タニウツギの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

タニウツギの花の拡大

こちらでは、タニウツギの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフラワーショップ店長が監修した、植物の特徴から詳しい育て方やお手入れ方法、収穫方法、植物の写真や誕生花、花言葉までさまざまな情報をご紹介します。
 あっちゃん
 
 

この記事の監修者

造園職人あっちゃんプロフィール

タニウツギとは

タニウツギの木

 

植物名   タニウツギ


学 名   Weigela hortensis


和 名   谷空木


別 名   紅空木(ベニウツギ)


英 名   Japanese weigela


科 名   スイカズラ科


属 名   タニウツギ属


 

お花の定期便【グリーンピース】

 

タニウツギの特徴

タニウツギの開花

 

タニウツギは樹高3m〜5m程になるスイカズラ科の落葉低木です。日本では5月〜6月頃に開花します。

タニウツギの樹皮は灰褐色で、縦に裂け剥がれます。若枝は赤みを帯びて、無毛または毛が生えます。

タニウツギの葉は対生する単葉で、長さ5cm〜12cm、幅2cm〜6cm程の楕円形です。表面ははじめ毛が生えますが、後に無毛になり、裏面は白い軟毛が密に生えて、縁には細かい鋸歯(きょし)があります。

タニウツギの花は、その年に伸びた枝先や葉腋に散房花序を出して、多数の花を付けます。花冠は淡い紅色になり、径2cm程の漏斗状で、先端が5裂して、内側よりも外側の方が色が濃くなり、蕾はさらに濃くなります。雄しべは5本で、雌しべは1本あり、花柱は雄しべより長くなります。

タニウツギの果実は蒴果で、長さ1cm〜2cm、幅2mm〜3mm程の細い筒形で、熟すと先端部と中軸を残して2裂し、翼のある1mm程の種子を出します。

 

タニウツギの名前

タニウツギは、山地の谷沿いに自生することと、「ウツギ(空木)」のように幹の中に「髄」がなく、空洞になっていることから「谷空木(タニウツギ)」という名前が付けられていますが、ウツギはアジサイ科の植物なので全く別種の樹木です。

タニウツギは花色が美しいため、古くから鑑賞目的で植栽されている樹木の一つです。また、田植えの時期に開花するため、農作の目安にされる「田植え花(タウエバナ)」という異名があります。

ほかにも、材木を葬儀の際に骨を拾う箸に利用したことから「葬式花(ソウシキバナ)」いう異名や、花が燃えるように美しく、花の時季には辺り一面が山火事になったように見えることから「火事花(カジバナ)」などの異名があり、地域によっては嫌われている樹木でもあります。

 
 

タニウツギの近縁種

タニウツギは淡紅色の花を咲かせることから、「紅空木(ベニウツギ)」という別名があり、本種タニウツギよりも更に真紅に近い花色の「オオベニウツギ」という品種もあります。稀に白い花を咲かせる「シロバナタニウツギ」という品種や、白〜紅色に花色が変化する「ニシキウツギ(二色空木)」や、「ハコネウツギ(箱根空木)」という品種もあります。

 

タニウツギの詳細情報

園芸分類庭木
性質落葉低木
開花時期5月〜6月
花色淡紅色
栽培難易度
耐寒性強い
耐暑性強い
耐陰性普通
 
 

タニウツギの詳しい育て方

タニウツギの蕾

タニウツギは日本原産の固有種で、北海道から山陰地方の日本海側を中心とした山地の谷沿いや斜面に多く自生しています。関東地方ではニシキウツギが多く、信越県境付近から日本海側ではタニウツギが多く分布します。

 

タニウツギの植え付け

植え付けの適期は11月〜翌3月頃です。日当たりの良い場所から日陰でも育ちますが、日陰では花付きが悪くなります。用土はあまり選びませんので、赤玉土に腐葉土と堆肥を混ぜたものに植え付けて、たっぷりと水やりをしましょう。

 

