マルバノキ(ベニマンサク)の植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

マルバノキの葉

こちらでは、マルバノキ(ベニマンサク)の植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフラワーショップ店長が監修した、植物の特徴から詳しい育て方やお手入れ方法、収穫方法、植物の写真や誕生花、花言葉までさまざまな情報をご紹介します。
 あっちゃん
 
 

この記事の監修者

造園職人あっちゃんプロフィール

マルバノキとは

 
 

植物名   マルバノキ


学 名   Disanthus cercidifolius Maxim


和 名   丸葉の木


別 名   ベニマンサク


英 名   Redbud hazel


科 名   マンサク科


属 名   マルバノキ属


 

アーティフィシャルグリーン【グリーンピース】

 

マルバノキの特徴

マルバノキは樹高3m〜5m程になるマンサク科の落葉低木です。日本では10月〜11月頃に花を咲かせます。

マルバノキの幼木の樹皮は、灰白色で多数の皮目があり、成木になると樹皮は滑らかな灰褐色になり、若枝は赤褐色で葉柄もしばしば赤みを帯びます。

マルバノキの花は、葉が色づく秋の頃、葉腋から出た短い柄の先に2個の花を背中合わせに咲かせます。花は暗赤色で、1.5cm程の線状披針形の5花弁を星形に平開します。

マルバノキの葉は互生する単葉で、長さ・幅ともに5cm〜12cm程の円形〜ハート形です。基部は心形で表面は緑色、裏面は白緑色で、秋になると緑〜黄色、ピンク、赤色と木全体がカラフルに紅葉します。

マルバノキの果実は長さ1.5cm程の蒴果で、倒円心形で開花した翌年の秋に暗褐色に熟し、4裂して光沢のある黒色の種子を出します。

 
 

マルバノキと似ている木

マルバノキ(丸葉の木)は、名前のとおり葉が丸いことから名付けられましたが、実際はハート形のような葉になります。同じような葉を持つ樹木に「ハナズオウ(花蘇芳)」や「カツラ(桂)」、「ライラック」などがあります。

また、マルバノキの別名を「ベニマンサク」と呼びます。似ている名前の樹木に、同じマンサク科別属の「ベニバナトキワマンサク」があります。

ベニバナトキワマンサクは大きな紅色の花が特徴の樹木です。マルバノキの花は小さくて地味ですが、丸い(ハート型)葉が、秋になると、緑、黄色、ピンク、赤色とカラフルに紅葉して観賞価値があります。

 

天然記念物のマルバノキ

日本国内には天然記念物に指定されているマルバノキがあり、その一部をご紹介します。

県・市指定の天然記念物

  • 長野県飯田市の「風越山のベニマンサクの自生地」
  • 長野県塩尻市の「釜の沢マルバノキ自生地」
  • 広島県廿日市市の「ベニマンサク群叢」
 

マルバノキの詳細情報

園芸分類庭木・盆栽
性質落葉低木
開花時期10月〜11月
花色暗赤色
栽培難易度
耐寒性普通
耐暑性強い
耐陰性普通
 
 

マルバノキの詳しい育て方

マルバノキは日本、中国の原産で、国内では本州の中部地方から近畿地方と岡山県、広島県、四国の高知県に分布しますが、個体数はあまり多くありません。自生地は山地の谷間や岩場などで、観賞用として庭木や公園樹として植栽されています。

 

マルバノキの苗植え

苗植えの適期は落葉期の2月〜3月頃です。日陰でも育ちますが、紅葉を楽しむなら陽当りが良い場所が適しています。また、乾燥を嫌うので西日の当たる場所は避けましょう。

用土は赤玉土に腐葉土と堆肥を混ぜたものか、市販の花と野菜の培養土を使って植え付けをして、たっぷり水やりをしましょう。

 
 

マルバノキの水やり・肥料

植え付けてから2週間程はしっかりと水やりし、根付いたら降雨だけで問題ありません。夏場の乾燥が続くような時期は、土が乾燥したらたっぷりと水やりをしましょう。

肥料は2月頃に寒肥として、油かすを株元にすき込んであげましょう。

 
 

マルバノキの害虫や病気

マルバノキは病害虫の心配は特にありません。

 

マルバノキの剪定

マルバノキは株立状に育ち、放任しても自然と樹形が整います。庭木としてはあまり剪定を必要としませんが、スペースの関係などで剪定が必要な場合は、落葉期の12月〜翌2月頃が適期です。

剪定をする際は、枯れ枝を取り除き、混み合って邪魔な枝や徒長枝を切り取りましょう。また、ひこばえは季節に関わらず付け根から切り取りましょう。

 

 

グリーンライフイノベーションの画像1

 

マルバノキの誕生木・誕生花・花言葉

マルバノキは「11月18日」の誕生木です。

マルバノキは「11月4日」「12月2日」の誕生花です。

マルバノキの花言葉は「早熟」「ひらめき」「幸福の再来」などがあります。

 
 

マルバノキのアーティフィシャルグリーン

 
みなさん、アーティフィシャルグリーンをご存知でしょうか?
アーティフィシャルグリーンとは、天然素材を使って、本物そっくりに作られた植木や花、観葉植物のことです。
 あっちゃん
 

本物の樹木とは違い、アーティフィシャルグリーンだけの魅力やメリットがたくさんあります。

こんなメリットが!

  • 樹木の種類や大きさ、樹形、鉢などお好みのオーダーメイドが可能です。
  • 落ち葉や害虫、病気の心配もなく、お部屋を汚しません。
  • 日光に当てなくても枯れないので、置き場所を選びません。
  • 天然の樹木と違い、枯れる心配がなく水やりや剪定など、お手入れの手間がありません。
  • 光触媒加工を施すと、目に見えないウイルス・雑菌・悪臭・カビ菌などを分解して、空間をキレイにする効果もあります。
 

ホームセンターなどで販売している造花やアーティフィシャルは、どうしても偽物とわかってしまい、観賞価値がありません。

 
これはもう本物です!

グリーンピースのアーティフィシャルグリーンは、日本の職人が国内で作る業界最高のクオリティです。近くで見ても本物と見間違うほどの圧倒的クオリティで、景観や観賞価値を損ないません。

 

お好みの樹木をお好みの大きさにオーダーメイドも可能で、天然木を使ったMADE IN JAPANのアーティフィシャルグリーンは個人のご自宅をはじめ、さまざまな商業施設や有名施設でも採用され、多くの方に楽しまれています。実際の施工例などもご紹介しておりますので、ぜひ下のページも御覧ください。

 
 

マルバノキのまとめ

マルバノキはいかがでしたか?
マルバノキ(ベニマンサク)は花よりも、葉に観賞価値があります。丸い(ハート形)葉が可愛く、秋になると黄色やピンク、赤などカラフルな彩りを見せてくれます。
育てるのはそんなに難しくないので、シンボルツリーなど、みなさんも是非マルバノキを育ててみてはいかがでしょう!
 あっちゃん