ヤマハギの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

ヤマハギの花の拡大

こちらでは、ヤマハギの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフラワーショップ店長が監修した、植物の特徴から詳しい育て方やお手入れ方法、収穫方法、植物の写真や誕生花、花言葉までさまざまな情報をご紹介します。
 あっちゃん
 
 

この記事の監修者

造園職人あっちゃんプロフィール

ヤマハギとは

ヤマハギの枝垂れた枝

 

植物名   ヤマハギ


学 名   Lespedeza bicolor


和 名   山萩


別 名   下記に記載


英 名   Bush clover


科 名   マメ科


属 名   ハギ属


 

アーティフィシャルグリーン【グリーンピース】

 

ヤマハギの特徴

ヤマハギの花

 

ヤマハギは樹高2m〜3m程になるマメ科の落葉低木です。日本では7月〜9月頃に開花します。

ヤマハギの幹は木質化して固くなりますが、成長しても太くなって伸びるようなことはなく、根本から新しい芽が毎年出ます。幹は直立して、先端がやや枝垂れます。

ヤマハギの花は、葉腋に付く複総状花序に長さ1cm程の蝶形花が螺旋状に数個付きます。花序は葉よりも長く伸びて、花色は紅紫色です。

ヤマハギの葉は互生する3出複葉で、小葉は長さ2cm~4cm程の楕円形です。葉は全縁で、葉の表面には、若葉では短毛があり、のちに無毛になり、裏面には短毛が生えます。また、秋には黄色に黄葉します。

ヤマハギの果実は、長さ・幅ともに5mm〜10mm程の豆果で、扁平な楕円形で種子を1個含み、熟しても割れません。

 

ヤマハギの仲間

「ハギ(萩)」とは、マメ科ハギ属の総称で、日本には8種類のハギの仲間が分布します。本種ヤマハギのほかに、「マルバハギ(丸葉萩)」、「クロバナキハギ(黒花木萩)」、「ツクシハギ(筑紫萩)」、「ビッチュウヤマハギ(備中山萩)」、「ケハギ(毛萩)」、「キハギ(木萩)」、「チョウセンキハギ(朝鮮木萩)」がヤマハギ節植物として、日本に自生しています。

ほかにも栽培種として、「ミヤギノハギ(宮城野萩)」、「シラハギ(白萩)」、「ニシキハギ(錦萩)」、「ソメワケハギ(染め分け萩)」などがありますが、一般的に「ハギ」という場合は、本種ヤマハギや、庭木としてよく使われるミヤギノハギを指します。

 

ヤマハギの名前

ハギには別名・異名がいくつかあり、「秋知草(アキシリグサ)」、「芳宜草(ホウギソウ)」、「鹿鳴草(シカナグサ)」、「玉見草(タマミグサ)」、「庭見草(ニワミグサ)」、「初見草(ハツミグサ)」、「野守草(ノモリグサ)」などの呼び名があります。

また、クローバーに似た葉を持つため、英語名では「Bush clover」と呼びます。

 
 

秋の七草

みなさまは「秋の七草」をご存知でしょうか?一般的に知られている「春の七草」は、一年の無病息災を祈念して七草粥にして食べる、というものですが、秋の七草は食べるわけではなく、「万葉集」で詠われた、目で見て楽しむ植物のことです。

ミナエシ(女郎花)
スキ(芒)
キョウ(桔梗)
デシコ(撫子)
ジバカマ(藤袴)
ズ(葛)
ギ(萩)

こちらが秋の七草です。秋の七草の覚え方として、頭文字をつなげて「お好きな服は(オ・ス・キ・ナ・フ・ク・ハ)」という覚え方があります。

 

ヤマハギの詳細情報

園芸分類庭木
性質落葉低木
開花時期7月〜9月
花色紅紫色
栽培難易度
耐寒性強い
耐暑性強い
耐陰性普通
 
 

ヤマハギの詳しい育て方

ヤマハギの黄葉

ヤマハギは日本、中国、朝鮮半島などアジアの原産で、国内では北海道、本州、四国、九州の山野に自生しています。万葉集で詠まれるなど、古くから親しまれ、楽しまれている樹木の一つです。

 

ヤマハギの苗植え

植え付けの適期は11月〜12月と2月〜3月頃です。日当たりと水はけの良い場所を好みます。日当たりが悪いと極端に花付きが悪くなります。

痩せ地でも育つため、土質は選びませんので、植え付ける場所に腐葉土や堆肥を混ぜて、植え付けたらたっぷりと水やりをしましょう。ヤマハギは根が浅く広がるため、深く耕す必要はありません。鉢植えの場合は、水切れしやすいので大きめの鉢を用意しましょう。