タニウツギの水やり・肥料

根付くまでは表面が乾いたら水やりをしましょう。根付いてからは降雨で問題ありませんが、乾燥が続くようであれば水やりをしましょう。

肥料はあまり必要としませんので、与える場合は開花後に、堆肥を施す程度にしましょう。

 
 

タニウツギの害虫や病気

害虫はアブラムシが発生することがあります。食害により株が弱ってしまうので、見つけたらすぐに取り除き、薬剤散布で防除しましょう。

病気はうどんこ病にかかりやすく、葉に粉をまぶしたように白くなる病気です。はじめはポツポツと白く粉をふいているように見えますが、悪化すると葉の全体が真っ白になり、葉にカビが生えたようになってしまいます。見つけたら早めに葉を取り除き、殺菌剤を散布して被害を食い止めましょう。

 

タニウツギの剪定

タニウツギは8月〜10月頃に翌年の花芽が形成されるため、開花後の6月〜7月頃が剪定の適期です。夏以降に剪定をすると花芽を落としてしまいます。

タニウツギは放任すると大株になり、枝も混み合って風通しも悪くなります。花は今年伸びた枝に咲きますので、咲き終わった枝を剪定しましょう。枯れた枝や混み合っている枝があれば根本から切り戻し、徒長枝は樹形を乱すため切り戻しましょう。

地際から出る3~4本の幹を主軸として、上部の枝が広がるように茂る扇状がもっとも自然樹形に近く適した樹形です。3年以上経って、古くなった枝は地際から切り取り、新しい枝を育てるための更新剪定をしましょう。

樹形が乱れた場合に、枝先を軽く切ったり、枯れ枝を切る程度なら、落葉期の12月〜翌2月頃でも大丈夫です。ただし、この時期の剪定は花芽を落としてしまうため、強く枝を切るような剪定は避けましょう。

 

グリーンライフイノベーションの画像2

 

タニウツギの誕生木・誕生花・花言葉

タニウツギの花

 

タニウツギは「6月11日」の誕生木です。

タニウツギは「5月31日」「7月11日」の誕生花です。

タニウツギの花言葉は「豊麗」です。

 

タニウツギのアーティフィシャルグリーン

タニウツギの葉
 
みなさん、アーティフィシャルグリーンをご存知でしょうか?
アーティフィシャルグリーンとは、天然素材を使って、本物そっくりに作られた植木や花、観葉植物のことです。
 あっちゃん
 

本物の樹木とは違い、アーティフィシャルグリーンだけの魅力やメリットがたくさんあります。

こんなメリットが!

  • 樹木の種類や大きさ、樹形、鉢などお好みのオーダーメイドが可能です。
  • 落ち葉や害虫、病気の心配もなく、お部屋を汚しません。
  • 日光に当てなくても枯れないので、置き場所を選びません。
  • 天然の樹木と違い、枯れる心配がなく水やりや剪定など、お手入れの手間がありません。
  • 光触媒加工を施すと、目に見えないウイルス・雑菌・悪臭・カビ菌などを分解して、空間をキレイにする効果もあります。
 

ホームセンターなどで販売している造花やアーティフィシャルは、どうしても偽物とわかってしまい、観賞価値がありません。

 
これはもう本物です!

グリーンピースのアーティフィシャルグリーンは、日本の職人が国内で作る業界最高のクオリティです。近くで見ても本物と見間違うほどの圧倒的クオリティで、景観や観賞価値を損ないません。

 

お好みの樹木をお好みの大きさにオーダーメイドも可能で、天然木を使ったMADE IN JAPANのアーティフィシャルグリーンは個人のご自宅をはじめ、さまざまな商業施設や有名施設でも採用され、多くの方に楽しまれています。実際の施工例などもご紹介しておりますので、ぜひ下のページも御覧ください。

 
 

タニウツギのまとめ

タニウツギの花の拡大

タニウツギはいかがでしたか?
タニウツギは場所を選ばずに育ち、あまり手間もかからない樹木で、淡い紅色の花が美しく、古くから鑑賞目的で植栽されています。
育てるのはそんなに難しくないので、みなさんも是非タニウツギを育ててみてはいかがでしょう!
 あっちゃん