ヒイラギナンテンの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

ヒイラギナンテンの花

こちらでは、ヒイラギナンテンの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフラワーショップ店長が監修した、植物の特徴から詳しい育て方やお手入れ方法、収穫方法、植物の写真や誕生花、花言葉までさまざまな情報をご紹介します。
 あっちゃん
 
 

この記事の監修者

造園職人あっちゃんプロフィール

ヒイラギナンテンとは

ヒイラギナンテンの木

 

植物名   ヒイラギナンテン


学 名   Berberis japonica


和 名   柊南天


別 名   唐南天(カラナンテン)


英 名   Mahonia japonica


科 名   メギ科


属 名   メギ属


 

アーティフィシャルグリーン【グリーンピース】

 

ヒイラギナンテンの特徴

ヒイラギナンテンの紅葉

 

ヒイラギナンテンは樹高3m程になるメギ科の常緑低木です。日本では3月〜4月頃に黄色い小花を密生させます。

ヒイラギナンテンの花は、6花弁で香りがあり、枝先に横向きに倒れる総状花序に咲かせます。その中にある雄しべは、昆虫などが触れることによる刺激で内側に動いて、花粉をなすり付けるように動きます

ヒイラギナンテンの葉は互生する奇数羽状複葉で、長さ5cm〜10cm程の長楕円形で、肉厚で光沢があり、深い鋸歯(きょし)があります。葉は冬の寒さで紅葉します。

ヒイラギナンテンの果実は液果で、初夏の頃から球状の実を付け始め、秋頃にはブルーベリーのような黒紫色に熟し、表面には白い粉を吹きます。

 

ヒイラギナンテンの名前

ヒイラギナンテンの名前は、果実や木姿が「ナンテン(南天)」に似ていて、葉が「ヒイラギ(柊)」に似ていることが名前の由来と言われています。

 
 

ヒイラギナンテンの詳細情報

園芸分類庭木
性質常緑低木
開花時期3月〜4月
花色黄色
栽培難易度
耐寒性強い
耐暑性強い
耐陰性やや弱い
 
 

ヒイラギナンテンの詳しい育て方

ヒイラギナンテンの果実

ヒイラギナンテンはヒマラヤ、中国、台湾が原産です。日本には江戸時代頃に渡来したと言われ、丈夫な性質から公園や庭木、公共施設などいろいろな場所で目にする樹木の一つです。

 

ヒイラギナンテンの種まき

ヒイラギナンテンの種まきは、熟した果肉を水で洗い、果肉の中から種を採取します。秋頃に採取して、果肉を取り除いた実をそのまま植え付けます。こぼれ種で増えることもある程、簡単に増えます。

種まきする場合は、市販の花の培養土に種をまき、水はけと日当たりの良い場所で管理して、乾燥したら水やりをしましょう。約1ヶ月程で発芽します。

 

ヒイラギナンテンの苗植え

ヒイラギナンテンの苗植えは4月〜5月頃の暖かい時期が適期です。直射日光は避け、日なたや明るい半日陰が良いでしょう。

苗木は根がデリケートなので、根鉢を崩さないように植え付けましょう。用土は赤玉土に腐葉土や堆肥を混ぜて、株元を浅めに植え付けて、たっぷり水やりをしましょう。


 

ヒイラギナンテンの水やり・肥料

根付くまでは土の表面が乾いたら水やりをしましょう。根付いてからは降雨で問題ありませんが、夏の乾燥した時期には水やりをしましょう。

肥料は、地植えなら基本的に必要ありませんが、鉢植えの場合は花付きをよくするために、緩効性化成肥料を3月頃と12月頃に土の上に置き肥として与えましょう。

 

ヒイラギナンテンの害虫や病気

害虫はカイガラムシやアブラムシなどが発生することがあります。食害されると株が弱りますので、見つけたら取り除き、薬剤散布で防除しましょう。

病気は立枯病やうどんこ病があります。葉がうどん粉にまみれたように白っぽくなりますので、病気の葉は全て取り除き、殺菌剤を散布して被害を食い止めましょう。

 

ヒイラギナンテンの剪定

ヒイラギナンテンの剪定は3月〜4月頃が適期です。太くて長くなりすぎた枝は根本から切りましょう。残す枝は、枝先から一節下の部分を切って脇芽を増やしましょう。

ヒイラギナンテンは枝分かれがしにくい性質があり、剪定をしないと上へヒョロヒョロと伸びやすいので、枝先を切って枝分かれさせて、コンモリとした樹形に仕立てましょう。

 

グリーンライフイノベーションの画像1

 

ヒイラギナンテンの誕生木・誕生花・花言葉

ヒイラギナンテンの花と葉

 

ヒイラギナンテンは「2月21日」の誕生木です。

ヒイラギナンテン(マホニアチャリティ)は「1月13日」の誕生木です。

ヒイラギナンテンは「12月10日」「12月14日」の誕生花です。

ヒイラギナンテンの花言葉は「激情」「激しい感情」「愛情は増すばかり」です。

花言葉の由来は、鋭いトゲのある葉と花や芳香、実の色や形から付けられたという話です。

 

ヒイラギナンテンのアーティフィシャルグリーン

ヒイラギナンテンの葉
 
みなさん、アーティフィシャルグリーンをご存知でしょうか?
アーティフィシャルグリーンとは、天然素材を使って、本物そっくりに作られた植木や花、観葉植物のことです。
 あっちゃん
 

本物の樹木とは違い、アーティフィシャルグリーンだけの魅力やメリットがたくさんあります。

こんなメリットが!

  • 樹木の種類や大きさ、樹形、鉢などお好みのオーダーメイドが可能です。
  • 落ち葉や害虫、病気の心配もなく、お部屋を汚しません。
  • 日光に当てなくても枯れないので、置き場所を選びません。
  • 天然の樹木と違い、枯れる心配がなく水やりや剪定など、お手入れの手間がありません。
  • 光触媒加工を施すと、目に見えないウイルス・雑菌・悪臭・カビ菌などを分解して、空間をキレイにする効果もあります。
 

ホームセンターなどで販売している造花やアーティフィシャルは、どうしても偽物とわかってしまい、観賞価値がありません。

 
これはもう本物です!

グリーンピースのアーティフィシャルグリーンは、日本の職人が国内で作る業界最高のクオリティです。近くで見ても本物と見間違うほどの圧倒的クオリティで、景観や観賞価値を損ないません。

 

お好みの樹木をお好みの大きさにオーダーメイドも可能で、天然木を使ったMADE IN JAPANのアーティフィシャルグリーンは個人のご自宅をはじめ、さまざまな商業施設や有名施設でも採用され、多くの方に楽しまれています。実際の施工例などもご紹介しておりますので、ぜひ下のページも御覧ください。

 
 

ヒイラギナンテンのまとめ

ヒイラギナンテンの果実

ヒイラギナンテンはいかがでしたか?
ヒイラギナンテンは、黄色い小さな花が可愛く、紅葉した葉もすごく綺麗で、和風庭園ではお馴染みの樹木です。
育てるのは比較的簡単なので、みなさんも是非ヒイラギナンテンを育ててみてはいかがでしょう!
 あっちゃん