修した、植物の特徴から詳しい育て方や収穫方法など、植物の写真や誕生花、花言葉まで様々な情報をご紹介します。
 

ゴンズイとは

 

植物名   ゴンズイ


学 名   Euscaphis japonica


和 名   権翠


別 名   黒臭木(クロクサギ)


英 名   Euscaphis japonica


科 名   ミツバウツギ科


属 名   ゴンズイ属


 

 

ゴンズイの特徴

ゴンズイは樹高3m〜6m程になる落葉小高木です。日本では5月〜6月にかけて花を咲かせますが、花よりも赤い果実が目立つ樹木です。

ゴンズイの樹皮は、紫黒色を帯びて、白いシミのような不規則な模様が入り、樹齢を重ねると、縦に細長い割れ目状の皮目が入ります。

ゴンズイの花は、よく分枝して長さ15cm〜20cm程の円錐花序を出し、薄緑色の小さな5弁花を多数付けます。

ゴンズイの葉は対生し、長さ5cm〜10cm程の小葉が5〜9枚からなる奇数羽状複葉です。小葉は狭卵形で硬くて光沢があり、縁には鋸歯(きょし)があります。晩秋には綺麗に紅葉します。また、葉を千切ると独特の香りがします。

ゴンズイの果実は、長さ1cm〜3cmの袋果で、熟すと赤くなり、縦に裂けて中から黒い種子を出します。種子は球状で、径5mm程で光沢があります。この果実が白くなる変種もあります。

 

ゴンズイの詳細情報

園芸分類庭木・盆栽
性質落葉小高木
開花時期5月〜6月
花色薄緑色
栽培難易度
耐寒性やや弱い
耐暑性強い
耐陰性普通
 

ゴンズイの詳しい育て方

ゴンズイの原産は日本で、中国、台湾、朝鮮半島にも分布しています。庭木や盆栽として利用されていますが、稀にある幹の白い個体は珍重されます。

 

ゴンズイの苗植え

苗の植え付けは4月〜5月頃が適期です。荒れ地でも育つ丈夫な樹木です。日当たりと風通しが良い場所に植え付けましょう。用土は赤玉土に腐葉土を混ぜたものなど水はけの良い土に、堆肥を混ぜて、根鉢を浅めに植え付けて、たっぷり水やりをしましょう。

 

ゴンズイの水やり・肥料

庭植えの場合は、根付くまでは表面が乾いたら水やりをします。根付いてからは降雨で問題ありません。鉢植えの場合は、土が乾燥したら水やりをしましょう。

肥料は、2月頃に寒肥として緩効性化成肥料を株元に施しましょう。

 

ゴンズイの害虫や病気

害虫はカイガラムシやハダニが発生することがあります。葉を食害して株を弱らせますので、見つけたら取り除き、薬剤散布で防除しましょう。

ゴンズイは病気の心配は特にありません。

 

ゴンズイの剪定

ゴンズイの枝ぶりは荒々しく大きくなります。芽を出す力は強いので、伸びすぎた枝は剪定してあげましょう。また、枯れた枝や混み合った枝も整理し、中まで日が当たるようにしてあげましょう。

 

 

ゴンズイの花言葉

ゴンズイの花言葉は「一芸に秀でる」です。

この花言葉は、樹も花もあまり冴えませんが、秋に熟す赤い実だけは目立つのため「一芸に秀でる」という花言葉が付けられたという説があります。

 

ゴンズイのまとめ

ゴンズイはいかがでしたか?
ゴンズイは花よりも、赤い果実が目立つ樹木で、庭木だけでなく盆栽としても楽しまれています。
育てるのはそんなに難しくないので、みなさんも是非ゴンズイを育ててみてはいかがでしょう!
 

Copyright© グリーンピース , 2021 All Rights Reserved.