セイヨウトチノキ(マロニエ)の植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

セイヨウトチノキの熟した果実

こちらでは、セイヨウトチノキ(マロニエ)の植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフラワーショップ店長が監修した、植物の特徴から詳しい育て方やお手入れ方法、収穫方法、植物の写真や誕生花、花言葉までさまざまな情報をご紹介します。
 あっちゃん
 
 

この記事の監修者

造園職人あっちゃんプロフィール

セイヨウトチノキとは

セイヨウトチノキの木

 

植物名   セイヨウトチノキ


学 名   Aesculus hippocastanum


和 名   西洋栃の木


別 名   マロニエ / 馬栗(ウマグリ) / 洋種栃の木


英 名   Horse chestnut / Conker tree


科 名   ムクロジ科


属 名   トチノキ属


 

アーティフィシャルグリーン【グリーンピース】

 

セイヨウトチノキの特徴

セイヨウトチノキの未熟果

 

セイヨウトチノキは樹高20m〜35m程になるムクロジ科の落葉高木です。日本では5月〜6月頃に開花します。

セイヨウトチノキの葉は対生する掌状複葉で、小葉は5~7枚あります。小葉は長さ15cm~30cm程になり、縁には粗い鋸歯(きょし)があります。葉柄は7cm〜20cm程あり、秋には黄葉します。また、葉が落ちた後に枝に残る葉痕は、7つの「爪」を備えた馬蹄形になるのも特徴です。

セイヨウトチノキの花は、長さ15cm~30cm程になる円錐形の複総状花序を直立させて、20~50個程の花を付けます。花は白色の4弁花で、赤い模様があります。また、雄しべは花弁より長く、上向きに反ります。

セイヨウトチノキの果実は蒴果で、径4cm〜5cm程の球形になり、表面にはトゲがあります。中には1〜3個のクリのような種子が入っています。種子は直径2cm〜4cm程の光沢のある茶色で、底に白色の跡があります。

 
世界四大街路樹

・本種セイヨウトチノキは、「プラタナス」、「ニレ」、「ボダイジュ」とともに、世界各地で街路樹として植栽されている樹木として世界四大街路樹と呼ばれています。

 

セイヨウトチノキの名前

セイヨウトチノキはヨーロッパを中心に各地で街路樹や公園樹として植栽されている樹木です。セイヨウトチノキの別名に「マロニエ」があります。マロニエとは、フランス語でセイヨウトチノキのほかに、「クリ(栗)」の意味もあります。また、別名に「馬栗(ウマグリ)」や、英語名に「Horse chestnut」があります。

「ウマグリ」や「Horse chestnut」という名前には、いろいろな説があり、馬の胸部疾患の治療薬として使用していたとする説や、若枝の葉痕が馬蹄形であるという説や、日本のクリに似て大きいことから付けられたという説もあります。ただし、日本のクリはブナ科なので、全く別種の樹木です。

 
 

セイヨウトチノキの近縁種

セイヨウトチノキは日本で植栽されている近縁種で同属の「トチノキ(栃の木)」は別の樹木ですが、日本ではトチノキをセイヨウトチノキといって紹介している間違ったケースもあるため注意が必要です。

北アメリカ原産の「アメリカアカバナトチノキ(亜米利加赤花栃の木)」は、赤い花を咲かせます。本種セイヨウトチノキとアメリカアカバナトチノキの交雑種に、ピンク色の花を咲かせる「ベニバナトチノキ(紅花栃の木)」があります。

 

セイヨウトチノキの毒性

セイヨウトチノキの果実は、クリに似ていますが、アルカロイドのサポニンやグルコシダーゼを含み、毒性があります。触っても危険はありませんが、食べないように注意が必要です。

この実は、鹿などの哺乳類は毒を分解して食べたり、馬にとっては健康に良いと言われていますが、証明はされていないため、食べさせない方が良いでしょう。

 
 

セイヨウトチノキの利用

セイヨウトチノキは美しい花や、特徴的な果実を鑑賞目的としてヨーロッパで並木や公園樹として数多く植栽されています。フランス・パリのシャンゼリゼ通りの並木は世界的にも有名です。また、アムステルダムの中央にあるセイヨウトチノキは「アンネの日記」で、「アンネ・フランクの木」として有名です。

セイヨウトチノキの果実は毒性がありますが、乾燥エキス剤に加工されていたり、食品添加物や石臼で挽いてリンネルや毛織物等の洗濯に利用されています。また、イギリスなどでは子どもが遊んだり、客間に飾るクモ避けに使われています。

 