 

ヤマハギの水やり・肥料

植え付けてから1週間程度は水やりをしましょう。根付いたら降雨だけで問題ありませんが、日照りが続いて極端に乾燥するような時は水やりをしましょう。鉢植えの場合は、土が乾燥したら水やりをしましょう

ヤマハギなどマメ科の植物は、根に付いた根粒菌(こんりゅうきん)から空気中の窒素を取り込んで吸収できるため、肥料を与えなくても育ちます。肥料は特に必要としませんが、株を大きくしたい場合は、2月頃に寒肥として、油かすや鶏糞などの有機肥料を施しましょう。

 

ヤマハギの害虫や病気

害虫はアブラムシが発生することがあります。食害されると株が弱ってしまったり、観賞価値が下がってしまうため、見つけたら取り除き、薬剤散布で防除しましょう。

病気はさび病があります。原因はカビの一種で、感染すると葉が変色し弱ってしまいます。見つけたら感染箇所を取り除き、殺菌剤を散布して被害を食い止めましょう。

 

ヤマハギの剪定

ヤマハギは冬の寒さに当たると地上部は枯れてしまいます。また、ヤマハギは古い枝には花が咲きませんので、剪定をして新しく伸ばした枝に花を咲かせます。

ヤマハギは、伸びた幹から少し枝垂れた枝先の樹形が美しく、刈込みで形を整えるといった樹木ではありません。また、6月以降に花芽を形成するため、剪定せずに放任してしまうと、枯れ枝が目立ち、花付きも悪くなります。

剪定の適期は12月〜翌2月頃です。剪定は、株元から10cm〜30cm程を残して、枝をバッサリと切り戻しましょう。バッサリと切り戻しても、翌春にはしっかりと芽が出て、夏〜秋頃には綺麗に開花します。

 

グリーンライフイノベーションの画像1

 

ヤマハギの誕生木・誕生花・花言葉

ヤマハギの花と蕾

 

ヤマハギは「9月29日」の誕生木です。

ハギは「9月6日」「9月24日」「10月1日」の誕生花です。

ハギの花言葉は「思案」「内気」「想い」「柔軟な精神」「前向きな恋」などがあります。

 

ヤマハギのアーティフィシャルグリーン

ヤマハギの葉
 
みなさん、アーティフィシャルグリーンをご存知でしょうか?
アーティフィシャルグリーンとは、天然素材を使って、本物そっくりに作られた植木や花、観葉植物のことです。
 あっちゃん
 

本物の樹木とは違い、アーティフィシャルグリーンだけの魅力やメリットがたくさんあります。

こんなメリットが!

  • 樹木の種類や大きさ、樹形、鉢などお好みのオーダーメイドが可能です。
  • 落ち葉や害虫、病気の心配もなく、お部屋を汚しません。
  • 日光に当てなくても枯れないので、置き場所を選びません。
  • 天然の樹木と違い、枯れる心配がなく水やりや剪定など、お手入れの手間がありません。
  • 光触媒加工を施すと、目に見えないウイルス・雑菌・悪臭・カビ菌などを分解して、空間をキレイにする効果もあります。
 

ホームセンターなどで販売している造花やアーティフィシャルは、どうしても偽物とわかってしまい、観賞価値がありません。

 
これはもう本物です!

グリーンピースのアーティフィシャルグリーンは、日本の職人が国内で作る業界最高のクオリティです。近くで見ても本物と見間違うほどの圧倒的クオリティで、景観や観賞価値を損ないません。

 

お好みの樹木をお好みの大きさにオーダーメイドも可能で、天然木を使ったMADE IN JAPANのアーティフィシャルグリーンは個人のご自宅をはじめ、さまざまな商業施設や有名施設でも採用され、多くの方に楽しまれています。実際の施工例などもご紹介しておりますので、ぜひ下のページも御覧ください。

 
 

ヤマハギのまとめ

ヤマハギの花の拡大

ヤマハギはいかがでしたか?
ヤマハギは、万葉集で詠まれるなど、古くから親しまれる樹木で、柔らかい樹形に、紅紫色の可愛い蝶形花を咲かせます。
育てるのはそんなに難しくないので、みなさんも是非ヤマハギを育ててみてはいかがでしょう!
 あっちゃん