アブラギリ(油桐)の植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

アブラギリの花の拡大

こちらでは、アブラギリ(油桐)の植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフラワーショップ店長が監修した、植物の特徴から詳しい育て方やお手入れ方法、収穫方法、植物の写真や誕生花、花言葉までさまざまな情報をご紹介します。
 あっちゃん
 
 

この記事の監修者

造園職人あっちゃんプロフィール

アブラギリとは

アブラギリの木

 

植物名   アブラギリ


学 名   Vernicia cordata


和 名   油桐


別 名   毒荏(ドクエ)


英 名   tung tree


科 名   トウダイグサ科


属 名   アブラギリ属


 

アーティフィシャルグリーン【グリーンピース】

 

アブラギリの特徴

アブラギリの新緑

 

アブラギリは樹高10m〜15m程になるトウダイグサ科の落葉高木です。日本では5月〜6月頃に花を咲かせます。

アブラギリの花は雌雄異株で、雄花序・雌花序ともに枝先に出る円錐花序に付きます。花は径4cm程で、花弁の長さは1.5cm〜2cm程の白色の5花弁で、開花後しばらくすると、花弁の基部や雄しべが赤色へと変化します。

アブラギリの葉は互生し、長さ10cm~15cm程の葉柄があり、葉身は長さ・幅ともに15cm~20cm程で、基部は心形になり、掌状に浅く3裂します。裏面はやや白色を帯びて、縁には鈍い鋸歯(きょし)があります。

アブラギリの果実は、長さ2.5cm程の扁球形の蒴果です。果実には3本の溝があり、中は3室に分かれていて、それぞれに1個の種子が入っています。

 
 

アブラギリの利用

アブラギリの材は軽く、柔らかく加工がしやすいため、下駄や家具、木箱などを作る材料に用いられます。

アブラギリの種子を絞って採れる油は、「桐油(きりゆ)」と呼び、不飽和脂肪酸を多く含む乾性油で、水に対する抵抗性が強いため、塗料や印刷インキ、油紙や提灯(ちょうちん)に使う油紙に使用されるほか、フローリングや木製家具の艶出しにも使われていました。

ただし、この油にはエレオステアリン酸など毒性を持つ不飽和脂肪酸を含むため、有毒なので食用にはできません。この事から、古くから種子の油を食用や塗料用として用いた「エゴマ(荏)」に対して「ドクエ(毒荏)」という別名があります。

 
 

アブラギリの名前

アブラギリは、油分を豊富に含み、葉や果実が「キリ(桐)」に似ていることから名付けられました。

中国では、「アブラギリ」や、「アオギリ(青桐)」など、科の異なる別種の樹木も「桐」の名前で総称されたため、古書には混乱が多く見られます。台湾では「桐」といえば本種アブラギリを指します。

他にも、「イイギリ(飯桐)」や、「ハリギリ(針桐)」など、「桐」と名の付く樹木はありますが、こちらも本種とは全く別種の樹木です。

 

アブラギリの詳細情報

園芸分類庭木
性質落葉高木
開花時期5月〜6月
花色白色
栽培難易度
耐寒性弱い
耐暑性普通
耐陰性普通
 
 

アブラギリの詳しい育て方

アブラギリの花と葉

アブラギリは中国などの東アジア原産で、日本には江戸時代に渡来し、資源採取の国策として植栽を奨励した時代がありましたが、現在ではその役目を終えたものが山野に放置され、自生しています。

 

アブラギリの苗植え

苗植えは3月〜4月と9月〜10月頃が適期です。日当たりを好みますが、多少の日陰でも育ちます。用土は、赤玉土に腐葉土とたい肥を混ぜて、植え付けたらたっぷりと水やりをしましょう。

 

アブラギリの水やり・肥料

根付いたら降雨だけで問題ありませんが、夏の乾燥が続くような場合は、水やりをしましょう。

肥料は特に必要としませんが、元気がないようであれば、寒肥として2月頃に、油かすを土にすき込みましょう。

 

アブラギリの害虫や病気

害虫はハマキムシ、カイガラムシなどが発生することがあります。幹や枝葉などを食害すると株が弱ってしまうので、見つけたら早めに取り除き、薬剤散布で防除しましょう。

アブラギリは病気の心配は特にありません。

 

アブラギリの剪定

アブラギリは成長すると大きくなります。また、剪定するとよく芽吹くので、放任すると横にも広がりますので、自然樹形を維持するのは難しいですが、スペースに応じて定期的に剪定をしましょう。

剪定の適期は、落葉期の12月〜翌2月頃で、徒長枝や枯れ枝、重なり合っている枝を切り落として、木の中まで日射しが入るように剪定をしましょう。

 

グリーンライフイノベーションの画像1

 

アブラギリのアーティフィシャルグリーン

アブラギリの果実
 
みなさん、アーティフィシャルグリーンをご存知でしょうか?
アーティフィシャルグリーンとは、天然素材を使って、本物そっくりに作られた植木や花、観葉植物のことです。
 あっちゃん
 

本物の樹木とは違い、アーティフィシャルグリーンだけの魅力やメリットがたくさんあります。

こんなメリットが!

  • 樹木の種類や大きさ、樹形、鉢などお好みのオーダーメイドが可能です。
  • 落ち葉や害虫、病気の心配もなく、お部屋を汚しません。
  • 日光に当てなくても枯れないので、置き場所を選びません。
  • 天然の樹木と違い、枯れる心配がなく水やりや剪定など、お手入れの手間がありません。
  • 光触媒加工を施すと、目に見えないウイルス・雑菌・悪臭・カビ菌などを分解して、空間をキレイにする効果もあります。
 

ホームセンターなどで販売している造花やアーティフィシャルは、どうしても偽物とわかってしまい、観賞価値がありません。

 
これはもう本物です!

グリーンピースのアーティフィシャルグリーンは、日本の職人が国内で作る業界最高のクオリティです。近くで見ても本物と見間違うほどの圧倒的クオリティで、景観や観賞価値を損ないません。

 

お好みの樹木をお好みの大きさにオーダーメイドも可能で、天然木を使ったMADE IN JAPANのアーティフィシャルグリーンは個人のご自宅をはじめ、さまざまな商業施設や有名施設でも採用され、多くの方に楽しまれています。実際の施工例などもご紹介しておりますので、ぜひ下のページも御覧ください。

 
 

アブラギリのまとめ

アブラギリの花

アブラギリはいかがでしたか?
アブラギリは、大きな葉っぱと綺麗な花が特徴の樹木で、油分を含み油を採取する木として利用されていました。
育てるのはそんなに難しくないので、みなさんも是非アブラギリを育ててみてはいかがでしょう!
 あっちゃん