カライトソウの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

野生のカライトソウ

こちらでは、カライトソウの植物図鑑と育て方を私の経験を元にわかりやすく解説します。
造園業者とフラワーショップ店長が監修した、植物の特徴から詳しい育て方やお手入れ方法、収穫方法、植物の写真や誕生花、花言葉までさまざまな情報をご紹介します。
MIDORI
 
 

この記事の監修者

フラワーショップ店長【ミドリ】プロフィール

カライトソウとは

カライトソウの群生

 

植物名   カライトソウ


学 名   Sanguisorba hakusanensis


和 名   唐糸草


別 名   唐糸草(トウウチソウ)


英 名   Hakusan burnet


科 名   バラ科


属 名   ワレモコウ属


 

グリーンライフイノベーションの画像2

 

カライトソウの特徴

自生するカライトソウ

 

カライトソウは草丈30cm〜100cm程になるバラ科の多年草です。日本では7月〜9月頃が開花期で、穂状の花を付けます。

カライトソウの花は、枝先に長さ5cm〜10cm程の円柱形になる穂状花序が垂れ下がります。これは小さな花が密に付いて花穂の上から咲いていきます。花に花弁はなく、紅紫色の萼片よりも長い6〜12本の雄しべがあり、葯は乾くと黄褐色になります。

カライトソウの葉は、根出葉と茎に互生する葉があり、ともに奇数羽状複葉です。小葉は長さ5cm~8cm程の楕円形で、縁に粗い鋸歯(きょし)があり、裏面は粉白色になります。

カライトソウの果実は痩果で、萼筒に包まれ、やや角張った楕円形をしています。

 

カライトソウの名前

カライトソウという名前は、美しい雄しべを中国(唐)渡来の絹糸に見立てたことから名付けられました。飛騨山脈唐松岳の八方尾根(長野県北安曇郡白馬村)には、本種カライトソウと、「ワレモコウ(吾亦紅)」との雑種と考えられている「ハッポウワレモコウ(八方吾亦紅)」が分布しています。

 

カライトソウの詳細情報

園芸分類草花・切り花
性質多年草
開花時期7月〜9月
花色紅紫色
栽培難易度
耐寒性強い
耐暑性普通
耐陰性弱い
 
 

カライトソウの詳しい育て方

カライトソウの葉

カライトソウは日本原産の固有種で、本州中部地方の日本海側に分布しています。主に亜高山帯から高山帯にかけての砂礫地、岩壁、草地などのあまり乾燥しない場所に自生していますが、地域によっては絶滅危惧種に指定されています。

 

カライトソウの苗植え

苗植えの適期は2月〜3月頃です。日当たりが良く風通しの良い場所が好みで、日照不足だと生育が悪くなり、茎が細くなり倒れてしまったり、花が付きづらくなってしまいます。

用土は肥沃な土を好みますので、市販の山野草の土か、庭土に腐葉土を混ぜて植え付けたら、たっぷりと水やりをしましょう。

 

カライトソウの水やり・肥料

庭植えの場合は根付いてからは降雨で問題ありませんが、夏の乾燥している時期は水やりをしましょう。鉢植えの場合は、土が乾いたらたっぷり水やりをしましょう。冬の休眠期は土がしっかりと乾燥したら水やりをしましょう。

肥料は生育期間中の3月〜10月頃まで、10日に1回程度液体肥料を与えましょう。ただし、7月〜8月は肥料を与えないようにしましょう。

 

カライトソウの害虫や病気

害虫はゴマシジミの幼虫など青虫が発生することがあります。食害されると株が弱ってしまうので、見つけたら取り除き、薬剤散布で防除しましょう。

カライトソウは病気の心配は特にありません。

 

グリーンライフイノベーションの画像2

 

カライトソウの誕生花・花言葉

カライトソウの開花

 

カライトソウは「7月13日」「8月10日」の誕生花です。

カライトソウの花言葉は「深い思い」です。

 

お花のある生活

ヒメウズの花と葉
 
みなさま、旬のお花の定期便をご存知でしょうか?
新鮮なお花を毎月決まったお日にちに、ご自宅までお届けしますので、いつもキレイなお花がご自宅で楽しめます。
MIDORI
 

グリーンピースはここがスゴイ!

  • ネットから簡単注文で、お店に買いに行く手間がない!
  • 豊富なプランから、お好きなボリュームとお届け頻度を選ぶだけ!
  • 数百品種の中からフラワーデザイナーが厳選した素敵なお花をお届け!
  • 花市場直送だから、フラワーショップよりもお花が新鮮!
  • 家中をお花と笑顔でいっぱいにする圧倒的なボリューム!
 
お花のある生活!

お花を飾ることで、お部屋に華やかさと潤いをプラス!お花にはリラックス、リフレッシュ、リラクゼーション、ストレス緩和などの効果があります。

 

どんなお花が届くのか、箱を開けるまでのお楽しみ!定番のお花はもちろん、ご自身では普段あまり選ばないお花や、フラワーショップにはあまり入荷しない珍しいお花など、新しいお花との出会いを楽しみましょう。実際に届くお花や、定期便の魅力などをご紹介した下のページもぜひ見てみてください。

 

カライトソウのまとめ

野生のカライトソウ

カライトソウはいかがでしたか?
カライトソウは紅紫色の美しく伸びた雄しべが密になり、穂状に伸びて垂れ下がる花がとても可愛く、園芸植物としても栽培されています。
育てるのはそんなに難しくないので、みなさんも是非カライトソウを育ててみてはいかがでしょう!
MIDORI