ホソバタブの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

こちらでは、ホソバタブの植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフローリストが監修した、植物の特徴から詳しい育て方や収穫方法など、植物の写真や誕生花、花言葉まで様々な情報をご紹介します。
 

ホソバタブとは

 

植物名   ホソバタブ


学 名   Machilus japonica


和 名   細葉椨


別 名   青樫(アオガシ)


英 名   Wild machilus


科 名   クスノキ科


属 名   タブノキ属


 

 

ホソバタブの特徴

ホソバタブの木は樹高15m程になる常緑高木です。日本では4月〜5月にかけて、目立ちませんが黄緑色の小さい花を咲かせます。

ホソバタブの花は6つに裂けて星型に開きます。始めに雌しべが育ち、その後雄しべが立ち上がって花粉を出します。

ホソバタブの葉は、互生して光沢があり、長楕円形で裏面は白緑色で緩やかに波打っています

ホソバタブの樹皮は、滑らかで灰褐色、縦の皮目があります。若枝は緑色ですが、2年枝は赤褐色になります。

ホソバタブの果実は、緑色で直径1cm程の球状で花の後に果実を付け、8月〜9月頃に黒紫色に熟します。

 

ホソバタブとタブノキの違い

同属のタブノキよりホソバタブの方が葉が細く、タブノキの若葉は赤みを帯びていますが、ホソバタブは赤みを帯びていません。

 

ホソバタブの詳細情報

園芸分類庭木
性質常緑高木
開花時期4月〜5月
花色黄緑色
栽培難易度
耐寒性強い
耐暑性強い
耐陰性やや強い
 

ホソバタブの詳しい育て方

ホソバタブは、本州(関東以西)、四国、九州、朝鮮半島南部に分布しています。

性質はタブノキとほぼ同じですが、タブノキよりも暖かい地を好みます。日陰や地下に海水が侵入するような土地でも育つので防風、防砂に利用できますが、大きく育つため庭木とする場合は広いスペースが必要です。

 

ホソバタブの植え付け

苗の植え付けは、2月〜3月頃が適期で、地面をしっかりと耕しながら赤土に腐葉土か堆肥を混ぜましょう。

 

ホソバタブの水やり・肥料

根付くまでは表面が乾いたら水をやり、根付いたら降雨だけで問題ありません。

肥料は、2月頃に寒肥として、少量の固形肥料を株元に与えましょう。

 

ホソバタブの害虫や病気

葉の裏にタマバエの幼虫が住んでいる虫こぶが発生する事がありますので薬剤散布で防除しましょう。

ホソバタブは病気の心配は特にありません。

 

ホソバタブの剪定

剪定は新芽が伸び終わる夏頃から秋にかけて行いましょう。強めの剪定にも耐える樹種ですが、混み合っている枝や、枯れ枝を整理する程度で問題ありません。

 

 

ホソバタブのまとめ

ホソバタブはいかがでしたか?
ホソバタブは別名「青樫(アオガシ)」と言いますが「アカガシ」や「シラカシ」とは全く別種の樹木です。
育てるのはそんなに難しくないので、みなさんも是非ホソバタブを育ててみてはいかがでしょう!
 

Copyright© グリーンピース , 2021 All Rights Reserved.