アーモンドの木の植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

ピンク色のアーモンドの花

こちらでは、アーモンドの木の植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフラワーショップ店長が監修した、植物の特徴から詳しい育て方やお手入れ方法、収穫方法、植物の写真や誕生花、花言葉までさまざまな情報をご紹介します。
 あっちゃん
 
 

この記事の監修者

造園職人あっちゃんプロフィール

アーモンドの木とは

 
 

植物名   アーモンド


学 名   Amygdalus dulcis / Prunus dulcis


和 名   扁桃(へんとう) / 巴旦杏(ハタンキョウ)


英 名   Almond


科 名   バラ科


属 名   サクラ属


 

アーティフィシャルグリーン【グリーンピース】

 

アーモンドの木の特徴

アーモンドの木は樹高8m程になるバラ科の落葉高木です。日本では3月〜4月にかけて、サクラやモモ、アンズによく似た花を咲かせます。

 

アーモンドの花は、4cm程の5花弁で花弁の端に小さな切込みが入っています。花の色は白色、桜色、桃色、淡い紅色などがあります。

 
サクラとの見分け方

・サクラとの見分け方は、アーモンドの木は花柄(かへい)が非常に短く、枝に沿うように花を付けます。

 

アーモンドの葉は、互生する単葉で、やや光沢があり、楕円状披針形で鋸歯(きょし)があります。

 

アーモンドの果実は、モモやアンズ、梅に似た果実を付けます。しかし果肉は薄く食用にはできませんが、種子の殻を取り除いた仁の部分を食用や薬用に利用しています。

 

アーモンドにはスイート種(甘扁桃)とビター種(苦扁桃)があり、食用にされるのはスイート種です。スイートアーモンドには100以上の品種があるとされています。ピター種は薬用などに利用されていますが、有毒の種類もありますのでご注意ください。

 
 

アーモンドの詳細情報

園芸分類庭木
性質落葉高木
開花時期3月〜4月
花色白色・ピンク色・淡い紅色
栽培難易度
耐寒性弱い
耐暑性強い
耐陰性弱い
 
 

アーモンドの木の詳しい育て方

アーモンドの原産は、アジア西南部。現在では、アメリカのカリフォルニア州が最大の産地で南ヨーロッパやオーストラリアなどでも栽培されています。

日本では香川県小豆島や鹿児島県湧水町、山形県朝日町などで栽培が行われています。

 

アーモンドの種まき

種まきの適期は3月頃です。水に浸けた種を6号以上の鉢に1粒ずつ植え付けていきましょう。

用土は赤玉土(小〜中粒)に腐葉土を混ぜたものなど、水はけの良い土に深さ3cm〜4cmくらいに植え付けて、土が乾かないように水やりをしてあげると1〜2ヶ月程度で発芽します。

 

アーモンドの苗植え

苗の植え付けは、真夏や真冬でなければ植え付け可能です。鉢は苗木よりも1回り大きい(6号〜10号くらい)鉢を選びましょう。

 

アーモンドの地植え

2〜3年程鉢で育ててから地植えした方が丈夫な株に育ちます。

直射日光が当たらず、水はけと風通しの良い場所を好みます。地面はしっかりと耕しながら腐葉土や堆肥をたっぷりと混ぜましょう。

植え付けは、根が地表すれすれくらいに浅めに植え付け、たっぷり水やりをしましょう。

 
 

アーモンドの水やり・肥料

根付くまでは表面が乾いたら水やりをします。根付いてからは乾燥気味に育てます。よほどの乾燥でない限りは降雨で問題ありません。

肥料は、秋〜冬の間に1回、果実用の有機質肥料を与えましょう。

 
 

アーモンドの害虫や病気

害虫はアブラムシやコスカシバ、ウメケムシなどが発生することがあります。食害されると株が弱ってしまうので、見つけたら取り除き、薬剤散布で防除しましょう。

病気は黒星病や縮葉病があります。雨が多い時期や低温が続くと近くの葉っぱへ感染していきますので、病気の葉は全て取り除き、根の回りに殺菌剤を散布して被害を食い止めましょう。

 
 

アーモンドの剪定

樹高が1m〜2m程に成長したら幹の先端を切り落とし、枝を横に伸ばすように仕立てていきます。

 
剪定のコツ

・実が付かなかった枝や、伸びすぎた枝、混み合って他の枝に干渉している枝を切り落とし、全体的に日光が当たるようにしましょう。

 
 

アーモンドの収穫

日本の収穫時期は梅雨から夏頃ですが、台風などの影響で収穫が難しいこともあります。

果実は成熟すると自然と乾燥し、果肉が割れてきます。果肉は割れた時点で収穫しないと虫に食われたり、腐ってしまったり、カビが生えたりして食べることは出来ません。

 

グリーンライフイノベーションの画像1

 

アーモンドの誕生花・花言葉

アーモンドは「3月14日」の誕生花です。

アーモンドの花言葉は「希望」「真実の愛」「永久の優しさ」です。

花言葉の由来は、青年デモフィーンは、トロイ戦争の帰り道で船が難破し、流れ着いた先で王女フィリスと出会い、二人は恋に落ちます。その後、デモフィーンが本国に帰国したとき、別の美しい女性と出会って恋をし、帰ってきませんでした。その間にフィリスは病気で亡くなってしまい、アーモンドの木にその姿を変えられていました。フィリスのことを思い出したデモフィーンは、アーモンドの木に泣きながらすがりつくと、見事な美しい花を咲かせたというギリシャ神話に由来します。

 
 

アーモンドのアーティフィシャルグリーン

 
みなさん、アーティフィシャルグリーンをご存知でしょうか?
アーティフィシャルグリーンとは、天然素材を使って、本物そっくりに作られた植木や花、観葉植物のことです。
 あっちゃん
 

本物の樹木とは違い、アーティフィシャルグリーンだけの魅力やメリットがたくさんあります。

こんなメリットが!

  • 樹木の種類や大きさ、樹形、鉢などお好みのオーダーメイドが可能です。
  • 落ち葉や害虫、病気の心配もなく、お部屋を汚しません。
  • 日光に当てなくても枯れないので、置き場所を選びません。
  • 天然の樹木と違い、枯れる心配がなく水やりや剪定など、お手入れの手間がありません。
  • 光触媒加工を施すと、目に見えないウイルス・雑菌・悪臭・カビ菌などを分解して、空間をキレイにする効果もあります。
 

ホームセンターなどで販売している造花やアーティフィシャルは、どうしても偽物とわかってしまい、観賞価値がありません。

 
これはもう本物です!

グリーンピースのアーティフィシャルグリーンは、日本の職人が国内で作る業界最高のクオリティです。近くで見ても本物と見間違うほどの圧倒的クオリティで、景観や観賞価値を損ないません。

 

お好みの樹木をお好みの大きさにオーダーメイドも可能で、天然木を使ったMADE IN JAPANのアーティフィシャルグリーンは個人のご自宅をはじめ、さまざまな商業施設や有名施設でも採用され、多くの方に楽しまれています。実際の施工例などもご紹介しておりますので、ぜひ下のページも御覧ください。

 
 

アーモンドのまとめ

アーモンドの木はいかがでしたか?
アーモンドは花もすごく綺麗で、うまく育てれば家庭でもアーモンドの収穫が楽しめます。
育てるのはそんなに難しくないので、記念樹やシンボルツリー、収穫の楽しみまで、みなさんも是非アーモンドを育ててみてはいかがでしょう!
 あっちゃん
 

Copyright© グリーンピース , 2021 All Rights Reserved.