セイヨウトチノキの詳細情報

園芸分類庭木
性質落葉高木
開花時期5月〜6月
花色白色
栽培難易度
耐寒性強い
耐暑性やや弱い
耐陰性普通
 
 

セイヨウトチノキの詳しい育て方

セイヨウトチノキの黄葉

セイヨウトチノキはバルカン半島の原産で、世界各地の温帯域で広く植栽されています。日本では公園や植物園などで見かけることができます。

 

セイヨウトチノキの植え付け

植え付けの適期は12月〜翌3月頃です。日当たりが良い場所を好みますが、西日が当たり乾燥する場所は避けましょう。用土は湿り気のある土壌を好むため、庭土に腐葉土と堆肥をたっぷり混ぜて、植え付けたらたっぷりと水やりをしましょう。

 

セイヨウトチノキの水やり・肥料

植え付けてから2年程は、土が乾燥したら水やりをしましょう。根付いてからは降雨でも問題ありませんが、株元の乾燥に弱いため、夏の高温で乾燥しやすい時期は水やりをしましょう。

肥料は、4月と11月頃に堆肥や鶏糞を株元に与えましょう。

 

セイヨウトチノキの害虫・病気

害虫はシラガタロウが発生することがあります。食害されると観賞価値が下がってしまったり、株が弱ってしまうため、見つけたら取り除き、薬剤を散布して防除しましょう。

病気は炭疽病があります。カビが原因で、赤褐色をした斑が葉っぱの表面に現れます。高温多湿の環境で、水はけが悪いと発生し、肥料の窒素分が多い時も助長されることがあります。感染した葉は取り除き、水和剤などを散布して拡大を防ぎましょう。

 

セイヨウトチノキの剪定

セイヨウトチノキは大きく成長し、自然樹形を楽しむ樹木です。狭いスペースで、小さく整えようとすると、不自然な樹形になってしまうため、自然樹形を保つように整えましょう。

剪定は12月〜翌2月頃の落葉期が適期です。混み合っている枝を切り戻し、徒長枝や枯れ枝を切り取りましょう。

 

グリーンライフイノベーションの画像1

 

セイヨウトチノキの誕生木・誕生花・花言葉

セイヨウトチノキの花

 

アメリカアカバナトチノキは「3月12日」の誕生木です。

セイヨウトチノキは「5月21日」の誕生花です。

セイヨウトチノキの花言葉は「贅沢」「博愛」「天才」「天分」などがあります。

 
 

セイヨウトチノキのアーティフィシャルグリーン

セイヨウトチノキの葉
 
みなさん、アーティフィシャルグリーンをご存知でしょうか?
アーティフィシャルグリーンとは、天然素材を使って、本物そっくりに作られた植木や花、観葉植物のことです。
 あっちゃん
 

本物の樹木とは違い、アーティフィシャルグリーンだけの魅力やメリットがたくさんあります。

こんなメリットが!

  • 樹木の種類や大きさ、樹形、鉢などお好みのオーダーメイドが可能です。
  • 落ち葉や害虫、病気の心配もなく、お部屋を汚しません。
  • 日光に当てなくても枯れないので、置き場所を選びません。
  • 天然の樹木と違い、枯れる心配がなく水やりや剪定など、お手入れの手間がありません。
  • 光触媒加工を施すと、目に見えないウイルス・雑菌・悪臭・カビ菌などを分解して、空間をキレイにする効果もあります。
 

ホームセンターなどで販売している造花やアーティフィシャルは、どうしても偽物とわかってしまい、観賞価値がありません。

 
これはもう本物です!

グリーンピースのアーティフィシャルグリーンは、日本の職人が国内で作る業界最高のクオリティです。近くで見ても本物と見間違うほどの圧倒的クオリティで、景観や観賞価値を損ないません。

 

お好みの樹木をお好みの大きさにオーダーメイドも可能で、天然木を使ったMADE IN JAPANのアーティフィシャルグリーンは個人のご自宅をはじめ、さまざまな商業施設や有名施設でも採用され、多くの方に楽しまれています。実際の施工例などもご紹介しておりますので、ぜひ下のページも御覧ください。

 
 

セイヨウトチノキのまとめ

セイヨウトチノキの果実

セイヨウトチノキはいかがでしたか?
セイヨウトチノキは、美しい花とクリに似たトゲのある果実が特徴で、ヨーロッパを中心に各地で街路樹などに用いられ、シャンゼリゼ通りの並木道などで有名な樹木です。
育てるのはそんなに難しくないので、みなさんも是非セイヨウトチノキを育ててみてはいかがでしょう!
 あっちゃん