トマトの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

こちらでは、トマトの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフローリストが監修した、植物の特徴から詳しい育て方や収穫方法など、植物の写真や誕生花、花言葉まで様々な情報をご紹介します。
 

トマトとは

 

植物名   トマト


学 名   Solanum lycopersicum


和 名   トマト


別 名   唐柿(とうし)/ 赤茄子(あかなす)/ 蕃茄(ばんか)/ 小金瓜(こがねうり)/ 珊瑚樹茄子(さんごじゅなす)


英 名   Tomato


科 名   ナス科


属 名   ナス属


 

 

トマトの特徴

トマトは草丈3m程になる多年草です。世界中で栽培され、よく食べられている緑黄色野菜の一つです。

トマトの果実は液果で、径5cm〜10cm程の扁球形で、緑〜赤く熟すのが一般的ですが、品種によって形が異なり、色も緑色、赤色、ピンク色、黄色、オレンジ色、白色、黒色、縞模様など様々な種類があります。

果実は甘くてみずみずしく、生でも加熱しても美味しく食べられます。また、栄養豊富な野菜としても人気があります。

トマトの花は6月〜8月頃に開花します。花は葉脈に出る集散花序に数個〜10個程付きます。花は黄色で径2cm〜3cm程で、花冠は5つに深く裂けます。

トマトの葉は互生する羽状複葉で、長さ15cm〜45cm程で、軟毛があります。小葉は5個〜9個あり、長さ7cm〜9cm程で、小葉の縁はシワがあったり、巻いています。

 

トマトの毒性

トマトにはトマチン(アルカロイド配糖体)という毒成分が茎や葉に存在します。果実にも微量ながら存在し、一度に数十個食べると腹痛を発生させることがありますが、一度に数個程度なら食べても問題はありません。

 

トマトのコンパニオンプランツ

トマトと一緒に作物などを植えることで、害虫被害を減らしたり、風味を増したりといった良い効果を生み出すコンパニオンプランツとしても利用されています。

 

トマト祭り

スペインのバレンシア州の街、ブニョールで毎年8月の最終水曜日に行われる収穫祭「ラ・トマティーナ」という有名なお祭りがあります。

人口約1万人足らずの小さな町に、世界中から数万人の人が集まり、100t以上の熟したトマトをみんなでぶつけ合います。近年は参加者が増えすぎたため、チケット制が導入されています。

 

トマトの詳細情報

園芸分類野菜
性質多年草
開花時期6月〜8月
花色黄色
栽培難易度
耐寒性やや弱い
耐暑性強い
耐陰性普通
 

トマトの詳しい育て方

トマトはペルー、エクアドル原産で、日本には17世紀頃に渡来しました。世界中には10000種以上の品種があり、日本には200種以上が栽培されています。

国内では熊本県や北海道、茨城県、愛知県などで栽培が盛んに行われています。また、夏野菜として知られるトマトですが、旬は春と秋になります。

 

トマトの苗植え

苗植えの適期は4月〜5月頃です。日当たりが良く風通しの良い場所を好みます。日光を好みますが、日中に30℃以上になると株が弱ってきます。

プランター栽培の用土は「野菜の培養土」を使用しましょう。畑栽培の用土は、定植2週間前に苦土石灰を混ぜて耕し、1週間前に堆肥と元肥を施して再度耕しましょう。

植付けは、本葉が8枚〜9枚出て、1番花が咲き始めた頃が定植の適期です。植え付ける前に、ポットを水に浸け吸水させておき、根鉢を崩さないように植え付けましょう。植え付ける株と株との間隔が狭いと日光が十分に当たらず、実が付きづらくなるので、50cm以上離して植え付けて、たっぷり水やりをしましょう。

また、花が全て同じ側に付くため、花房を通路側に向けて植えると収穫作業がしやすくなります。

プランターで育てる場合は、10号以上の大鉢に1苗が目安です。また、トマトの苗は茎が細く倒れやすいため、支柱を立てて支えてあげましょう。

 

トマトの水やり・肥料

植付けから根がしっかり根付くまではしっかり水やりをしましょう。その後は乾燥気味に管理します。収穫期の水やりを控えめにすることで、果実が甘くなります。また、雨に濡れると果実が割れたり、余分に水分を吸収してしまうので、雨に当たらないようにビニールで屋根を張るか、プランターを軒下に移動しましょう。

また、畑で栽培する場合は、土の乾燥を防ぎ、泥はねなどから病害虫を防ぐため、株元や畝の肩に稲わらやビニールなどを敷いてマルチングしましょう。

肥料は開花後、実が付き始めた頃に与えましょう。栽培期間は肥料切れをしないようにしましょう。肥料は窒素が多すぎると、茎葉ばかり伸びて実が付きにくくなるので、実付きを良くするためにリン酸が多い肥料を与えましょう。

 

トマトの支柱立て

トマトは実の重さで茎が折れてしまうので、支柱が必要です。植えるのが1列なら直立式、2列なら合掌式がおすすめです。プランターなら長さ1.5m以上の1本支柱を立てましょう。

 

トマトの脇芽摘み

トマトは株の成長に合わせ脇芽が次々と出てきます。脇芽摘みをしないと茎葉が茂りすぎて花芽が付きにくくなり、風通しも悪くなるため、葉の付け根から出てきた脇芽は早めに全て摘み取りましょう。ハサミで切ると樹液を介して病気に感染することがあるので、晴れた日に手で摘み取りましょう。

 

トマトの摘果

トマトは1個1個の果実を大きく育てるために、小さい果実や形の悪い果実を摘み取り、1房に付く果実の数を4個〜5個にしましょう。

 

トマトの摘芯

支柱の先端に届くくらいまで成長したら、茎の先端を摘み取りましょう。この時、一番上の花房より上に出ている本葉を2〜3枚残しておきましょう。

また、摘芯と一緒に、第一果房より下の葉を全て取り除くと風通しが良く、病気予防にもなります。

 

トマトの収穫

トマトは開花後50日~60日程で収穫できます。収穫は霜が降りて枯れるまでできます。果実は萼が反り返り、ヘタの近くまで赤く熟したら収穫します。ヘタのすぐ上を指で折るか、ハサミで切り取りましょう。また、収穫は晴れた日の早朝〜午前中に行いましょう。

 

トマトの害虫や病気

害虫はタバココナジラミ、オオタバコガ、アブラムシ、ハダニ、ハモグリバエ、カメムシなど様々な害虫が発生します。葉や蕾、果実を食害したり吸汁して株を弱らせます。見つけたらすぐに取り除き、薬剤を散布して駆除しましょう。

病気は黄化葉巻病や尻腐れ病、うどんこ病、灰色かび病、炭疽病などがあります。梅雨の過湿期、夏の高温期などにかかりやすいため、梅雨時期は雨が当たらないようにしてあげたり、風通しを良くしましょう。病状が進むと株全体に広がりますので、見つけたらすぐに取り除き、殺菌剤などで防除しましょう。

 

 

トマトの誕生花・花言葉

トマトは「7月26日」の誕生花です。

トマトの花言葉は「感謝」「完成美」です。

 

トマトのまとめ

トマトはいかがでしたか?
トマトは栄養が豊富で美味しく、サラダから煮込み料理、トマトソース、ジュース、スイーツなど様々な料理に使える便利な食材です。
慣れてしまえば育てるのはそんなに難しくないので、みなさんも是非トマトを育ててみてはいかがでしょう!
 

Copyright© グリーンピース , 2021 All Rights Reserved.