カワラナデシコの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

カワラナデシコの花の拡大

こちらでは、カワラナデシコの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフラワーショップ店長が監修した、植物の特徴から詳しい育て方やお手入れ方法、収穫方法、植物の写真や誕生花、花言葉までさまざまな情報をご紹介します。
MIDORI
 
 

この記事の監修者

フラワーショップ店長【ミドリ】プロフィール

カワラナデシコとは

カワラナデシコの自生

 

植物名   カワラナデシコ


学 名   Dianthus superbus L. var. longicalycinus


和 名   河原撫子


別 名   撫子(ナデシコ) / 大和撫子(ヤマトナデシコ)


英 名   Fringed pink


科 名   ナデシコ科


属 名   ナデシコ属


 

お花の定期便【グリーンピース】

 

カワラナデシコの特徴

カワラナデシコの花

 

カワラナデシコは草丈30cm〜80cm程になるナデシコ科の多年草です。日本では7月〜10月頃に開花します。

カワラナデシコの花は、茎の先に集散花序を出して、淡紅色や白色の花を数個付けます。花は径4cm〜5cm程の5弁花で、先端が糸状に深く裂けます。花序の基部には3〜4対の苞があり、苞の先は尖ります。雄しべは10本あり、花柱は2本あります。

カワラナデシコの葉は対生する単葉で、長さ4cm〜8cm程の先端が鋭く尖った線形~披針形で、粉白色を帯びます。葉の基部は茎を抱きます。

カワラナデシコの果実は円柱形の蒴果で、熟すと先端が4裂して、黒い種子を出します。

 

カワラナデシコの名前

カワラナデシコという名前は、河原に生えている可憐な花を「撫子(なでしこ)」と呼んだことに由来します。一般的に「ナデシコ」とつく花はたくさんありますが、単に「ナデシコ」という場合は本種カワラナデシコを指します。

また、かつて中国原産の「セキチク(石竹)」を「カラナデシコ(唐撫子)」と呼んだことに対して、本種を「ヤマトナデシコ(大和撫子)」と呼びました。その清楚な姿から意味を転じて、日本的な女性のことを「大和撫子(やまとなでしこ)」と言うようになったとされています。

 

カワラナデシコの利用

カワラナデシコは秋の七草の一つで、江戸時代には変わり花の栽培が盛んに行われ、古典園芸植物の一つともなっていましたが、現在では個体数が減少して、地域によっては絶滅危惧種にも指定されています。

カワラナデシコの開花期の全草を「瞿麦(くばく)」、種子を乾燥したものを「瞿麦子(くばくし)」と称して、利尿作用や通経作用、消炎作用があるとされ薬用にも利用されています。

 
 

秋の七草

みなさまは「秋の七草」をご存知でしょうか?一般的に知られている「春の七草」は、一年の無病息災を祈念して七草粥にして食べる、というものですが、秋の七草は食べるわけではなく、「万葉集」で詠われた、目で見て楽しむ植物のことです。

こちらが秋の七草です。秋の七草の覚え方として、各植物の頭文字をつなげて「お好きな服は(オ・ス・キ・ナ・フ・ク・ハ)」という覚え方があります。

 

カワラナデシコの詳細情報

園芸分類草花
性質多年草
開花時期7月〜10月
花色白色・淡紅色
栽培難易度
耐寒性普通
耐暑性普通
耐陰性弱い
 
 

カワラナデシコの詳しい育て方

カワラナデシコの白い花

カワラナデシコは日本、中国、朝鮮、台湾の原産で、国内では本州、四国、九州に分布しています。主に日当たりの良い草原や河原に自生して、路傍や山地の斜面、海岸の砂浜などにも見られます。

 

カワラナデシコの種まき

種まきの適期は9月〜10月頃です。発芽温度は15℃〜20℃です。種まきトレイに用土を入れて、種をまいたら薄く覆土して、たっぷり水やりをしたら、乾燥しないように管理しましょう。

発芽日数は7日〜21日程で、本葉が3枚〜4枚になったらポット上げしましょう。冬の間は日当たりの良い室内で管理し、翌年の春に植付けをしましょう。

 

カワラナデシコの苗植え

苗の植え付けは、3月〜5月が適期です。日当たりが良く風通しの良い場所を好みます。用土は水はけの良い土を好むので、市販の花と野菜の培養土を使用して、植え付けたらたっぷり水やりをしましょう。

 

カワラナデシコの水やり・肥料

庭植えの場合は、根付いたら降雨で問題ありません。鉢植えの場合は、土が乾燥したら水やりをしましょう。

肥料は、庭植えの場合は必要ありません。鉢植えの場合は、生育期の4月〜10月頃に液体肥料を2週間に1回程度与えましょう。

 

カワラナデシコの害虫や病気

害虫は、アブラムシ、ハダニなどが発生します。害虫に食害されると株が弱ったり、景観が悪くなりますので、こまめにチェックし、見つけたら取り除き、薬剤散布で防除しましょう。

カワラナデシコは病気の心配は特にありません。

 

カワラナデシコの剪定

カワラナデシコは枝先に花が付くため、脇芽が増えれば花数が増えます。そのため、枝先を切り戻すことで脇芽を出させて、ボリュームを出し、花数を増やすことができます。

また、花後は花がらを摘み取りましょう。花がしぼんだ後、そのまま放任しておくと種子を作るために栄養を使い、次の花が咲きづらくなり、株が弱ってしまうため、花がらはこまめに摘み取りましょう。

 

グリーンライフイノベーションの画像2

 

カワラナデシコの誕生花・花言葉

カワラナデシコの開花

 

カワラナデシコは「7月14日」の誕生花です。

カワラナデシコの花言葉は「大胆」「可憐」「才能」「純愛」です。

 

旬のお花の定期便

カワラナデシコの花の拡大
 
みなさま、旬のお花の定期便をご存知でしょうか?
新鮮なお花を毎月決まったお日にちに、ご自宅までお届けしますので、いつもキレイなお花がご自宅で楽しめます。
MIDORI
 

グリーンピースはここがスゴイ!

  • ネットから簡単注文で、お店に買いに行く手間がない!
  • 豊富なプランから、お好きなボリュームとお届け頻度を選ぶだけ!
  • 数百品種の中からフラワーデザイナーが厳選した素敵なお花をお届け!
  • 花市場直送だから、フラワーショップよりもお花が新鮮!
  • 初回にフラワーベースをプレゼント!届いたその日にそのまま飾れる!
  • 家中をお花と笑顔でいっぱいにする圧倒的なボリューム!
 
お花のある生活!

お花を飾ることで、お部屋に華やかさと潤いをプラス!お花にはリラックス、リフレッシュ、リラクゼーション、ストレス緩和などの効果があります。

 

どんなお花が届くのか、箱を開けるまでのお楽しみ!定番のお花はもちろん、ご自身では普段あまり選ばないお花や、フラワーショップにはあまり入荷しない珍しいお花など、新しいお花との出会いを楽しみましょう。実際に届くお花や、定期便の魅力などをご紹介した下のページもぜひ見てみてください。

 
 

カワラナデシコのまとめ

カワラナデシコのピンクと白の花

カワラナデシコはいかがでしたか?
カワラナデシコは、「ナデシコ」として古くから万葉集などで詠まれるなど親しまれてきた植物で、秋の七草にも数えられるお花の一つです。
育てるのは比較的簡単なので、みなさんも是非カワラナデシコを育ててみてはいかがでしょう!
MIDORI