ポプラの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

ポプラの葉

こちらでは、ポプラの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフラワーショップ店長が監修した、植物の特徴から詳しい育て方やお手入れ方法、収穫方法、植物の写真や誕生花、花言葉までさまざまな情報をご紹介します。
 あっちゃん
 
 

この記事の監修者

造園職人あっちゃんプロフィール

ポプラとは

 
 

植物名   ポプラ


学 名   Populus


和 名   ポプラ


別 名   西洋箱柳(セイヨウハコヤナギ)/ イタリアヤマナラシ


英 名   Poplar


科 名   ヤナギ科


属 名   ヤマナラシ属


 

アーティフィシャルグリーン【グリーンピース】

 

ポプラの特徴

ポプラは樹高20m〜30m程になるヤナギ科の落葉高木です。紅葉や美しい樹形が特徴の樹木です。

ポプラは幹が真っすぐ上に伸びて、枝も横へ張らず、幹に沿うように立ち上がり、すっきりとした円柱形のような樹形になります。樹皮は若いうちは灰色で平滑ですが、成木では灰褐色~黒褐色になり、樹齢を重ねると不規則に剥離します。

ポプラの花は雌雄異株で、、葉が展開する前の4月~5月頃が開花期です。雄花序は暗赤色で、雌花序は黄緑色になり、長さ4cm~10cm程の尾状花序で、前年枝の枝先から下垂します。

ポプラの葉は互生し、長さ5cm~12cm程で、葉先は急に狭くなって尖る菱状三角形です。表面は濃緑色で光沢があり、裏面は淡緑色で、縁には細かい鋸歯(きょし)があります。葉柄は扁平で、2cm~5cm程の長さがあり、少しの風でもサラサラと揺らぎます。秋になると緑〜黄色〜赤紫色に紅葉します。

ポプラの果実は蒴果で。長さ15cm~20cm程の長楕円形で、花が終わった5月~6月頃に熟し、タンポポの種子のような綿毛が飛び立ちます。この綿毛には褐色の種子が包まれています。

 

ポプラの詳細情報

園芸分類庭木
性質落葉高木
開花時期5月〜6月
花色暗赤色・黄緑色
栽培難易度
耐寒性強い
耐暑性やや弱い
耐陰性やや弱い
 
 

ポプラの詳しい育て方

ポプラはヨーロッパ原産で、日本には明治時代に渡来し、北海道などの寒冷地に植栽されました。活着が良く、成長が早いため並木や街路樹、防風林として植えられています。北海道大学のポプラ並木が有名です。

 

ポプラの苗植え

苗の植え付けは3月〜4月頃が適期です。湿気を好みますが、日当たりを好む「陽樹」なので日光が当たる場所を選びましょう。

用土はあまり選びませんので、赤玉土に腐葉土を混ぜて植え付けたら、たっぷり水やりをしましょう。ポプラは根が浅く張るため強風に弱いので、風の当たらない場所を選ぶか、ある程度大きくなるまでは支柱で支えましょう。

 

ポプラの水やり・肥料

根付いてからは降雨で問題ありませんが、乾燥していたら水やりをしましょう。夏の高温期は乾燥しやすいので、しっかりと水やりをして乾燥させないようにしましょう。

肥料はあまり必要としませんが、与える場合は寒肥として2月頃に有機質の肥料を与えましょう。

 
 

ポプラの害虫や病気

害虫はクワカミキリやコウモリガ、シロスジカミキリなどが発生することがあります。幹や枝、新梢を食害し、穴を開けます。見つけたら取り除くか、早めに薬剤散布で駆除しましょう。

病気は葉さび病や腐らん病があります。葉さび病は葉に小班点ができたり、腐らん病は発病部に褐斑が広がり、枝枯れの症状を引き起こします。見つけたら病気の部分を取り除き、殺菌剤などで防除しましょう。

 

 

ポプラの剪定

剪定の適期は11月〜翌2頃です。樹勢が強く成長が早い性質があり、根張りが浅く強風時の倒木を防ぐため、枝を透かすような剪定を行いましょう。混み合っている枝や枯れ枝を取り除き、円柱形に整えましょう。

 
 

グリーンライフイノベーションの画像1

 

ポプラの誕生木

ポプラは「2月16日」の誕生木です。

ポプラは「1月28日」「3月11日」「3月27日」の誕生花です。

ポプラの花言葉は「勇気」「哀歌」「度胸」「敏感」「時間」などがあります。

「勇気」という花言葉は、ギリシャ神話でポプラの木はヘラクレスに捧げられています。ポプラに毒消しの薬効があることを発見した英雄ヘラクレスにちなんで付けられたと言われています。

「時間」と言う花言葉は、太陽の神アポロンの息子のパエトンが、上手に馬を操ることができず、野山を燃やしたりナイル川の水を干上がらせたりしたため、大神ゼウスの雷で撃ち落とされ死んでしまいました。パエトンの死を知った姉妹はポプラの姿に変わり、その涙はポプラの葉が陽に輝く雫になり、その葉の裏表の色の違いが昼と夜を思わせることにちなんで付けられたと言われています。

 

ポプラのアーティフィシャルグリーン

 
みなさん、アーティフィシャルグリーンをご存知でしょうか?
アーティフィシャルグリーンとは、天然素材を使って、本物そっくりに作られた植木や花、観葉植物のことです。
 あっちゃん
 

本物の樹木とは違い、アーティフィシャルグリーンだけの魅力やメリットがたくさんあります。

こんなメリットが!

  • 樹木の種類や大きさ、樹形、鉢などお好みのオーダーメイドが可能です。
  • 落ち葉や害虫、病気の心配もなく、お部屋を汚しません。
  • 日光に当てなくても枯れないので、置き場所を選びません。
  • 天然の樹木と違い、枯れる心配がなく水やりや剪定など、お手入れの手間がありません。
  • 光触媒加工を施すと、目に見えないウイルス・雑菌・悪臭・カビ菌などを分解して、空間をキレイにする効果もあります。
 

ホームセンターなどで販売している造花やアーティフィシャルは、どうしても偽物とわかってしまい、観賞価値がありません。

 
これはもう本物です!

グリーンピースのアーティフィシャルグリーンは、日本の職人が国内で作る業界最高のクオリティです。近くで見ても本物と見間違うほどの圧倒的クオリティで、景観や観賞価値を損ないません。

 

お好みの樹木をお好みの大きさにオーダーメイドも可能で、天然木を使ったMADE IN JAPANのアーティフィシャルグリーンは個人のご自宅をはじめ、さまざまな商業施設や有名施設でも採用され、多くの方に楽しまれています。実際の施工例などもご紹介しておりますので、ぜひ下のページも御覧ください。

 
 

ポプラのまとめ

ポプラはいかがでしたか?
ポプラは大木になり、並木道を通るとサラサラと揺れる葉が特徴で、その葉が黄色や赤に紅葉した景観も美しい樹木です。
大きくなるのでスペースが必要ですが、育てるのはそんなに難しくないので、みなさんも是非ポプラを育ててみてはいかがでしょう!
 あっちゃん
 

Copyright© グリーンピース , 2021 All Rights Reserved.