ホテイアオイの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

こちらでは、ホテイアオイの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフローリストが監修した、植物の特徴から詳しい育て方や収穫方法など、植物の写真や誕生花、花言葉まで様々な情報をご紹介します。
 

ホテイアオイとは

 

植物名   ホテイアオイ


学 名   Eichhornia crassipes


和 名   布袋葵


別 名   布袋草(ホテイソウ)/ ウォーターヒヤシンス


英 名   Water hyacinth


科 名   ミズアオイ科


属 名   ホテイアオイ属


 

 

ホテイアオイの特徴

ホテイアオイは草丈40cm程になる多年性の浮遊性水生植物です。日本では6月〜9月に水面に美しい花を咲かせます。

ホテイアオイの花は、水面から直立する花茎に総状花序を出します。花は径5cm程で淡い紫色で、花冠は6つに裂け、上部の1片には中央に黄斑があり、その周りが濃い青紫色になります。

ホテイアオイの葉は、長さ4cm〜10cm程の倒卵形で艶があります。葉柄は丸く膨らんで浮き袋状になります。よく育つと浮き袋は楕円形になり、水面から10cm程立ち上がります。

花が終わると花茎は曲がって先端を水中に沈め、水中で果実が成長します。熟した果実は水中で裂開し、水中に種子をばら撒きます。また、種子から発芽すると泥の中に根を張り、株が大きくなると葉柄に浮き袋を作り、水面に出て成長します。

 

ホテイアオイの名所

埼玉県行田市の「水城公園あおいの池」や奈良県橿原市の「本薬師寺跡のホテイアオイ」、鹿児島県日置市の「正円池のホテイアオイ」など各地にホテイアオイの群生地があり、数万株が咲き誇る景色は名所として楽しまれています。

 

ホテイアオイの詳細情報

園芸分類水生植物・切り花
性質多年草
開花時期6月〜9月
花色薄紫色
栽培難易度
耐寒性弱い
耐暑性強い
耐陰性普通
 

ホテイアオイの詳しい育て方

ホテイアオイは南アメリカ原産で、流れの緩やかな川などの水面に浮かんで生育しています。日本には、花が美しい水草ということで、明治時代に観賞用として持ち込まれ、繁殖力が強く、現在では本州中部以南の各地で野生化しています。

 

ホテイアオイの苗植え

苗植えは5月〜8月頃の水温が上がってきた時期が適期です。睡蓮鉢などに水を張り、浮かべるだけで育ちます。用土は特に必要ありません。

 

ホテイアオイの水やり・肥料

水に浮かべているため、水やりの必要はありませんが、水が汚れている時は、水を入れ替えましょう。

ホテイアオイは繁殖力が旺盛で、肥料を与えると一気に増殖ます。与えなくても育つので、増やしたくない場合は肥料を与えないようにしましょう。

 

ホテイアオイの害虫や病気

害虫被害は特にありません。

病気の被害も特にありません。

 

ホテイアオイの剪定

剪定の必要はありませんが、枯れ葉などは取り除きましょう。

 

ホテイアオイの冬越し

ホテイアオイは多年草ですが、日本の気温では一年草になりますので、冬には枯れてしまいます。越冬させる場合は、室内の日当たりの良い場所に移動し、5℃以下にならないように管理しましょう。

 

 

ホテイアオイの誕生花・花言葉

ホテイアオイは「7月13日」「8月7日」「9月1日」の誕生花です。

ホテイアオイの花言葉は「好意」「揺れる心」「恋の悲しみ」「恋の楽しみ」です。

 

ホテイアオイのまとめ

ホテイアオイはいかがでしたか?
ホテイアオイは浮き袋で水に浮かぶ特徴的な水生植物です。美しいお花は観賞価値が高く、メダカと一緒にビオトープとしても人気があります。
育てるのは簡単なので、みなさんも是非ホテイアオイを育ててみてはいかがでしょう!
 

Copyright© グリーンピース , 2021 All Rights Reserved.