タチアオイ(ホリホック)の植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

複色のタチアオイの花

こちらでは、タチアオイ(ホリホック)の植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフラワーショップ店長が監修した、植物の特徴から詳しい育て方やお手入れ方法、収穫方法、植物の写真や誕生花、花言葉までさまざまな情報をご紹介します。
MIDORI
 
 

この記事の監修者

フラワーショップ店長【ミドリ】プロフィール

タチアオイとは

タチアオイの群生

 

植物名   タチアオイ


学 名   Althaea rosea


和 名   立葵


別 名   ホリホック


英 名   Hollyhock


科 名   アオイ科


属 名   ビロードアオイ属


 

アーティフィシャルグリーン【グリーンピース】

 

タチアオイの特徴

赤いタチアオイの花

 

タチアオイは草丈2m〜3m程になるアオイ科の多年草です。日本では6月〜8月頃に開花します。

タチアオイは茎が直立して、全体が硬毛で覆われています。

タチアオイの花は、茎の上部の葉腋に1〜2個付き、径10cm程の5花弁で一重咲きや、八重咲きがあり、花色は白やピンク、赤、紫、黄色などさまざまです。また、花は花茎の下から上に咲き上っていきます。

タチアオイの葉は互生する単葉で、掌状に浅く5〜7裂する心臓形で、縁には鋸歯(きょし)があります。

タチアオイの果実は、輪状に並ぶ分果となり、熟しても裂開しません。

 

タチアオイの名前

タチアオイは、梅雨入りの頃に咲き始め、梅雨明けの頃に花茎の頭頂部まで開花が進むことにちなんで、「ツユアオイ(梅雨葵)」という別名もあります。

タチアオイの花弁の根元には粘着質があり、引き抜いた花弁を顔などに付けて、ニワトリを真似る遊びをしたことから、北海道の一部では「コケコッコ花」、青森県の一部では「コケラッコ花」などと呼ばれています。

タチアオイは、園芸では英語名の「ホリホック」という名で呼ばれていますが、本種以外もこの名で呼ばれる事があるため注意が必要です。また、「ハナアオイ(花葵)」と呼ばれることもありますが、この名は別属である「ハナアオイ属」の植物を指します。

 

タチアオイの詳細情報

園芸分類草花
性質多年草
開花時期6月〜8月
花色白色・ピンク色・他
栽培難易度
耐寒性強い
耐暑性強い
耐陰性やや弱い
 
 

タチアオイの詳しい育て方

黒いタチアオイの花

タチアオイは正確な原産地は不明ですが、トルコ原産種と東ヨーロッパ原産種との雑種とする説が有力で、日本へは薬草として渡来したと言われ、平安時代には植えられていたと考えられ、江戸時代頃から園芸品種が栽培されています。

 

タチアオイの種まき

タチアオイは株の寿命が短く、2年〜3年程で弱って枯れてしまうことがあります。こぼれ種で咲くこともありますが、種まきで育てる方が向いているかもしれません。

タチアオイの種まきは、「春に種をまく一年草」、「秋に種をまく一年草」、「二年草」の3つに分類され、種まきの時期が異なります。

春蒔き一年草のタチアオイの場合は、種まきの時期は3月〜4月頃になります。種をまいた年の夏頃に、花が咲きます。

秋蒔き一年草のタチアオイの場合は、種まきの時期は9月〜10月頃になります。種をまいた次の年の夏頃に、花が咲きます。

二年草のタチアオイの場合は、種まきの時期は4月〜5月頃になります。種をまいた次の年の夏頃に、花が咲きます。

種は地面に直接まくか、ポットまきで行いましょう。種をまく前に、一晩水に付けておくと発芽率が上がります。種は2〜3粒まいて5mm程覆土したら水やりをしましょう。

発芽温度は15℃〜20℃です。発芽日数は2週間〜3週間程で、発芽して、本葉が2~3枚になるまで生長したら、生育のよいものを選んで、定植しましょう。

 
 

