マサキの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

こちらでは、マサキの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフローリストが監修した、植物の特徴から詳しい育て方や収穫方法など、植物の写真や誕生花、花言葉まで様々な情報をご紹介します。
 

マサキとは

 

植物名   マサキ


学 名   Euonymus japonicus


和 名   柾 / 正木


別 名   下記に記載


英 名   Japanese spindle


科 名   ニシキギ科


属 名   ニシキギ属


 

 

マサキの特徴

マサキは樹高5m程になる常緑低木です。あまり目立ちませんが、6月〜7月頃にかけて花を咲かせます。

マサキの花は、葉腋から集散花序を伸ばし、小さい黄緑色の径7〜8mmの4弁花を咲かせます。

マサキの葉は、短い葉柄をもって対生する単葉で、倒卵円形から楕円形で光沢があり、肉厚で革質です。縁には低い鋸歯(きょし)があり、斑入りのものもあります。

マサキの果実は、花が終わると果実を実らせ、熟すと4つに裂けて、中から朱色で光沢のある種子が出てきます。

 

マサキの別名と品種

マサキには別名として「大葉柾(オオバマサキ)」、「長葉柾(ナガバマサキ)」、「小葉柾(コバマサキ)」、「房州柾(ボウシュウマサキ)」、「屋久島柾(ヤクシママサキ)」などの呼び方がありますが、これはマサキの事を指す名前や、またはマサキの変種を指す名前など、様々な説があります

また、マサキには多くの園芸品種があり、葉や背丈が小さい「ヒメマサキ」、明るい葉が特徴の「キフクリンマサキ」、葉に班が入り明るい「キンマサキ」、葉が黄色くなる「オウゴンマサキ」など、カラーリーフとして葉色の明るいものや、斑入りの園芸品種がたくさんあります。

 

マサキの詳細情報

園芸分類庭木・盆栽・切り花
性質常緑低木
開花時期6月〜7月
花色黄緑色
栽培難易度
耐寒性強い
耐暑性強い
耐陰性普通
 

マサキの詳しい育て方

マサキは日本、中国、朝鮮半島の原産で、全国に分布しています。刈り込みに強く、密生することから庭木や生け垣としてよく利用されています。

 

マサキの苗植え

苗植えは3月〜4月と、9月〜10月が適期です。日当たりが良く風通しの良い場所を好みます。土質は選ばないので一般的な赤玉土に腐葉土を混ぜたものか、市販の培養土を使用しましょう。

マサキは細かい根がたくさん張り出す性質ですので、しっかり耕して土を柔らかくし、根の間までしっかりと土が行き渡るように植え付けて、たっぷり水やりをしましょう。

 

マサキの水やり・肥料

根付くまでは表面が乾いたら水やりをしましょう。根付いてからは降雨で問題ありません。

肥料は、1月〜2月頃に寒肥として有機質肥料を株元の周辺に埋めておきましょう。

 

マサキの害虫や病気

害虫はカイガラムシ、ミノウスバなどが発生することがあります。葉を食害しますので、見つけたら取り除き、薬剤散布で防除しましょう。

病気は梅雨時期になると、うどんこ病が発生します。風通しや日当たりが悪いと発生しやすいので、風通しを良くし殺菌剤を散布して被害を食い止めましょう。

 

マサキの剪定

成長は早いので伸びてきたら刈り込んで形を整えましょう。混み合っている枝や枯れ枝も早めに整理しましょう。剪定の時期は、新しい枝が出始める時期や開花前が適期ですが、夏の暑い時期は避けましょう。

 

 

マサキの誕生木・誕生花・花言葉

マサキは「10月11日」の誕生木です。

マサキは「1月31日」の誕生花です。

マサキの花言葉は「厚遇」「円満」です。

 

マサキのまとめ

マサキはいかがでしたか?
マサキは花よりも、葉を鑑賞するカラーリーフとして、明るい色の葉や斑入りの葉などの園芸品種が人気があります。
育てるのはそんなに難しくないので、みなさんも是非マサキを育ててみてはいかがでしょう!
 

Copyright© グリーンピース , 2021 All Rights Reserved.