コノテガシワの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

コノテガシワの花

こちらでは、コノテガシワの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフラワーショップ店長が監修した、植物の特徴から詳しい育て方やお手入れ方法、収穫方法、植物の写真や誕生花、花言葉までさまざまな情報をご紹介します。
 あっちゃん
 
 

この記事の監修者

造園職人あっちゃんプロフィール

コノテガシワとは

 
 

植物名   コノテガシワ


学 名   Platycladus orientalis


和 名   側柏/ 児手柏


別 名   針木(ハリギ)


英 名   Chinese Arborvitae


科 名   ヒノキ科


属 名   コノテガシワ属


 

アーティフィシャルグリーン【グリーンピース】

 

コノテガシワの特徴

コノテガシワは樹高10m〜20m程になるヒノキ科の常緑針葉高木です。コノテガシワ属唯一の現生種です。

コノテガシワの幹は「ヒノキ(檜)」に似て、樹皮は樹齢を重ねると縦に裂け、枝は密に出てほぼ直立して、樹形は球形~長楕円形になります。

コノテガシワの花は雌雄同株で、3月~4月頃に開花します。花は小枝の先に単生して、雄花は黄褐色で長さ3mm程の楕円形で、雌花は淡紫色の径5mm程の球形で、鱗片は反り返ります。

コノテガシワの葉は十字対生し、地面に対して直立して、鱗片状のため表裏の区別がハッキリしません。平面状の葉の様子が、子供の掌に似ていることから「児の手柏」と名付けられました。

コノテガシワの果実は、長さ1cm~2cm程の球形で、果鱗の上部にトゲ状の突起があり、淡灰青色で、果実は翌年の11月頃に熟します。

 
 

天然記念物のコノテガシワ

日本国内には樹齢数百年以上の天然記念物に指定されているコノテガシワがたくさんあり、その一部をご紹介します。

市町村指定の天然記念物

  • 東京都国分寺市の「祥応寺のコノテガシワ」
  • 栃木県佐野市の「万福寺のコノテガシワ」
  • 山梨県大月市の「鳥沢のコノテガシワ」
  • 山梨県西八代郡市の「宝寿院のコノテガシワ」
  • 長野県安曇野市の「小泉金井氏氏神のコノテガシワ」
 

コノテガシワの詳細情報

園芸分類庭木
性質常緑針葉高木
開花時期3月〜4月
花色黄褐色・淡紫色
栽培難易度
耐寒性普通
耐暑性強い
耐陰性弱い
 
 

コノテガシワの詳しい育て方

コノテガシワは中国北部の原産で、東アジアでは広く庭木として利用されています。日本には江戸時代に渡来して、多数の園芸品種があり、庭木や生け垣、鉢植えなどでもよく目にします。

 

コノテガシワの苗植え

苗植えの適期は11月〜翌3月頃です。日当たりが良い場所が好みですが、西日が当たらない場所が適しています。用土はあまり選ばないので、市販の花の培養土や赤玉土に腐葉土を混ぜたものなどで十分育ちます。

植え穴は根鉢の2倍程の穴を掘って、元肥として緩効性化成肥料を混ぜて植え付けましょう。複数株を植える場合は、蒸れないように株間は木1本分空けるように植え付けましょう。

また、コノテガシワは根が浅いため強風で倒れてしまうので、支柱を立てて固定しましょう。

 
 

コノテガシワの水やり・肥料

鉢植えや、庭植えでも植えつけてから2年未満の株は、土の表面が乾いたらたっぷり水を与えましょう。庭植えで、植えつけてから2年以上経つ株は降雨だけで問題ありません。特に夏の暑い時期は、たっぷりと水やりをしましょう。

肥料は、寒肥として2月に油かすを与えましょう。肥料は生育のためですが、肥料が切れると葉っぱの色が悪くなり、樹形が乱れてしまいます。

 
 

コノテガシワの害虫や病気

害虫はスギドクガやミノガなどが発生することがあります。害虫は葉を食害しますので、見つけたら取り除き、薬剤散布で防除しましょう。

コノテガシワは病気の心配は特にありません。

 
 

コノテガシワの剪定

コノテガシワの樹形はある程度自然に整います。軽い剪定ならいつでも大丈夫ですが、強い剪定をする場合は新芽が出る前の3月が適期です。3月に幹の方まで風が入るように枝を間引くことで病害虫の予防にもなります。ただし、葉が残るようにしないと枯れてしまうので、葉は残しましょう。

また、コノテガシワは幹の下の方には枝が生えないので、樹高が高くなると葉っぱも枝もない部分が長く伸びてしまうので、大きくしたくない場合は芯止めをして樹高が高くならないようにしましょう。

 
 

グリーンライフイノベーションの画像2

 

コノテガシワの誕生木・誕生花・花言葉

コノテガシワは「2月14日」の誕生木です。

コノテガシワは「12月2日」の誕生花です。

コノテガシワの花言葉は「生涯変わらぬ愛」「一生変わらぬ友愛」です。

 
 

コノテガシワのアーティフィシャルグリーン

 
みなさん、アーティフィシャルグリーンをご存知でしょうか?
アーティフィシャルグリーンとは、天然素材を使って、本物そっくりに作られた植木や花、観葉植物のことです。
 あっちゃん
 

本物の樹木とは違い、アーティフィシャルグリーンだけの魅力やメリットがたくさんあります。

こんなメリットが!

  • 樹木の種類や大きさ、樹形、鉢などお好みのオーダーメイドが可能です。
  • 落ち葉や害虫、病気の心配もなく、お部屋を汚しません。
  • 日光に当てなくても枯れないので、置き場所を選びません。
  • 天然の樹木と違い、枯れる心配がなく水やりや剪定など、お手入れの手間がありません。
  • 光触媒加工を施すと、目に見えないウイルス・雑菌・悪臭・カビ菌などを分解して、空間をキレイにする効果もあります。
 

ホームセンターなどで販売している造花やアーティフィシャルは、どうしても偽物とわかってしまい、観賞価値がありません。

 
これはもう本物です!

グリーンピースのアーティフィシャルグリーンは、日本の職人が国内で作る業界最高のクオリティです。近くで見ても本物と見間違うほどの圧倒的クオリティで、景観や観賞価値を損ないません。

 

お好みの樹木をお好みの大きさにオーダーメイドも可能で、天然木を使ったMADE IN JAPANのアーティフィシャルグリーンは個人のご自宅をはじめ、さまざまな商業施設や有名施設でも採用され、多くの方に楽しまれています。実際の施工例などもご紹介しておりますので、ぜひ下のページも御覧ください。

 
 

コノテガシワのまとめ

コノテガシワはいかがでしたか?
コノテガシワは樹形を整えた姿が美しく、日本庭園にも洋風庭園にも植えられ、シンボルツリーとしても用いられます。
育てるのはそんなに難しくないので、みなさんも是非コノテガシワを育ててみてはいかがでしょう!
 あっちゃん
 

Copyright© グリーンピース , 2021 All Rights Reserved.