タチアオイの苗植え

苗植えの適期は4月〜5月と10月頃です。日当たりが良く風通しの良い場所で育てましょう。

用土は特に選びませんので、鉢植えの場合は花と野菜の培養土を使用し、庭植えの場合は、植える場所に腐葉土と元肥の緩効性化成肥料を混ぜてあげましょう。

庭植えの場合は、根鉢より一回り大きく穴を掘り、鉢植えの場合は大きめの鉢を用意し、根鉢を崩さずに植え付けて、たっぷりと水やりをしましょう。また、草丈の高くなる品種は支柱を立てて支えてあげましょう。

 

タチアオイの水やり・肥料

庭植えの場合は、根付いてからは降雨で問題ありません。鉢植えの場合は、土が乾燥したら水やりをしましょう。タチアオイは過湿に弱い性質があり、土が常に湿っていると株が弱ってしまいます。

肥料は、元肥として緩効性化成肥料を施してあげれば追肥はあまり必要としませんが、元気がないようであれば春頃に2週間に1回、液体肥料を与えましょう。

 

タチアオイの害虫や病気

害虫はアブラムシ、ハマキムシ、ワタノメイガなど発生することがあります。害虫に食害されると株が弱り、花数が減ってしまうので、見つけたらすぐに取り除き、薬剤散布で防除しましょう。

病気は、斑点病、炭そ病、ウイルス病などがあります。葉や葉柄、茎に、褐色の小さな斑点が発生し、ひどくなると病斑に穴が開いて、葉が落ちてしまいます。水はけが悪いと発生することがあります。他の葉に感染するので、病気の部分は取り除き、薬剤散布で防除しましょう。

 

タチアオイの剪定

開花期に花が咲き終わったら、花茎を切り取ってあげましょう。また、枯れた葉なども一緒に摘み取りましょう。

 

グリーンライフイノベーションの画像2

 

タチアオイの誕生花・花言葉

白いタチアオイの花

 

タチアオイは「6月18日」「6月23日」「7月8日」「8月18日」の誕生花です。

タチアオイの花言葉は「大望」「野心」「高貴」「使命」「平安」「熱烈な恋」「豊かな実り」「気高く威厳に満ちた美」などがあります。

 

旬のお花の定期便

ピンクのタチアオイの花
 
みなさま、旬のお花の定期便をご存知でしょうか?
新鮮なお花を毎月決まったお日にちに、ご自宅までお届けしますので、いつもキレイなお花がご自宅で楽しめます。
MIDORI
 

グリーンピースはここがスゴイ!

  • ネットから簡単注文で、お店に買いに行く手間がない!
  • 豊富なプランから、お好きなボリュームとお届け頻度を選ぶだけ!
  • 数百品種の中からフラワーデザイナーが厳選した素敵なお花をお届け!
  • 花市場直送だから、フラワーショップよりもお花が新鮮!
  • 初回にフラワーベースをプレゼント!届いたその日にそのまま飾れる!
  • 家中をお花と笑顔でいっぱいにする圧倒的なボリューム!
 
お花のある生活!

お花を飾ることで、お部屋に華やかさと潤いをプラス!お花にはリラックス、リフレッシュ、リラクゼーション、ストレス緩和などの効果があります。

 

どんなお花が届くのか、箱を開けるまでのお楽しみ!定番のお花はもちろん、ご自身では普段あまり選ばないお花や、フラワーショップにはあまり入荷しない珍しいお花など、新しいお花との出会いを楽しみましょう。実際に届くお花や、定期便の魅力などをご紹介した下のページもぜひ見てみてください。

 
 

タチアオイのまとめ

複色のタチアオイの花

タチアオイはいかがでしたか?
タチアオイは草丈が高くなるため、他のお花と高低差を付けやすく、花色のバリエーションも豊かで、夏の暑い時期に満開を迎えるお花です。
育てるのは比較的簡単なので、みなさんも是非タチアオイを育ててみてはいかがでしょう!
MIDORI