メキャベツ(芽キャベツ)の植物図鑑と育て方をわかりやすく解説

メキャベツの拡大

こちらでは、メキャベツ(芽キャベツ)の植物図鑑と育て方をわかりやすく解説します。
造園業者とフラワーショップ店長が監修した、植物の特徴から詳しい育て方やお手入れ方法、収穫方法、植物の写真や誕生花、花言葉までさまざまな情報をご紹介します。
MIDORI
 
 

この記事の監修者

フラワーショップ店長【ミドリ】プロフィール

メキャベツとは

 
 

植物名   メキャベツ


学 名   Brassica oleracea


和 名   芽キャベツ


別 名   姫甘藍(ヒメカンラン)/ 子持甘藍(コモチカンラン)


英 名   Brussels sprouts


科 名   アブラナ科


属 名   アブラナ属


 

お花の定期便【グリーンピース】

 

メキャベツの特徴

メキャベツは茎丈60cm〜100cm程になるアブラナ科の一年草です。キャベツの早摘みや若い芽と勘違いされがちですが、キャベツとは異なる野菜の一種です。

メキャベツは3月〜5月頃に花を咲かせます。枝の先端に総状花序を出して、アブラナ科特有の黄色の4花弁をたくさん付けます。

メキャベツは茎がまっすぐ伸びて、葉は結球しません。茎の葉腋ごとに径3cm〜4cm程の芽が球形になり、これが50〜60個程付きます。その芽を「芽キャベツ」と呼び、食用とします。キャベツ同様、紫色の品種もあります。

 
 

メキャベツの食用

メキャベツは、ビタミンCの含有量が多く、普通のキャベツと比べてみると、メキャベツは約4倍も多く含みます。他にもビタミンBやベータカロチン、食物繊維といった栄養素も豊富に含まれています。

メキャベツはサラダなど生でも食べられますが、生のままだと苦みが強いので、柔らかく茹でてシチューや煮物などでよく食べられています。

メキャベツを茹でる際は、半分に切ってしまうと味も栄養も落ちてしまうので、丸ごと煮込むのが美味しく食べるポイントです。

プチヴェール

プチヴェール

プチヴェールとは、静岡県で開発された野菜で、青汁に用いられる「ケール」と「芽キャベツ」を掛け合わせて作られた、結球しない(丸くならない)芽キャベツの仲間で、栄養価がとても高く、ケールと比べると苦みはかなり抑えられていて、ほんのり甘みもある野菜です。

 

メキャベツの詳細情報

園芸分類野菜
性質一年草
開花時期3月〜5月
花色黄色
栽培難易度
耐寒性強い
耐暑性やや弱い
耐陰性弱い
 
 

メキャベツの詳しい育て方

メキャベツはヨーロッパ原産で、日本には明治元年頃に渡来したと言われています。国内には北海道から九州まで栽培はされていますが、全国の出荷の9割を静岡県で生産しています。主に流通しているのは寒い時期で、旬も1月〜3月頃になります。

 

メキャベツの種まき

種まきの適期は7月です。発芽温度は18℃〜25℃です。育苗ポットに種を2~3粒ずつまき、薄く覆土して、たっぷり水やりをしましょう。発芽日数は3日〜5日程で、発芽したら、混み合っているところを間引きして、本葉が4~5枚になるまで育苗しましょう。

 
 

メキャベツの苗植え

苗植えの適期は8月〜9月頃です。日当たりが良く風通しの良い場所で育てましょう。

プランター栽培の場合は、用土は花と野菜の培養土を使い、畑栽培の場合は、定植2週間前に苦土石灰を混ぜて耕し、1週間前に堆肥と元肥を施して再度耕しましょう。

排水が悪い場所は畝を高くして、株の間を50cm~60cm程空けて苗を植え付けてたっぷり水やりをしましょう。植え付け後は、株元をわらなどでマルチングすると乾燥予防になります。また、苗が倒れやすいので、支柱を立てて風で倒れないようにしましょう。

 
 

メキャベツの水やり・肥料

メキャベツは多湿に弱いので、乾燥気味に管理しましょう。土がしっかり乾燥したら、たっぷり水やりをしましょう。

肥料は、植え付けをしてから3週間程、本葉が5~8枚程になっていたら与えましょう。芽キャベツ一株に対し、一握り程の化成肥料を株の周りの土と混ぜて、株元に寄せてあげましょう。収穫中は、2週間〜3週間に1回程度、同じ肥料を追肥してあげましょう。

 
 

メキャベツの害虫や病気

害虫はモンシロチョウの幼虫やアブラムシが発生することがあります。食害されると株が弱り味が落ちてしまうので、見つけたら取り除き、薬剤散布で防除しましょう。

病気は立枯病、べと病、根こぶ病などにかかることがあります。病気は、水はけが悪かったり、日当たりが悪かったり、株元が混み合っているなどの環境で発生しやすいので、風通しを良く、良い環境づくりを心がけましょう。

 
 

メキャベツの摘葉

メキャベツは摘葉作業を行い、日当たりと風通しを良くして生育を促す環境とスペースを確保してあげる作業が必要です。10月頃にわき芽が結球し始めたら頂部の葉を10枚程残して、その他の葉は全て切り取りましょう。

葉摘作業は、根元から切り取ると芽球を傷めたり、芽球が取れてしまうので、茎から1cm程残して、葉をハサミで取り取りましょう。

 
 

メキャベツの収穫

メキャベツは品種にもよりますが、10月下旬頃〜翌2月頃まで長く収穫が楽しめます。株の下の方から結球するので、手で触り固く締まっているものから順に摘み取りましょう。

手でもぎ取るか、付け根をハサミで切って収穫しましょう。収穫したメキャベツは、乾燥しないように濡れたペーパータオルや新聞紙などでくるみ、袋にいれて冷蔵庫で1週間程日持ちします。

 

グリーンライフイノベーションの画像2

 

メキャベツの花言葉

メキャベツの花言葉は「快活な愛」「小さな幸せ」です。

 
 

旬のお花の定期便

 
みなさま、旬のお花の定期便をご存知でしょうか?
新鮮なお花を毎月決まったお日にちに、ご自宅までお届けしますので、いつもキレイなお花がご自宅で楽しめます。
MIDORI
 

グリーンピースはここがスゴイ!

  • ネットから簡単注文で、お店に買いに行く手間がない!
  • 豊富なプランから、お好きなボリュームとお届け頻度を選ぶだけ!
  • 数百品種の中からフラワーデザイナーが厳選した素敵なお花をお届け!
  • 花市場直送だから、フラワーショップよりもお花が新鮮!
  • 初回にフラワーベースをプレゼント!届いたその日にそのまま飾れる!
  • 家中をお花と笑顔でいっぱいにする圧倒的なボリューム!
 
お花のある生活!

お花を飾ることで、お部屋に華やかさと潤いをプラス!お花にはリラックス、リフレッシュ、リラクゼーション、ストレス緩和などの効果があります。

 

どんなお花が届くのか、箱を開けるまでのお楽しみ!定番のお花はもちろん、ご自身では普段あまり選ばないお花や、フラワーショップにはあまり入荷しない珍しいお花など、新しいお花との出会いを楽しみましょう。実際に届くお花や、定期便の魅力などをご紹介した下のページもぜひ見てみてください。

 
 

メキャベツのまとめ

メキャベツはいかがでしたか?
メキャベツはキャベツをミニチュアにしたような可愛い野菜です。小さくても栄養満点で、料理にも使いやすく人気があります。
育てるのは比較的簡単なので、みなさんも是非メキャベツを育ててみてはいかがでしょう!
MIDORI