アカガシの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

こちらでは、アカガシの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフローリストが監修した、植物の特徴から詳しい育て方や収穫方法など、植物の写真や誕生花、花言葉まで様々な情報をご紹介します。
 

アカガシとは

 

植物名   アカガシ


学 名   Quercus acuta


和 名   赤樫


別 名   大樫(オオガシ)/ 大葉樫(オオバガシ)


英 名   Japanese evergreen oak


科 名   ブナ科


属 名   コナラ属


 

 

アカガシの特徴

アカガシの木は樹高20m程になる常緑高木です。日本では5月〜6月にかけて花を咲かせます。

アカガシの幹は直径2.5m程になるものもあり、樹皮は灰黒色で分厚く、成長すると鱗状に割れ目ができて剥離します。

アカガシの花は雌雄同株で、雄花は新枝の下部からたくさんの花穂をぶら下げて黄緑色の花を多数咲かせます。雌花は上部の葉腋から直立した枝を出し、5~6個の花を咲かせます。

アカガシの葉は互生で、先端が細く伸びた長楕円形で、長さ7cm〜20cm程とカシ類の中で最も大きくなります。葉には厚みがあり、表面は光沢のある深緑、裏面はやや薄い色になります。また、カシ類に見られる鋸歯(きょし)はありません。

アカガシの果実(ドングリ)は、長さ2cm程の卵型です。熟したドングリは半分程が殻斗に覆われていて、殻斗には毛が密生し、6~7層の横輪の模様があります。

果実は、1年目は小さく、殻斗(帽子の部分)に隠れた状態ですが、2年目の夏頃に急速に成長して、秋頃に熟して茶褐色に色づきます。熟したものはアク抜きして食用にも用いられます。

 

アカガシの用途

植物名は、材が赤いことから付けられたと言われ、固くて優良材として様々なものに利用されています。水に強く緻密な材は建築材や船舶、楽器、山車の車輪、木刀、拍子木、下駄の歯、カンナの台などに用いられます。

 

天然記念物のアカガシ

日本国内には樹齢数百年以上の天然記念物に指定されているアカガシが多数あります。

国指定の天然記念物

  • 長崎県対馬市美津島町の「洲藻白嶽原始林」
  • 長崎県対馬市厳原町の「龍良山原始林」
 

都道府県指定の天然記念物

  • 宮城県富谷市の「鹿島天足別神社のアカガシ」
  • 栃木県大田原市の「湯泉神社アカガシの森」
  • 福島県双葉郡の「大聖寺のアカガシ樹群」
  • 東京都目黒区の「大鳥神社のオオアカガシ」
  • 東京都世田谷区の「桜小学校のオオアカガシ」
  • 山梨県甲州市の「上於曽のアカガシ」
  • 富山県富山市の「上滝不動尊境内の大アカガシ」
  • 富山県富山市の「寺家公園アカガシ群生林」
  • 大阪府豊能郡の「天王のアカガシ」
  • 兵庫県宍粟市の「池王神社のアカガシ」
  • 兵庫県淡路市の「常隆寺のスダジイ・アカガシ群落」
  • 滋賀県長浜市の「黒田のアカガシ」
 

市町村指定の天然記念物

  • 栃木県大田原市の「滝岡温泉神社のアカガシ」
  • 福島県石川郡の「塩釜神社のアカガシ樹叢」
  • 埼玉県比企郡の「椚平の姥樫」
  • 埼玉県さいたま市の「南中丸のアカガシ」
  • 東京都町田市の「清水寺アカガシ群落」
  • 静岡県静岡市の「杢左衛門の大赤樫」
  • 愛知県北設楽郡の「豊邦のアカガシ」
  • 広島県府中市の「諸毛艮神社のアカガシ」
  • 広島県廿日市市の「極楽寺のアカガシ」
  • 愛媛県松山市の「今治谷のアカガシ」
 

アカガシの詳細情報

園芸分類庭木
性質常緑高木
開花時期5月〜6月
花色黄緑色
栽培難易度
耐寒性強い
耐暑性強い
耐陰性普通
 

アカガシの詳しい育て方

アカガシは日本、中国、台湾、朝鮮半島の原産で、国内では中部以西の本州、四国、九州に分布しています。

庭木としての流通は少なく、木材としての利用が中心ですが、神社や大きなお屋敷では古くに植栽されたものが巨木となっていることもあります。関東ではあまり馴染みのないカシで、植栽数は東日本よりも西日本が多くあります。

 

アカガシの苗植え

苗の植え付けは、真冬でなければ植え付け可能です。日当たりがよく、水はけと風通しの良い場所を好みます。用土は選ばないので、地面を耕しながら腐葉土などを混ぜましょう。植え付けは根が地表すれすれくらいに浅めに植え付けましょう。

 

アカガシの水やり・肥料

根付くまでは表面が乾いたら水やりをします。根付いてからは降雨で問題ありません。

肥料は必要ありませんが、初春に緩効性肥料を与えても良いでしょう。

 

アカガシの害虫や病気

害虫には強い樹木です。
病気はうどんこ病が発生することがあります。うどん粉をまぶしたように白くなり、近くの葉っぱへ感染していきますので、病気の葉は全て取り除き、根の回りに殺菌剤を散布して被害を食い止めましょう。

 

アカガシの剪定

アカガシは剪定に強い樹木です。剪定をする時期は初夏や秋頃が良いでしょう。太い枝を剪定しても芽が出ますので、伸びすぎた枝、混み合って他の枝に干渉している枝を切り落とし、樹形を整えましょう。

 

 

アカガシのまとめ

アカガシはいかがでしたか?
アカガシは丈夫な樹木で、手間もかかりません。どんぐりが実る樹木のひとつで、どんぐり拾いや、食用としても楽しめます。
育てるのはそんなに難しくないので、みなさんも是非アカガシを育ててみてはいかがでしょう!
 

Copyright© グリーンピース , 2021 All Rights Reserved.