セイヨウキヅタ(アイビー・ヘデラ)の植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

セイヨウキヅタの葉

こちらでは、セイヨウキヅタ(アイビー・ヘデラ)の植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフラワーショップ店長が監修した、植物の特徴から詳しい育て方やお手入れ方法、収穫方法、植物の写真や誕生花、花言葉までさまざまな情報をご紹介します。
 あっちゃん
 

この記事の監修者

造園職人あっちゃんプロフィール

セイヨウキヅタとは

 

植物名   セイヨウキヅタ


学 名   Hedera helix


和 名   西洋木蔦


別 名   アイビー / ヘデラ


英 名   Ivy


科 名   ウコギ科


属 名   キヅタ属


 

アーティフィシャルグリーン【グリーンピース】

 

セイヨウキヅタの特徴

セイヨウキヅタは蔓長30m程になるウコギ科の常緑性つる植物です。葉の模様がさまざまあり、日本では園芸用や観賞用として「アイビー」や「ヘデラ」などの名前で広く流通しています。

 

セイヨウキヅタの花の開花期は10月〜11月で、花径が3cm程の黄緑色をしていて、球形の花序に花びらは5枚で、蜜が豊富でたくさんの昆虫が蜜を吸いに集まります。

 

セイヨウキヅタの葉は互生で、若葉のときは掌状で5裂ですが、成葉になると切れ込みが無いハート形になります。

 

セイヨウキヅタの果実は、直径6mm程で、冬の終わり頃に橙黄色から紫黒色に成熟します。

 

果実は人間にとって有毒ですが、鳥にとっては重要な食料で、鳥が食べることにより広範囲に種子が散布されます。

 
 

セイヨウキヅタの詳細情報

園芸分類庭木・観葉植物
性質常緑つる植物
開花時期10月〜11月
花色黄緑色
栽培難易度
耐寒性強い
耐暑性強い
耐陰性強い
 
 

セイヨウキヅタの詳しい育て方

セイヨウキヅタの原産はヨーロッパから西アジアで、日本でも全国に分布しています。葉形に変化があり、斑入りのものやマーブル模様の葉もあります。花が咲きますが、花より葉が好まれる観葉植物です。

人気の観葉植物でもあるセイヨウキヅタですが、非常に強健で手入れを怠るとどんどん成長し、細根を利用して家の外壁や庭園、木の幹、崖などさまざまなものを覆ってしまうこともあります。

 

セイヨウキヅタの水耕栽培

セイヨウキヅタは水耕栽培で育てることができます。ガラスの器や瓶などにバーミキュライトやハイドロボールを使って植え付けます。

 
水耕栽培のポイント

・水耕栽培をする際には、値腐れ防止剤を入れてあげると良いでしょう。また、元気がない時は液体肥料を入れてあげましょう。

 

水だけで栽培する時は、お水の管理が必要です。始めは根から老廃物が排出されて水が濁ります。発根するまではマメに水替えをして、きれいな状態に保ちましょう。発根してくると水が濁りにくくなるので、水の継ぎ足しで管理しましょう。また、風通しの良い明るい日陰に置きましょう。

 
ハイドロカルチャー用 ハイドロコーン 中粒 2L
三浦園芸
 

セイヨウキヅタの苗植え

苗の植え付けは、冬でなければ植え付け可能です。セイヨウキヅタは生育が旺盛なため、地植えにするとどんどん繁殖します。手入れの事を考えると鉢植えで楽しむのがオススメです。

セイヨウキヅタは日陰でも成長し、直射日光が当たっても葉焼けしないので、置き場所には困らないと思います。用土は赤玉土に腐葉土を混ぜたものや、市販の培養土で大丈夫です。

 

セイヨウキヅタの水やり・肥料

暖かい時期は表面が乾いたらたっぷり水やりをします。また、霧吹きを使って葉の表面と裏面にも水をかけましょう。寒い季節は休眠期に入りますので、1週間に1回程度(土がしっかり乾燥したら)で大丈夫です。

肥料は与えなくても育ちます。肥料を与え過ぎると肥料焼けをする可能性があります。成長を促進させたい時は、春から秋の成長期に液体肥料を10日に1回程与えましょう。秋〜冬の休眠期は与えなくて大丈夫です。

 

セイヨウキヅタの害虫や病気

害虫はアブラムシやハダニ、カイガラムシなどが発生することがあります。食害されると株が弱ったり鑑賞を害しますので、見つけたら殺虫剤で駆除しましょう。

病気は、すす病や炭疽病にかかることがあります。病気の部分は取り除き、殺菌剤を散布しましょう。

 
 

セイヨウキヅタの剪定

成長期に古くなった葉や邪魔な葉は剪定しましょう。開花の時期が終わって花がしぼんだ後は、花首から摘むように取り除きましょう。

 

グリーンライフイノベーションの画像1

 

セイヨウキヅタの誕生花・花言葉

セイヨウキヅタは「1月21日」「10月10日」「10月27日」「12月20日」の誕生花です。

セイヨウキヅタの花言葉は「誠実」「信頼」「友情」「結婚」「永遠の愛」です。

花言葉の由来は「つるが枯れることなく壁や岩、樹木などにしっかり絡まって成長すること」に由来します。

 
 

セイヨウキヅタのアーティフィシャルグリーン

 
みなさん、アーティフィシャルグリーンをご存知でしょうか?
アーティフィシャルグリーンとは、天然素材を使って、本物そっくりに作られた植木や花、観葉植物のことです。
 あっちゃん
 

本物の樹木とは違い、アーティフィシャルグリーンだけの魅力やメリットがたくさんあります。

こんなメリットが!

  • 樹木の種類や大きさ、樹形、鉢などお好みのオーダーメイドが可能です。
  • 落ち葉や害虫、病気の心配もなく、お部屋を汚しません。
  • 日光に当てなくても枯れないので、置き場所を選びません。
  • 天然の樹木と違い、枯れる心配がなく水やりや剪定など、お手入れの手間がありません。
  • 光触媒加工を施すと、目に見えないウイルス・雑菌・悪臭・カビ菌などを分解して、空間をキレイにする効果もあります。
 

ホームセンターなどで販売している造花やアーティフィシャルは、どうしても偽物とわかってしまい、観賞価値がありません。

 
これはもう本物です!

グリーンピースのアーティフィシャルグリーンは、日本の職人が国内で作る業界最高のクオリティです。近くで見ても本物と見間違うほどの圧倒的クオリティで、景観や観賞価値を損ないません。

 

お好みの樹木をお好みの大きさにオーダーメイドも可能で、天然木を使ったMADE IN JAPANのアーティフィシャルグリーンは個人のご自宅をはじめ、さまざまな商業施設や有名施設でも採用され、多くの方に楽しまれています。実際の施工例などもご紹介しておりますので、ぜひ下のページも御覧ください。

 
 

セイヨウキヅタのまとめ

セイヨウキヅタはいかがでしたか?
セイヨウキヅタは花よりも葉が好まれる植物で、観葉植物や水耕栽培としても人気があります。
育てるのは簡単なので、みなさんも是非セイヨウキヅタを育ててみてはいかがでしょう!
 あっちゃん
 

Copyright© グリーンピース , 2021 All Rights Reserved.