モウセンゴケの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

こちらでは、モウセンゴケの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフローリストが監修した、植物の特徴から詳しい育て方や収穫方法など、植物の写真や誕生花、花言葉まで様々な情報をご紹介します。
 

モウセンゴケとは

 

植物名   モウセンゴケ


学 名   Drosera rotundifolia


和 名   毛氈苔


英 名   Sundew


科 名   モウセンゴケ科


属 名   モウセンゴケ属


 

 

モウセンゴケの特徴

モウセンゴケは草丈5cm〜20cm程になる多年草の食虫植物です。日本では6月〜8月頃に可愛い白い花を咲かせます。

モウセンゴケの花は、花茎の先端に総状花序を伸ばし、花序の一方に偏って数個の白い5花弁の花を咲かせます。花がらは始めは先端が渦巻のように丸まっていますが、花が咲くにつれて真っ直ぐになります。

モウセンゴケの葉はロゼット状に伸びて、葉柄があり円形で、一面に長い毛があります。その毛の先端から甘い香りがする粘液を出し、それに誘われてきた昆虫がくっつくと、粘毛と葉がそれを包むように曲がり、虫を消化吸収します。また、日当たりが良い場所で育つと粘毛は赤くなります。

モウセンゴケの果実は、長さ5mm程の長楕円形の蒴果です。

 

モウセンゴケの名前

モウセンゴケは、種小名の「rotundifolia」に由来する「マルバモウセンゴケ」と呼ばれることもあります。

モウセンゴケは漢字で「毛氈苔」と書き、苔という字が付きますが、花が咲いて種子を作りますので、苔の仲間ではなく、種子植物です。

また、自生している様子が、一面にフェルトを敷いたような毛氈のように見えることから毛氈苔という名前が付きました。

 

モウセンゴケの近縁種

モウセンゴケの近縁種に「ナガバノモウセンゴケ(長葉の毛氈苔)」、「サジバモウセンゴケ(匙葉毛氈苔)」、「トウカイコモウセンゴケ(東海小毛氈苔)」、「コモウセンゴケ(小毛氈苔)」などがあります。

コモウセンゴケは、葉の葉柄がハッキリ区別できず、次第に細くなって基部に続いていきます。ミズゴケが生える湿地よりは、水気の強い岩場などに生えて、長い根を伸ばします。コモウセンゴケは冬芽を作らず、そのままの姿で冬を越します。

 

モウセンゴケの詳細情報

園芸分類食虫植物
性質多年草
開花時期6月〜8月
花色白色
栽培難易度
耐寒性普通
耐暑性普通
耐陰性普通
 

モウセンゴケの詳しい育て方

モウセンゴケは北半球の亜寒帯や亜熱帯、温帯地域の原産で、100種類以上の品種があり、日本では北海道から九州の湿地帯に自生しています。また、絶滅危惧や準絶滅危惧に指定している都道府県もあります。

 

モウセンゴケの苗植え

苗植えの適期は2月〜3月頃です。モウセンゴケは日光にしっかり当ててあげると赤く綺麗になりますので、日当たりが良く風通しの良い湿地帯で管理しましょう。夏の高温期は明るい半日陰に移動させましょう。

用土は水苔単体か、小粒の赤玉土に鹿沼土、ピートモスをブレンドしたものを使いましょう。一般的な培養土では枯れてしまいます。

 

モウセンゴケの水やり・肥料

土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをしましょう。モウセンゴケは乾燥に弱いので、水切れしないように、受け皿に水を張って用土に吸水させる腰水でも管理できます。冬の休眠期は水やりを控えめにしましょう。

モウセンゴケに肥料は必要ありません。虫から栄養素を吸収しますが、意図的に虫などを与える必要はありません。

 

モウセンゴケの害虫や病気

害虫はアブラムシやハダニなどが発生することがあります。モウセンゴケは食虫植物ですが、害虫には弱いので、見つけたら取り除き、薬剤散布で防除しましょう。

モウセンゴケは病気の心配は特にありません。

 

モウセンゴケの花がら摘み

モウセンゴケは花が終わると種子ができます。花を咲かせると葉の生育が弱るので、種子を採取しない場合は、早めに摘み取りましょう。

 

 

モウセンゴケの誕生花・花言葉

モウセンゴケは「7月1日」「7月14日」の誕生花です。

モウセンゴケの花言葉は「詐欺」「物思い」「不誠実」「セレナーデ」「あなたに捧げる恋の歌」です。

 

モウセンゴケのまとめ

モウセンゴケはいかがでしたか?
モウセンゴケは葉の表面にある線毛から出る粘液で虫を捕まえる食虫植物で、緑と赤のコントラストや白いお花がキュートで人気があります。
育てるのはそんなに難しくないので、みなさんも是非モウセンゴケを育ててみてはいかがでしょう!
 

Copyright© グリーンピース , 2021 All Rights Reserved.