クロモジの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

クロモジの花

こちらでは、クロモジの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフラワーショップ店長が監修した、植物の特徴から詳しい育て方やお手入れ方法、収穫方法、植物の写真や誕生花、花言葉までさまざまな情報をご紹介します。
 あっちゃん
 
 

この記事の監修者

造園職人あっちゃんプロフィール

クロモジとは

 
 

植物名   クロモジ


学 名   Lindera umbellata


和 名   黒文字


英 名   Lindera umbellata


科 名   クスノキ科


属 名   クロモジ属


 

アーティフィシャルグリーン【グリーンピース】

 

クロモジの特徴

クロモジは樹高3m〜7m程になるクスノキ科の落葉低木です。日本では3月〜4月頃に開花します。

クロモジの若枝は黄緑色で、絹毛が生えますが成長すると毛はなくなり、すべすべした肌になり、次第に黒い斑紋が出ます。また、古くなると次第にざらついた灰色の樹皮に覆われます。

クロモジの花は雌雄異株で、葉が展開するのと同じ頃に、葉脇から出た散形花序に、小さな薄黄色の6弁花を多数付けます。花びらは半透明で、その繊細さが美しく、生け花の花材にも使われます。

クロモジの葉は互生する単葉で、長さ5cm~10cm、幅1cm~3cm程の倒卵状長楕円形で先端が尖ります。表面は濃緑色で、裏面ははじめ絹毛に覆われていますが、成葉になると無毛になり、やや白っぽくなります。秋になると黄葉します。

クロモジの果実は、径5mm程の球形の液果で、光沢があり秋になると黒く熟します。果実の中には種子が1個入っていて、種子は長さ5mm程の偏球形から球形で、光沢のない灰褐色です。

 
 

クロモジの利用

クロモジはそのまま庭木として植栽されるほか、独特の味わいがある枝を束ねて作った垣根や袖垣は「クロモジ垣」と呼ばれ、日本庭園などに用いられます。

クロモジの花びらは半透明で、その繊細さが美しく、開花期の枝は生け花の花材にも使われます。

クロモジは爪楊枝の代表格としてよく知られ、「黒文字」の名は爪楊枝の代名詞にもなっています。根本に樹皮を残して作られた爪楊枝は高級品として茶席の和菓子などに添えられます。

クロモジの枝と葉は薬用になり、保温、芳香性健胃などの効能があると言われ、枝葉を入浴剤として使い、肩こりや腰痛、関節痛に効くと言われています。また、焼酎などに漬け込み薬用酒としても利用されています。

クロモジの枝葉や果実は、芳香精油を含み、蒸留油は香料として用いられ、かつては化粧品、石鹸などに使われ、輸出もされていました。

 

クロモジと似ている樹木

クロモジと似ている樹木に「シロモジ(白文字)」があります。雰囲気は似ていますが、シロモジは葉が裂けるのに対して、クロモジの葉は裂けません。また、クロモジは花の後に若葉が展開しますが、シロモジは花と同時に若葉が展開します。

クロモジと同科別属の樹木に「アオモジ(青文字)」があります。クロモジやシロモジに対して、枝が緑色を帯びていることからアオモジという名前が付いています。また、クロモジと同じく葉は裂けません。

 

クロモジの詳細情報

園芸分類庭木・生け花
性質落葉低木
開花時期3月〜4月
花色薄黄色
栽培難易度
耐寒性普通
耐暑性強い
耐陰性普通
 
 

クロモジの詳しい育て方

クロモジは日本原産で、本州の関東以西、四国、九州の低山や疎林の斜面に自生しています。早春の花が少ない時期に、美しい花を咲かせるので、公園樹として植えられることもあります。

 

クロモジの苗植え

苗植えの適期は落葉期の11月〜2月頃です。あまり日当たりが良い場所ですと、乾燥で傷んでしまうので、半日陰が適しています。

用土はあまり選ばないので、赤玉土に腐葉土や堆肥を混ぜたものに植え付けて、たっぷり水やりをしましょう。鉢植えの場合は、市販の花と野菜の培養土で植え付けをしましょう。

 
 

クロモジの水やり・肥料

根付くまでは表面が乾いたら水やりをします。根付いてからは降雨で問題ありませんが、夏の日照りのときは水やりをしましょう。鉢植えの場合は、土がしっかりと乾いてから水やりをしましょう。

肥料は寒肥として、2月頃に油粕を株の周囲に穴を掘って混ぜ込みましょう。根に直接肥料が当たってしまうと肥料焼けしてしまいす。

 
 

クロモジの害虫や病気

害虫はハダニやカイガラムシなどが発生することがあります。葉を食害されることがありますので、見つけたら取り除き、薬剤散布で防除しましょう。

病気はすす病があります。害虫の排泄物が原因で、病気になり葉が黒い粉で覆われてしまい、光合成ができなくなり株が弱ってしまいます。見つけたら取り除き、薬剤散布で防除しましょう。

 

 

クロモジの剪定

クロモジの成長速度は比較的ゆっくりで、自然樹形を楽しむ樹木であり、刈り込みや強い剪定は観賞価値を損ないます。

剪定の適期は落葉期の12月〜翌2月頃で、横に伸びた徒長枝や混み合っている枝、枯れ枝などを切り取りながら整えましょう。

 
 

グリーンライフイノベーションの画像1

 

クロモジの誕生木・誕生花・花言葉

クロモジは「3月5日」の誕生木です。

クロモジは「3月21日」の誕生花です。

クロモジの誕生花は「誠実で控えめ」です。

 
 

クロモジのアーティフィシャルグリーン

 
みなさん、アーティフィシャルグリーンをご存知でしょうか?
アーティフィシャルグリーンとは、天然素材を使って、本物そっくりに作られた植木や花、観葉植物のことです。
 あっちゃん
 

本物の樹木とは違い、アーティフィシャルグリーンだけの魅力やメリットがたくさんあります。

こんなメリットが!

  • 樹木の種類や大きさ、樹形、鉢などお好みのオーダーメイドが可能です。
  • 落ち葉や害虫、病気の心配もなく、お部屋を汚しません。
  • 日光に当てなくても枯れないので、置き場所を選びません。
  • 天然の樹木と違い、枯れる心配がなく水やりや剪定など、お手入れの手間がありません。
  • 光触媒加工を施すと、目に見えないウイルス・雑菌・悪臭・カビ菌などを分解して、空間をキレイにする効果もあります。
 

ホームセンターなどで販売している造花やアーティフィシャルは、どうしても偽物とわかってしまい、観賞価値がありません。

 
これはもう本物です!

グリーンピースのアーティフィシャルグリーンは、日本の職人が国内で作る業界最高のクオリティです。近くで見ても本物と見間違うほどの圧倒的クオリティで、景観や観賞価値を損ないません。

 

お好みの樹木をお好みの大きさにオーダーメイドも可能で、天然木を使ったMADE IN JAPANのアーティフィシャルグリーンは個人のご自宅をはじめ、さまざまな商業施設や有名施設でも採用され、多くの方に楽しまれています。実際の施工例などもご紹介しておりますので、ぜひ下のページも御覧ください。

 
 

クロモジのまとめ

クロモジはいかがでしたか?
クロモジは葉や枝振りなどの樹形や雰囲気を楽しむ樹木です。花も美しく、秋には紅葉も楽しめるため、雑木風の庭などに用いられます。
育てるのはそんなに難しくないので、シンボルツリーとして、みなさんも是非クロモジを育ててみてはいかがでしょう!
 あっちゃん