ジュンサイの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

食用のジュンサイ

こちらでは、ジュンサイの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフラワーショップ店長が監修した、植物の特徴から詳しい育て方やお手入れ方法、収穫方法、植物の写真や誕生花、花言葉までさまざまな情報をご紹介します。
MIDORI
 
 

この記事の監修者

フラワーショップ店長【ミドリ】プロフィール

ジュンサイとは

 
 

植物名   ジュンサイ


学 名   Brasenia schreberi


和 名   蓴菜 / 純菜


別 名   蓴(ヌナワ)


英 名   Water shield


科 名   ハゴロモモ科


属 名   ジュンサイ属


 

お花の定期便【グリーンピース】

 

ジュンサイの特徴

ジュンサイはハゴロモモ科の多年性水生植物です。「スイレン(睡蓮)」などと同様に水底に根を張り、水面に葉を浮かべる浮葉植物で、水上に花を咲かせます。

ジュンサイは太い根茎が底泥中を横に伸ばし、節から根と水中茎を伸ばします。根茎は越冬し、また水中茎の先端の芽が養分を貯蔵して肥厚して、親植物から離脱して越冬用の殖芽となり、春になると葉を伸ばします。

ジュンサイの花は6月〜8月頃が開花期で、水面から伸びた花茎の先端に、径1cm〜2cm程のスイレンの花を細くしたような花を咲かせます。3枚の花弁は紫褐色で萼片も3枚あります。

ジュンサイの葉は互生し、長さ5cm〜15cm程の楕円形で、葉柄は赤紫色で長さ5cm〜100cm程と長く、裏側の真ん中に付く楯形で、表面は艶のある緑色ですが、裏面は紫色になります。また、水中部分は分泌された粘液質で覆われています。

ジュンサイの果実は、袋果状の非裂開果で、長さ6mm〜15mm程になり、花柱は細く尖ります。種子は褐色の楕円形で、中に1個〜2個入っています。

 
 

ジュンサイの食用

ジュンサイの茎の芽や若葉は寒天質の粘液で覆われていて、ほとんどが水分であり、栄養や味もほとんどありませんが、日本では食用として酢の物や味噌汁、うどん、そば、天ぷらなどの料理として食用とされています。

 

ジュンサイの詳細情報

園芸分類水生植物
性質多年草
開花時期6月〜8月
花色紫色
栽培難易度
耐寒性強い
耐暑性普通
耐陰性弱い
 
 

ジュンサイの詳しい育て方

ジュンサイは東南アジアやアメリカ原産で、世界各地の水温が一定を保つきれいな池沼に生育し、日本でも食用として栽培が行われております。ただし、国内の地域によっては絶滅危惧種に指定されていたり、絶滅の恐れが高い地域もあります。

秋田県山本郡三種町が生産量日本一で、実際に木舟に乗って自分で収穫する収穫体験もあります。収穫は4月頃から始まり、9月上旬頃まで行われますが、旬の時期は5月〜6月頃になります。

 

ジュンサイの苗植え

苗植えの適期は3月〜4月頃です。半日以上日光が当たる日当たりの良い場所が好みです。用土は粘土質の土が好みで、荒木田土や水生植物用の土を使いましょう。

鉢に用土を入れ、苗を植え付けたら、水を張ったスイレン鉢などに鉢ごと沈めましょう。10号の鉢に2〜4株が目安です。水深は30cm程で、葉が水面に浮くように水位を調節しましょう。

日光を好み、生育適温は20℃〜30℃です。夏場の30℃以上になり、水温が上がると弱ってしまうので、水の入れ替えなど水温調整が必要です。

冬も屋外で越冬するので、1年を通して水中で管理しましょう。

 
 

ジュンサイの水やり・肥料

水中で管理するので水やりの必要はありませんが、水が汚れていたら、少量ずつ水を交換しましょう。

春と秋頃に緩効性化成肥料か油かすを少量土の中に埋め込みましょう。肥料を与えすぎると水が濁って、枯れてしまうことがあるので少量にしましょう。

 
 

ジュンサイの害虫や病気

ジュンサイに害虫や病気の心配はありませんが、ボウフラが発生することがあります。ジュンサイの栽培では農薬が使えませんので、発生を防ぐには、農薬の代わりにメダカをスイレン鉢に入れるのがオススメです。

メダカは水を浄化してくれるため、ボウフラ対策に効果があります。メダカにエサを与える必要はなく、水質の管理にも有効です。

 

ジュンサイの剪定

剪定の必要はありませんが、株が混み合ってきたら株分けなどで間引いてあげましょう。

 

ジュンサイの収穫

ジュンサイの収穫時期は4月~9月頃までで、水の中でヌルヌルした若芽や若葉を収穫します。水中を覗くと、葉の裏や下の方に若芽があるので、手で千切って収穫しましょう。

ジュンサイの収穫時期間は年に3回のタイミングがあります。4月〜6月頃までに収穫するものは「1番芽」と呼ばれ、6月~7月頃に収穫したものは「2番芽」、7月〜9月頃に収穫したものは「3番芽」と呼ばれています。

5月〜6月頃に収穫した「1番芽」が収穫量が多く、旬の時期になります。

 

グリーンライフイノベーションの画像2

 
 

旬のお花の定期便

 
みなさま、旬のお花の定期便をご存知でしょうか?
新鮮なお花を毎月決まったお日にちに、ご自宅までお届けしますので、いつもキレイなお花がご自宅で楽しめます。
MIDORI
 

グリーンピースはここがスゴイ!

  • ネットから簡単注文で、お店に買いに行く手間がない!
  • 豊富なプランから、お好きなボリュームとお届け頻度を選ぶだけ!
  • 数百品種の中からフラワーデザイナーが厳選した素敵なお花をお届け!
  • 花市場直送だから、フラワーショップよりもお花が新鮮!
  • 初回にフラワーベースをプレゼント!届いたその日にそのまま飾れる!
  • 家中をお花と笑顔でいっぱいにする圧倒的なボリューム!
 
お花のある生活!

お花を飾ることで、お部屋に華やかさと潤いをプラス!お花にはリラックス、リフレッシュ、リラクゼーション、ストレス緩和などの効果があります。

 

どんなお花が届くのか、箱を開けるまでのお楽しみ!定番のお花はもちろん、ご自身では普段あまり選ばないお花や、フラワーショップにはあまり入荷しない珍しいお花など、新しいお花との出会いを楽しみましょう。実際に届くお花や、定期便の魅力などをご紹介した下のページもぜひ見てみてください。

 
 

ジュンサイのまとめ

ジュンサイはいかがでしたか?
ジュンサイは浮遊性の水生植物で、食用としてもコリコリした食感とヌルヌル、ツルツルの喉越しで親しまれています。
慣れてしまえば育てるのはそんなに難しくないので、みなさんも是非ジュンサイを育ててみてはいかがでしょう!
MIDORI
 

Copyright© グリーンピース , 2021 All Rights Reserved.