ヒラドツツジの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

ヒラドツツジの花

こちらでは、ヒラドツツジの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフラワーショップ店長が監修した、植物の特徴から詳しい育て方やお手入れ方法、収穫方法、植物の写真や誕生花、花言葉までさまざまな情報をご紹介します。
 あっちゃん
 
 

この記事の監修者

造園職人あっちゃんプロフィール

ヒラドツツジとは

ヒラドツツジの開花

 

植物名   ヒラドツツジ


学 名   Rhododendron × pulchrum


和 名   平戸躑躅


英 名   Hirado Azalea


科 名   ツツジ科


属 名   ツツジ属


 

アーティフィシャルグリーン【グリーンピース】

 

ヒラドツツジの特徴

オオムラサキツツジの花

 

ヒラドツツジとは、樹高1m〜2m程になるツツジ科の常緑低木です。日本では4月〜5月頃に開花します。

ヒラドツツジは、枝先に2〜5個の大形の花を付けます。花冠は径6cm〜12cm程の漏斗状で、縁は5中裂し、花色は白色やピンク色、赤紫色などがあり、上側の萼片には濃桃色の斑点模様があります。

ヒラドツツジの葉は互生する単葉で、長さ5cm~11cm程の先端が尖った長楕円形になり、厚みがあり、表面は濃緑色で、葉の両面に粗い毛が生えます。

 

ヒラドツツジの種

ヒラドツツジとは、江戸時代の頃、奄美大島などに自生する「ケラマツツジ」が長崎県の平戸に持ち込まれ、平戸藩江戸屋敷で栽培しているうちに「キシツツジ」、「モチツツジ」、「タイワンヤマツツジ」などと自然交雑して生まれたものと言われています。この品種群を総称して「ヒラドツツジ」と呼んでいます。

ヒラドツツジは交配が重ねられ、数多くの園芸品種があります。代表的な品種に「オオムラサキツツジ(大紫躑躅)」があります。単に「オオムラ」とも呼ばれ、鮮やかな紫色の花はツツジの仲間で最も大きく、街路樹や公園樹として「サツキ(皐月)」と共に列植される最もポピュラーな低木の一つです。

 

ヒラドツツジの詳細情報

園芸分類庭木
性質常緑低木
開花時期4月〜5月
花色白色・ピンク色・他
栽培難易度
耐寒性やや弱い
耐暑性強い
耐陰性普通
 
 

ヒラドツツジの詳しい育て方

ヒラドツツジの葉

ヒラドツツジは江戸時代の頃、長崎県平戸地方で生まれた品種で、数百種を超える園芸品種があり、代表的な品種に「オオムラサキツツジ」があります。大形の花を鑑賞する園芸用の樹木として庭木や生け垣、公園樹、街路樹などに植栽されています。

 

ヒラドツツジの苗植え

苗の植え付けは3月〜4月と9月〜10月頃が適期です。日当りの良い場所が好みですが、西日や真夏の直射日光に当たると株が弱ってしまうため、午前中に日が当たる半日陰が適しています。日陰ではあまり成長せず、花が付かなくなってしまいます。

用土は水はけがよく、適度な保水力を兼ね備えた酸性土が適しています。赤玉土に鹿沼土、ピートモスを混ぜたものに植え付けましょう。鉢植えの場合は、根鉢より一回り大きな鉢に植え付けて、2〜3年毎に一回り大きな鉢に植え替えをしましょう。

 

ヒラドツツジの水やり・肥料

ヒラドツツジは乾燥が苦手です。庭植えの場合は、根付いた後は降雨だけで問題ありませんが、夏場に極端に乾燥すると、株が弱ってしまうため、夏場は水やりをしましょう。鉢植えの場合は、土が乾燥したら水やりをしましょう。冬は控えめに与えましょう。

肥料は寒肥として2月と、寒くなる前の10月頃に、油かすと骨粉を混ぜたものを与えましょう。庭植えの場合は、枝先の真下位までの範囲に根が張っているため、根に肥料が当たらないよう外周部に肥料を浅く埋め込みましょう。

 

ヒラドツツジの害虫や病気

害虫はアブラムシ、カイガラムシ、ハマキムシ、グンバイムシ、ベニモンアオリンガなどが発生することがあります。食害されると観賞価値が下がったり、株が弱ってしまうため、見つけたら取り除き、薬剤散布で防除しましょう。

病気は褐斑病、うどんこ病、炭疽病などがあります。葉焼けを起こした部分から菌が侵入し、葉に病斑ができる褐斑病や、土の水はけ、風通し、日当たりなどが悪くて不健康になると、病気になります。環境を整え、病気の部分は取り除き、殺菌剤を散布しましょう。

 

ヒラドツツジの剪定

ヒラドツツジは開花前後に新梢を伸ばし始め、夏の間に翌年開花する花芽を枝先に作ります。このため、剪定作業は5月〜6月の花後の早い時期に行いましょう。

ヒラドツツジは枝数が多く、芽吹きも良いので、伸び始めた枝も一緒に刈り込んで、好みの形に仕立てることができます。小さくしたい場合は、葉っぱがなくなって枝だけの状態になっても新芽が出て復活します。

 

グリーンライフイノベーションの画像1

 

ヒラドツツジの誕生木・誕生花・花言葉

ヒラドツツジの花の拡大

 

ヒラドツツジは「4月25日」の誕生木です。

ツツジは「6月7日」の誕生花です。

ツツジの花言葉は「節度」「慎み」です。

赤いツツジの花言葉は「恋の喜び」です。

白いツツジの花言葉は「初恋」です。

 

ヒラドツツジのアーティフィシャルグリーン

オオムラサキツツジの花
 
みなさん、アーティフィシャルグリーンをご存知でしょうか?
アーティフィシャルグリーンとは、天然素材を使って、本物そっくりに作られた植木や花、観葉植物のことです。
 あっちゃん
 

本物の樹木とは違い、アーティフィシャルグリーンだけの魅力やメリットがたくさんあります。

こんなメリットが!

  • 樹木の種類や大きさ、樹形、鉢などお好みのオーダーメイドが可能です。
  • 落ち葉や害虫、病気の心配もなく、お部屋を汚しません。
  • 日光に当てなくても枯れないので、置き場所を選びません。
  • 天然の樹木と違い、枯れる心配がなく水やりや剪定など、お手入れの手間がありません。
  • 光触媒加工を施すと、目に見えないウイルス・雑菌・悪臭・カビ菌などを分解して、空間をキレイにする効果もあります。
 

ホームセンターなどで販売している造花やアーティフィシャルは、どうしても偽物とわかってしまい、観賞価値がありません。

 
これはもう本物です!

グリーンピースのアーティフィシャルグリーンは、日本の職人が国内で作る業界最高のクオリティです。近くで見ても本物と見間違うほどの圧倒的クオリティで、景観や観賞価値を損ないません。

 

お好みの樹木をお好みの大きさにオーダーメイドも可能で、天然木を使ったMADE IN JAPANのアーティフィシャルグリーンは個人のご自宅をはじめ、さまざまな商業施設や有名施設でも採用され、多くの方に楽しまれています。実際の施工例などもご紹介しておりますので、ぜひ下のページも御覧ください。

 
 

ヒラドツツジのまとめ

ヒラドツツジの群生

ヒラドツツジはいかがでしたか?
ヒラドツツジはツツジの中でも葉や花が大きく、春には華やかな大量の花を咲かせる低木の一つです。園芸品種も数多くあり、庭木や生け垣に植栽されています。
育てるのはそんなに難しくないので、みなさんも是非ヒラドツツジを育ててみてはいかがでしょう!
 あっちゃん